2010年07月12日

保坂のぶと落選他 参院選の結果について

新訳 ゲリラ戦争―キューバ革命軍の戦略・戦術 (中公文庫)
新訳 ゲリラ戦争―キューバ革命軍の戦略・戦術 (中公文庫)

↑内容とは特に関係ありませんが、現在の絶望的な気分に合う一品と言う事で。いや、面白い本なんですけどね。
なお、現在の心情に合う、と言う事の意味は、「我々は正規軍だと思ってたけど、実は単なる少数のゲリラ部隊でしかなかったんだね……」と言う事で。


以下本文。


保坂のぶと氏は落選しました。
我々は、もっとも重要な人物一名すら、全国区で当選させるだけの実力もない、ラウドマイノリティーに過ぎないと言う事を、全国に露呈しました。
言ってみれば、それだけのことです。この段階では、理由を云々しても仕方ありません。
元々「表現の自由」を重視するおたくが少なかったのか、メールで協力を要請しても投票で応える気が無かったのか、投票に行く手間すら惜しむような人間ばかりだったのか、それはどうでも良いことです。

結局の所重要なのは、以下に挙げる笑えるほど少ない集票力であり、政治的には省みるに値しない存在であることが判明した事。それだけです。
以後反対運動は、このことを前提に行わねばならなくなりました。個人で献金を用意できるか、個人的なつてを頼るか…… 何にせよ、非常に苦しくならざるを得ません。

一応、以下に詳しい分析を。

社民の得票220万余りの中で、保坂氏の個人得票は7万弱。はっきり言って、票田としてはゴミみたいな物です。比較対照として、元神戸市議会議員(つまり、得票可能性は神戸市からのものに限られる)四位の原和美氏が4万強。全国のおたくからの得票を見込んだ社民党としては、当てが外れたも良い所でしょう。

なお、全国からの得票数の対照群として、民主党から立った医師会推薦候補の安藤高夫市が個人得票7万強。(こちらも落選)医師会並はすごいだろう、と錯覚しそうになりますが、医師会の強みは資金力や社会的影響力であって、得票数ではありません。ちなみに、現在の会員数は165,360人

まあ、社民党は、次回以降も保坂氏を候補にするとは思いますよ。得票の3%強は、消滅ライン上をさまよう社民党としては、捨てるには勿体なすぎますから。
ですが、表現規制に対して同じように強い態度をとり続けてくれるかというと、期待しない方が良いでしょう。あれだけうるさく騒ぎ立てて期待させておいて、投票所に来たのが恐らく3万(上記、他候補との比較)人では、話になりません。
そんなところに労力を突っ込む位なら他に回せ、と私が党執行部なら判断します。割に合いませんから。

保坂氏が立てば我々3万の少数派は彼に入れざるを得ませんが、それ以上を期待するのは無意味です。

またこれ以降、都議会や大阪の条例問題についても、議員さんの助けは期待できません。
全国3万では、東京都単独で3000票、その中で分割された選挙区では多くて200そこそことなり、町内会一個分の得票にもなりません。はっきり言って、ゴミです。

「反対派は、どうせ選挙に来ないような連中だ」と言う規制派の中傷に、我々はもはや反論する言葉を持ちません。

実際問題、表現規制問題に積極的に取り組んでも票にならないと言う事は、「我々の味方をしてくれる議員さんは、そんな事をせずにきちんと票になる活動をしている議員よりも落ちる可能性が高くなる」と言う事に他なりません。


続いて、参院選全体の結果について。
争点は消費税ではなかったでしょう。正確に言うと、消費税上げという首相の発言で、「ああ、結局民主は自民と同じなのだな」と判断されたのが、一番大きかったはずです。
結果、全国的に票離れが起きただけですね。そして、多くの小選挙区(一人区)では、そもそも自民と民主の二択であり、別に得点など何もない自民でも、民主が嫌なら入れざるを得ない。

それにしても、経済的には大きな政府と所得再配分重視の社民と共産が壊滅状態というのは、一体何なんでしょうね?正直、ここが一番解せなかったりします。比例票を見ると、旧社会党支持層は民主支持で動いていないようですが、経済政策ではもう完全に自民と民主は「ラベルの違うふたつの瓶」ですよ?


なお、投票率が落ちていないのは、逆に危ないかなあ、とも思います。政治が大きな注目を集め、とりあえず誰もが投票に行く状態というのは、政治に対して不満が滞留しているという事実を映すわけですから。演説でヘイトスピーチまで繰り出し始めた自民党や、みんなの党みたいな右寄り(警察国家ラブ的な意味で)が票を集めてしまうのを見ると、なかなかまずい物を憶えます。

後藤田が落選したのは不幸中の幸いですが、共産は唯一の選挙区議席を失いかわりに滑り込んだのはみんなの党の規制派(二次元規制を公言してます)。社民も退潮は止まらず、枝野幹事長は詰め腹を切らされなかったとしても影響力後退は必至。そして、民主が参院過半数を確保しようとすれば、連立相手は公明かみんなの党かという、素晴らしき究極の選択です。
本当、話にならない。


以下は、単なる愚痴というか雑言です。

せっついて商品(政策)を納品させておいて、「商品もう貰ったから、支払い(投票)は必要ねえよな」と言うような客に、以後の納入が続くわけがないでしょう?

と言うか、衆院選の時よりもオタクの上乗せと思われる票が減ってますね。喉元過ぎれば、と言う奴でしょうか?

はっきり言って、今回についてはさすがに絶望的な気分になりました。政治的な話でも、思想的な話でもない。投票用紙に書かねばならなかったのは、嫌われている「社民党」では無く、表現の自由というろくに票にならないことのために体を張ってくれた議員さんの名前。かけねばならない手間は、たかが投票所に赴いて鉛筆を走らせる数十分。
その程度すら、惜しむ人が多かったのでしょうか?そもそも、この問題に関しては、声の大きい少数が居ただけだったのでしょうか?
手間で考えたら、金がかかるわけでも、社会的信用が傷つくわけでもない。秘密投票の原則と一人1票の投票権は、何気兼ねなく政治にもの申すため、我々を守ってくれているわけです。なのに、行使しない、または、見える数として行使する程度の人数が最初からいなかった……

応援を要請してその通り動いてくれた人に対して、最低限の投票行動ですら報いない。つまり、自ら「我々の味方なんかしても無駄です」と行動で示してしまう。こんな状態では、何をどう規制されても文句は言えないでしょう。




その他の表現規制関連エントリーはこちら






同じカテゴリー(社会)の記事
 ふざけないでいただきたい/オリンピック盗用ロゴの擁護について (2015-09-07 23:00)
 色々面倒くさい憲法9条の話 (2013-01-05 20:00)
 あっはっは! (2012-06-27 22:00)
 この国、政治的に詰んだって事ですよね (2012-06-26 22:00)
 著作権が守る物/行政の公開情報を引用して逮捕と言う麗しき世界 (2012-04-17 22:00)
 誰が為の公共性/アレフ施設へのガス供給工事不許可適法判決 (2012-03-15 20:00)

この記事へのトラックバック
kannamiさんから頂いた書き込み。
>石原はこの事実を受け止めろ↓

>「民主」蓮舫…1710734票+小川敏夫…696672票=2407...
投票率は思っていたより低かった模様+他【表現規制について少しだけ考えてみる(仮)】at 2010年07月13日 21:31
いやぁ、後藤啓二が落ちてホッとしたわ。
ホントは人の不幸を喜んじゃいけないんだけどね。
でも、「子供のためなら冤罪が起こっても構わな...
キャスティングボートはあくまでみんなの党と非自公系野党【Tour du Bleu Clair】at 2010年07月14日 22:25
この記事へのコメント
そこまで悲観的にならんでも…

snowさんは、「自分の思い通りにならないと、すぐ「こりゃダメだ」と投げて、あとは一顧だにしない」悪い癖があります
アニメやドラマの感想ならそれでもいい((スタッフ)「死ねばいいのに」は言いすぎでしょうが…)のですが、この問題は投げて終わるわけにはいきません

落選したなら、再選すればいい!ぐらいの覚悟で粘りましょう
キューバじゃありませんが、一度の敗北で勝負を投げるゲリラはいません
そして、一度も敗北せずに天下を取ったものもまたいないのです
Posted by 通りすがり at 2010年07月13日 10:41
大変悩みましたが、最終的に比例は国民新党にいれました。


文化的自由は重要ですが、現在の最重要課題は経済なわけで、これが良くならない限りは諸々の社会問題は好転しません。
文化も奢侈品なのですから、先ずは懐に余裕がないと。
マクロ経済政策的には、現在のデフレ不況対策には大規模財政出動と金融緩和の併用がセオリーと思いますが、マクロ音痴なこの国ではデフレを深刻化させる消費税増税と緊縮財政が取り沙汰される始末。
日銀法改正に積極的なみんなの党とどちらを選ぶか悩みましたが、与党で貴重な積極財政派ということで選びました。

保坂さんの次の機会に期待したいです。
Posted by sio at 2010年07月13日 12:30
ちょっと気になる情報があるので紹介します。

保坂展人氏の得票数を上回って当選した社民党の吉田忠智氏には規制賛成派であるとの情報があるんです。

http://source-stat.blog.so-net.ne.jp/2010-06-29

私なんか、選挙違反やスキャンダルを暴き立ててでも吉田氏を辞めさせられないかとか何だとか考えてしまったぐらいです。吉田氏の得票がなければ社民党の2議席目は公明党の7議席目になるはずだったという話を聞いて、何とも皮肉な物だと感じられます…

あと、票が分散したのではないかという説もあります。

有田芳生氏もまた、規制反対を表明しています(一時期、規制賛成の噂が流れましたが)し、日本書籍出版協会の推薦を得ているという情報がありますので、出版関係者の票を中心に有田氏に流れた可能性もあります。有田氏の得票は、新党日本から出馬した2007年と比べ、倍増しています。

三橋貴明氏に入れるような層は、そもそも保坂展人氏に入れるわけはないので、保坂展人氏の票を食ったという点では無視できますが、公示の直前に児ポ法反対を表明していたので民主党に批判的な人がそれを機に入れた可能性はゼロではないかもしれません。
Posted by slpolient at 2010年07月13日 19:41
彼の悲観は選挙云々より自分達の権利の為に必死になっている人に対する「オタク」のあまりの無関心に対する怒りです。この件に関心を持ち続け、色々活動をしてきた人間からすれば、そりゃ保坂氏のあの票数には愕然としますよ。有田さんは多少慣れてきたとはいえ、選挙運動のうまい人には見えないし(選挙映えしない)、昔から知名度は高いわけで、組織が動かなければ前回比で倍の得票はありえませんよね。オタクと無関係とは言わないまでも薄いような気がします。とにかく表現規制反対の矢面に立って必死で頑張ってくれている保坂しに票で報いる事ができないのであれば、オタクに表現云々を叫ぶ資格はないという事です。まあ規制賛成派・反対派双方の当落を見ると痛み分けな部分もあるんですが、党の状況が状況なんで、悲観的な気分です。都条例改悪反対の蓮舫さんと有田さんの個人得票だけでもすごいんだけどね。何とかならんかね。
Posted by 通りすが太郎 at 2010年07月14日 16:16
正直言って涙が出ましたよ。
自分の力の無さに。
しかし、ここは堪えて保坂氏を応援し、必ず来る自民政権に向けての対策も考えましょう。
ゲバラが色々な国で革命を起こしたように、是非とも保坂氏に国政に戻って貰いましょう。
Posted by KENJI at 2010年07月15日 00:46
まあ少なくとも規制反対すれば僅かではあるが票が増え逆に減ることは無い
ということが証明されたのはよかったですね。

あと気になってたのですがオタクたちは何を考えているのでしょうか?自分達の好きなサブカルが潰されようとしてるというのにまるで危機感が無い。
Posted by ほーん at 2010年07月15日 17:52
ほーんさん。
危機感がないというより知らないのでしょう。
私も何人かいる知り合いにこのことを話してみたのですが、初めて知ったとの事。
私自身、去年の6月に新聞を見て、児童ポルノ法が改悪されるということを知るまで、全くの無関心でしたし。
Posted by K.J at 2010年07月15日 20:04
K.Jさん。
自分も、ロリゲーは余り作らないので、凌辱規制が上がるまで、「5.5等身規制?うちは関係ない。逆にギリギリまでチャレンジしよう」とか思ってましたよ。
ですので、ネットゲーやメッセンジャー等で、「そう言えば、非実在青少年とかって言葉があるみたいねw」みたいに一言かければ良いのではないかと思いますね。
とにかく、「無関心な大多数」に、この問題を知ってもらうのが大切だと思います。
Posted by KENJI at 2010年07月15日 20:36
保坂氏・小池氏に入れましたが落選、残念です。

今回、争点は結構多かったように思います。
・消費税、というか経済政策全般
・普天間、すなわち国防及び対米関係
・外国人参政権、対中関係
・夫婦別姓
・郵政「改革」(ゆうパック統合を含む)
・この1年の民主党政治を認めるか否か

残念ながら、表現規制はやや埋没してしまった・・・というか、他の政策を優先したい人にとって相性が悪く投票しにくくなってしまったようです。

保坂氏を応援しつつ、他の党も牽制していかないと難しいかもしれません。
Posted by Aruzya at 2010年07月16日 00:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。