2010年07月19日

年月は残酷なり「魔装機神 DS版」 感想

スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL
スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL

そう言えば、これをクリアしていたんでした。

魔装機神は、旧作スーパーロボット大戦のスピンオフ作品です。
具体的には、第二次スーパーロボット大戦から第四次スーパーロボット大戦までのスーパーファミコン(第二次はファミコン)三部作の、外伝だったのです。

元々、旧作スパロボの主人公機として作られたサイバスターは、「魔装機神 サイバスター」という架空のテレビシリーズを設定すると言う、面白い手法で作られていました。そして、この魔装機神が、その「魔装機神 サイバスター」の、言わば本編と言う事になります。

サイバスターは、後年濫造されたスパロボと違って時間と愛情を持って作られており、当時から非常に人気の高かった機体・シリーズでした。
しかし、Fの開発失敗等を端緒にバンプレストとウィンキーソフトが喧嘩別れしたせいで、版権が分散し、続編の予定も消えたまま黒歴史と化していたわけです。

なお、本来サイバスター2として予定されていた話は、聖霊機ライブレードとして再利用されましたが、戦闘バランスの厳しさで地獄を見る内容に。まあ、私は結構好きでしたが。プレシア(仮)とか落とせるし。ちなみに、現在だとPS.storeで600円とかで買えるので、そちらを利用するのがお勧め。戦闘時間かかるけど。主人公機以外使えないけど……
一方、バンプレスト側が版権を使って投入した真・魔装機神 PANZER WARFAREは、「公式のパチモノ」としか言い様のいない最悪のできで、モノホンの黒歴史に。(アニメ?あなたが何を言っているのか、私には解りません)

と言う、とても不幸な道筋を辿ったシリーズが、リメイクという形で陽が当たったわけです。勿論、買いましたよ。発売日に。
ですが、まあ、何というか、結構辛いできだったんです。ポイントは二点。

1,所詮SFC時代。そして死に体の開発会社
2,ミッシングリンクってレベルじゃねえぞ!

1は、言うまでもないでしょう。当時は非常に意欲的な内容だったとは言え、もう10年前。そして、インターフェイスも処理速度も、まるで改善できない困った開発力。もう、これ以上言う必要はありません。
シナリオは結構好きなんですが、今から見ると、演出は淡白ですし、色々駆け足。敵ユニットの少なさや数値の大雑把さなど、当時散々言われた欠点もそのままで、やはり辛い物があります。
勿論、色々手は入っているんでしょ。用語集の追加とか、セーブ数大増強とか、一枚絵とか。当時これのセーブを沢山取るためだけに、市場から消えかかっていたターボファイルを必死に探したことを思い出します。ただ、それらはどれも小手先の改善で、これならエミュレーターで処理速度を上げてプレイした方が、余程楽しめると思うんですよ。

思い出は思い出のまま、と言うべき何でしょうかね?
ただ、個人的には、インターフェイスと処理速度さえ改善すれば、小品として十分楽しめたと思います。


そして、2。
この魔装機神、元々が旧作スパロボシリーズの一角です。そして、その構成としては、以下のようになっていました。

魔装機神第一部 → 第二次 → 第三次 → EX → 第四次 → 魔装機神二部

この時点で、現状そのままプレイするのは無理という物です。一応、二次・三次・四次はまだ何とかなるのですが、クリティカルなのがEX. これは実質的に魔装機神と言う作品の中核となるシナリオで、今やプレイした人間などほとんどいない&今更プレイする環境はない事を考えると、シナリオは一気に意味不明に。

当時からして、「もの凄く盛り上がった第一部が終わって第二部に入ったら、第一部で出て来た問題が全部解決してるってどう言うことだよ!?」と言われた物です。今作をはじめてプレイした人間は、ぶち切れるんじゃないでしょうか?
リメイクをするなら、どう考えてもEXの内容をコミにしなくては、意味が無かったはずです。今からEXをやろうとしたら、ロード地獄のスーパーロボット大戦コンプリートボックスをやるしかないですしね。これはPS.storeにはないはずです。

一応こう言うリメイク企画は、固く稼げる商売なんでしょうが、なんでそうコンテンツを焼き畑の肥料にしちゃいますかね?
ちゃんとEXコミでまともな内容のソフトを作れば、続編企画なんかでご飯の種になるのに。この辺、濫造が目に余るPS2以降のスパロボシリーズ、と言うかバンプレストそのものに対して言えることですが。


と言うわけで、私の評価としては、「オールドファン向けのファングッズ。プレイせずに棚に並べておく位で丁度良い」と言う感じになります。せめて、何か意欲的な+αでもあれば、まだ評価のしようもあったのですが……



当BLOG内、その他ゲームの感想はこちら。





同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。