2010年05月08日

けいおん!! 第2期 第5話 「お留守番!」感想

けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray) [Blu-ray]


今回は、期待していた憂中心回です。
ナレーションが柔らかい声のですます調というのが、唯とのギャップで面白いですね。



やけにハイテンションなデコメールは、唯のイメージと合うような、合わないような。携帯と言うか機械を軽快に使いこなす様が、余り想像できないかもしれません。
ただ、今回については落ち着いた憂との対比という意味も大きそう。



さて、今回は3年生の不在をアピールする映像がやはり主力となるわけですが、まずはこれ。電気の付いていない、若干薄暗い教室に靄がうっすらとかかったような演出。これは正に、夏休みなどに静まりかえった校舎を歩いた時のイメージを喚起すると共に、母校にお邪魔した時の何とも言えない居心地の良さと悪さを思い出させます。そこに「いない」のは、この場面では3年生。でも、その3年生はすぐに不在ではなく卒業となり、代わりに教室に入る憂達もまた去っていく。だから、自分の記憶と違うものであっても、「無人の教室の映像」はノスタルジーを刺激せずにはおきません。前に感想を書いた、紺野キタのひみつの階段が、切なく明るく描いていたように。



一方、今回最大の萌えシーンは、唯が数日は帰ってこない事を思い出して、抱きしめたくなるほど悲しい顔をする憂。いや、私めなどがそんな事をした日には逆効果も良い所であり、悪即斬以外の選択肢が存在しないわけですが。
それにしても、当の唯が前回ホームシックの欠片も見せずに遊びほうけていたことを思うと、不憫というか、何というか…… あの娘(唯)、悪女の素質がありまくりかと。



女の子を泣かせるような奴は、例え女の子でも泣くまで殴るべきだと思うんだ!



ところで、ジャズ研は随分と隆盛を誇っているようですが、本来軽音楽=ジャズじゃありませんでしたっけ?



あと、心底どうでも良いことですが、月の描写が正しくてビックリ。半分デフォルメ絵なのに、天文テーマと主張するギャルゲーなんかより、余程きちんと描いてます。



でまあ、「美味しんぼ」の描写より美味しそうなこの料理の数々ですよ!エプロンの似合いっぷりも相まって、お嫁さんになって下さい!とフライング土下座を決めたくなりますが、憂は唯のお嫁さんであるべきであり、二次元の妄想ですらままならねえ現実に絶望を感じて腹を切りたい所存。もちろんに次元で。



なお、いくら食べきれないからってこんな食べ方をする子には、先生厳しい罰を与えるべきだと思います。
それにしても、本当に食べ物の描写に力が入ってますねえ。この前のAngel Beats!の麻婆豆腐にも、見習って欲しい所。



一方、レギュラーメンバーは要所に静止画で登場。これ、本当に上手い手法ですよ。一々手が込んでますし。ムギのこの笑顔なんて、今期一番かも。



まあ、主役は勿論憂なんですけどね!
寂しそうな梓を即座にフォローするこの行動とか、本当にお姉ちゃんだなあ…… 賢兄愚弟の逆ってなんでしたっけ?



対比として、見事に一話でキャラを立たせるのが純さん。まあ、良い子二人だけじゃ話が転がりませんしね。



こうやって、徹頭徹尾キュロットで通してますし。反対に、梓の格好はロリ過ぎると思いますが。一期の海でも一人だけワンピースだったし、そう言うポジション扱いなんですかねえ。



でまあ、憂さんは完璧に万能キャラ、と。ヘルメットが妙に似合っていて、本当に何をつけても可愛いですよねえ。

ところで、この日は日曜日と言う事なので、土曜日も授業がある学校なんですね。一応進学校なのかな?



そして、雨の校舎に響く「むすんでひらいて」を経て、この一枚でフィニッシュ。むすんでひらいては、懐かしいにしても遡りすぎだろう、と言う感が強かったですが、最強の小道具である夕日とセットで友情確認に繋がれば、もう何も言えなくなるわけで。あざといけれど、これ以上ないほど勘所を押さえています。雰囲気作りは、やっぱり出色。

いやあ、まさか修学旅行というイベントを、それ自体ではなく留守番役の描写にこそ活かしてくるとは予想外でした。ある意味どう描いても大差なくできの良くなる修学旅行そのものより、余程脚本や演出が寝られている印象です。

いやあ、本当にできの良いアニメって、良い物ですね!(同義反復)
また来週。





けいおん!関連エントリーはこちら





同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

この記事へのトラックバック
けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]クチコミを見る

前回の修学旅行回の評判はとても良かったようですね。ブロガーさんの記事を見るとかなり高い評価をしていた方が多かった...
(アニメ感想) けいおん!! 第5話 「お留守番!」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】at 2010年05月11日 10:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。