2010年05月24日

Angel Beats! 第8話 感想

Angel Beats! 1 [Blu-ray]
Angel Beats! 1巻 [Blu-ray]


いままでの感想はこちら

今話のサブタイトルは、「Dancer in the Dark」です。このBLOG、タイトルの文字数が30しかないので、英文が入ると一瞬で超過するのが困りもの。

さて、今週の話に入る前に一つ。
先週の分を見返していたら、音無の出身地が北海道だった件。



まあ、「札帆」市ですけど。

これはセンター試験の受験票ですね。
仮に、全てがブラフで死亡時年齢とあの世界における学年が本当に対応しているのであれば、死んだ大人は会社を模した世界に投げ込まれるのでしょうか?それは本当の地獄だ……
まあ例えば学生でも、学校でいじめ自殺した人間なんかは、あの世界に放り込まれたらその時点で発狂しそうな気もしますが。

さて、と言うわけで第8話です。



直井は、オープニングでも正式にSSSに加入しましたね。
勿論、今回のオープニングは、それどころではないシリアスな映像が差し挟まれているので、テンションは一気に上がります。やっぱり、この方式いいなあ。


そして、オープニングからテンポの速い戦闘で、天使VS天使の相討ち場面につながるタイトル画面。
「Dancer in the Dark」って、あの鬱映画の題名なわけで、また嫌な予感しかしてこない代物。信じられるか?これ、正月映画だったんだぜ……

閑話休題、提示される仮説は、単に天使が使ったスキルの暴走、と言うつまらない物。勿論、ただそれだけのはずがないでしょう。それじゃ、面白くないですから。


「どうでもいいけど、あなたやけにこの子をかばうのね」

前回で完全に天使ルートに舵を切った音無君は、もはや他のキャラは眼中にありません。でも、ゆりも別にそれを気にする風でもなく。主人公が二人、と考えれば自然なスタイルでしょうか。


自由帳…… そんな物、どこで売ってたんだか。
時間稼ぎとして授業を受ける振りをするSSSの面々ですが、少なくとも直井はもともと授業を真面目に受けていたはず。真面目にやると消えるという仮説は、保持されるのですね。



ところで、ハナから真面目に受ける気が無かったと思しきユイの方法論は、一番アリじゃないかと思うのですが。これなら、「真面目に受ける」事には成りませんから、無理に振りをする必要はありません。



分厚く、全部英語で書かれたスキル開発マニュアル。と言う事は、誰かがそのソフトを作り、天使に与えたことになります。ならば、やはり天使の上位存在がどこかにいると言う事でしょうかね?単に、かつて存在し消えた先輩が残しただけかもしれませんが。

実際、こう何度も「神(上位存在)を臭わせて否定する」を繰り返していると言う事は、本当にそれがテーマなのかもしれないと思えてきます。「人間賛歌」と言う事前に提示されている主題にも合致しますし。

順列都市〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)

第一話から関連が気になっていたこの本のテーマなど、もろに「神は必要ない」でしたしねえ……



左:死んでも天使を離しませんでした……
右:満面の笑みでルパンダイブ

さて、後半は量産型天使相手のギルド再攻略戦。この、襲ってるのか襲われてるのか解らないメンバーの最期など、そのまま成仏する勢いですが、良いのでしょうか?



楽しそうだな、オイ。
と言うか、本人達に命の危険はないので、これってTRPGでクライマックスシナリオを楽しんでる時の感覚そのものなんでしょうね。


いやあ、開き直ったギャグ展開は、面白すぎて困ってしまいます。完全にブラックジョークなのに……
ユイのキャラ立ちが、どんどん良くなってきてますね。




と言うわけでクライマックス。がっかりジャージだったけいおん!!と違って、ちゃんとパジャマの天使ちゃんはやっぱり天使。ボタンをちゃんと留めているのがポイント高いです。


そして、本体に吸収される冷酷な天使達。
本体の言っている、冷酷な心が合わさってしまうと言うのが事実なら、そもそも分身時に冷酷な心が抜けているはずで、±0になるのでは?

それは置くとしても、天使がこれで冷酷に戻っても、そうでなかったとしても、結局世界の謎に近づく展開にはなりません。
やきもきさせる所で切ったように見えて、今話は来週が待ち遠しい、という感じではありませんでした。あと4話か5話として、ここからどうまとめていくのか?ちょっと、足踏み感が強いですね。

期待できるとすれば、次回予告に出てきた音無(多分)の「俺、全部思い出したよ」と言うセリフでしょうか?「思い出す」可能性としては……
1,前回の回想シーンより前:音無はSSSのメンバーと何らかの関わりがあった
2,前回の回想シーンより後:音無は実はあの事故では死なず、死んだとしてももっと後
のどちらかしかありえません。ゆりの弟という線は消えていますから、面白くなる・話が動くとすれば後者でしょう。さて、どうなるか。
とりあえず、来週を待つとしましょう。



その他のKey関係エントリーはこちら






同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

この記事へのトラックバック
Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る

前回のスタッフブログの発言にはすっかり釣られてしまった・・・。もうここからは何が起きても後悔しません!!

☆<05/22更新>...
(アニメ感想) Angel Beats! 第8話 「Dancer in the Dark」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】at 2010年05月27日 18:40
この記事へのコメント
堕天使ちゃんが分身てのにはちょっとありきたりすぎな気がしましたな…
てかクライストどこ行った(w
Posted by かがみん at 2010年05月25日 01:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。