2010年05月26日

「METRO 2033」 クリア&全体感想

メトロ2033
メトロ2033

ファーストインプレッションはこらち

一回クリアし、二週目を7割ほど進めたところで、もういいや、という感じになりました。
感想は結局、前回とほとんど変わりません。

町々で聞こえてくるロシア語の会話と言い、ソ連に対する憧憬混じりにため息を吐くNPCと言い、雰囲気は抜群。「お前達には、この『ソ連らしさ』という奴は理解できないんだろうな」と呟く軍人など、実に味わい深いものがあります。

一方、ゲーム性は後になるほどグダグダになっていき、ラストステージなど良く解らないマラソンを延々と続けさせられる苦行だけ。本来敵を如何に避けるかが主眼のはずのステージで、一番楽なのがゴリ押しでの突破だったり、何だか悲しくなってきます。

あ、ちなみに、核サイロ地下のシャボン玉多発地帯は、「敵が沸き出してくる穴っぽい物」が破壊可能、と言う事を知っておきましょう。これを知らないと、クリア不能です。NPCはこの穴を攻撃しないので騙されますが、先行してこれをなぎ払っていけばあっさり終わります。

ラストダンジョン自体、モスクワのテレビ塔(東京タワーみたいな物?)で、ロシア風味としては今一。てっきり、赤の広場かレーニン廟か、とにかくその辺の有名スポットでドンパチできるかと思っていただけに、残念です。
あとまあ、ローカライズなんですが、表示されない字幕の問題は本当に、もう!二週目は日本語でやって居たのですが、最初の駅で交わされるカタストロフ時の会話とか、訳されないのはゲーム自体の否定です。ああ言う雰囲気を楽しむための物なんですから。

あとはまあ、実績の解除条件が理不尽だったり(表示内容と実際が違う)明らかに手抜きの駅(滅茶苦茶広いのに、ワンフロアどころか一部屋しか入れない)があったり、未完成の気配もビンビンと。シナリオも結局は目的地に向けて散々遠回りをさせられた上、「偶然その時手に入った情報に基づき核サイロに向かう」と言う滅茶苦茶な物。
あと、肝心の「ダークワン」の脅威が全く描かれない(最初の駅で、それにやられた病人が寝ているだけ)ので危機感がなく、そもそもラストに意味があるのか(あの地上のオブジェクトは何なのか、少なくとも主人公達は知ってるようなのですが……)も全く解らず、煮え切らないまま。細かいことは小説で、と言う事なのかもしれませんが、だとしたら馬鹿にしているとしか言いようがありません。だって、ゲームとしては欠点だらけなのですから。

と言うわけで、意欲作だと思いますし、期待した雰囲気は本当に素晴らしいのですが、ゲームとしてはまとまりに欠け、やっつけ感が強く問題ありあり。やっぱり、FPSって言うのが無茶だった気もします。
期待していたソフトで、しかも結構できが良い部分も多いだけに、残念です。

グローバルに売ろうとしてFPSと言う流行ジャンルを選び、ローカル(ロシアン)な良さを殺してしまっている辺りが、涙を誘います。日本のメーカーも海外で売ろうと必死になっていますが、やっぱり下手にアメリカ受けするような要素を入れても、良さを殺してしまうだけなのかなあ、と思ったり。
アメリカに押されて斜陽化している業界のコンテンツを愛する者として、色々と複雑な思いを抱かずには居られない内容でした。



「METRO 2033」関連エントリーはこちら





同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。