2010年06月24日

けいおん!! 第2期 第12話 「夏フェス!」感想

けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
けいおん!!(第2期)


他の各話の感想はこちら





開始早々、衝撃の事実。え、まだ夏休みじゃなかったの!?
前回のエピソードを見る限り、どう考えても休み中だと思ったのですが。



まあ、合宿へ行くのは前話予告の時点で既定。しかし、ええと、君達、本当に良いの?もうちょっと、こう、受験生っぽい葛藤とかは……?全力全開でゲームしてる唯もそうですが。まあ、澪にその役を振って、描き分けの道具にすると言う演出としては鉄板ですが。

ただ、完全にやる気ナッシングの律、進路不定からも解るように切迫感を持てない唯、解った上で思い出を作りにかかっているムギと並べると、むしろ自然な描写なんですよね。だから、画面のこちら側が感じるヤキモキは、可愛いけど危うい親戚の子を見守るような感覚でしょうか。



ところで、憂にすら気づかれずに家宅不法侵入を決めるさわちゃんは、実はもの凄い実力の持ち主では?


さて、早朝の描写が若干田舎っぽい所を見せつつ(黄色点滅信号は、都内じゃ余り見ないですよね)フェスへ。しかし、この段階で全員半袖・ノースリーブと言うのは、惨劇を十分に予感させます。って言うか、経験者のさわちゃんも、紫外線・虫対策してないの!?


完全に余談になりますが、今回もムギは全精力を傾けて学生生活を楽しんでいます。何となく、彼女は一番視聴者に近い気がするのですよね。高校時代しかできないことをしようとしようと必死になるその姿は、「もしもう一回あの時代を過ごせたら」と言う視聴者の思いとパラレルです。
そりゃ、あの時代に戻れたら、一年位浪人してもいいから、仲間と夏休み遊び回るよなあ……



しかし、迷惑そうな客だなあ。
BLOG主は、昔深夜のスキーバスで似たようなテンションで話してて、茶髪の兄ちゃんに怒られましたよ(笑)



会場は、いかにも「西武がバブル期に開発しました」風のスキーリゾートですね。ああ、思い出が、やっぱり思い出が!フラッシュバックで、5CPくらい獲得していいですかね?



今回一番の笑顔を見せるさわちゃん先生。彼女は、もう完全に視聴者の代弁者ですね。この目線だけで、私たちが言いたいことを全て表してくれています。

一緒に来るはずだった仲間が急にキャンセル、と言うのもまた泣かせます。まあ、10話やさわちゃんの年齢を考えると、「そう言う事」なのでしょう。一昨日感想を書いた「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」6巻といい、最近このネタ多すぎるぞ!!


でもこうやって、ずっと同じ物を好きで居続けて、ちゃんとフェスには出て、教え子に布教までで来ちゃうさわちゃんは、ある種の理想を体現してもいますよね。恋人居ないけど……


閑話休題、ちゃんと最初の伏線回収。ただし、被害者は梓のみ。



そして、今話のメイン部分。テント村を見下ろしながら、「次は演奏する方で」と語る五人組。それが現段階では失笑物の夢物語でも、青春譚としては100%「正しい」シーンです。
でも、背景で少しずつ星が消えて行っている演出といい、多分、適わないんだろうなあ……

彼女たちは「いつかはきっと」と言いながら、唯の言うように「一緒にバンド」を楽しんで行くのでしょうか?
そうに違いない、と視聴者は思いたい。でも同時に視聴者は、それが完全には叶わぬ夢であることもまた、知っています。(同世代の視聴者は知りませんよ。そちらは、言葉を額面通り受け取り、真っ直ぐに彼女たちと歩いて行って欲しいです。でも、画面から振りまかれるノスタルジーに寄せられて来た類のファンは、こう思わざるを得ない)
何より今期は、この楽しい日常が「終わって欲しくないけど終わる」事を描くために、描写を積み重ねています。

ここにどう決着を付け、卒業式を迎えさせるのか?終わってしまう哀しさを予想すると共に、泣き笑いのような感動を期待せざるを得ません。



さて、次回はまた下級生のターンなのですね。本当にもう、余裕のある作りって素敵!



その他のけいおん!関連エントリーはこちら








同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。