2010年07月30日

けいおん!! 第2期 第17話 「部室がない!」感想


けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
けいおん!!(第2期)


他の各話の感想はこちら

さて、そろそろ中だるみから抜けて欲しいけいおん!!です。



今話は、予告通り部室が付かなくてどうしましょう、と言う話。ですが、そもそも高三が文化祭のメインなのでしょうか?このタイミングで受験生の全力投球対象がこれで良いのか、少なくとも先生は突っ込むべきじゃないかと思います。



まあ、相変わらず色々な経験を楽しんでいるムギは、放っておいても大丈夫でしょうけれども。

そして先に結論を書いておくと、恐れていたとおり、結局中だるみから抜け出せませんでした。なんか、無理に挿話を作っている感じなんですよね。今回の問題自体、ムギのつてで練習場所を借りれば済む話にも思えますし。
萌えアニメとしてはこれが本来の文法と言われるとそれまでですが、では序盤の見事なシナリオ群は何だったのかと思えてしまうわけで。



この澪の不調を将来への不安と絡めたりとか、そう言うのしないんですかね?と言うか、ここで澪が不調という話を保ってくる場合、それ以外に使い道はないはずなのですが。



メンバー募集の張り紙をしてみようかという話も、サラッと流してしまって良いネタなのか……
校外のスタジオを借りると言う事は、卒業後の彼女たちの活動を示唆する重要な内容。



まあ、思わず鏡の前で身だしなみを整えてしまう女の子力の高い描写とかは、萌えアニメの面目躍如ですが。


一方、ずっと気になっている「ダメに描写しすぎる」問題は今回も健在。画面上に練習風景画でないのは構いません。お茶ばかり飲んでいるようでも、やるときにやっているのを見せれば、「軽音」である意味は示せます。
ですが、今回の、結局スタジオを借りて終了まで何もしないとか、問題外のダメぶりがしつこく描写されるのは何なのでしょう?学校内を彷徨っていたときも、集中できないとか文句を言うばかりで、できる練習をしておこう、くらいのことすらしていませんし。
そもそも受験生なわけで、練習に避ける時間も貴重なはずなんですよ。この辺はある程度切迫感を出して見せないと、視聴者の共感という最高のスパイスが死んでしまいます。今期序盤は、ノスタルジーを織り交ぜることで上手く感情移入を促していただけに、どうもチグハグ。

結局、画面内で15分経つか経たないかの内に部室は元に戻りますし、正直この話必要だったんでしょうか?
「部室が使えない」と言う事から来る将来への展望(卒業したらもう使えないわけで、今回の事件は予行演習に他なりません)がまるで描けないまま、使い捨てて良いイベントだったんですか?


それどころか、こうして「いつもの部室」を強調して終わると、全体の構成としては齟齬が出てきます。つまり、「部室でなくては練習できない」「いつもの部室という場自体が大事」「軽音活動自体はどうでも良い」と言う見せ方になってしまっているのです。
良いの?それは終わりを約束されてるんだよ?と、危うい物を見る不安と共に語りかけたくなってきます。


でまあ、残りの時間は憂のターンで、作詞の才能を垣間見せつつ、風邪を引いたダメな姿まで疲労というスキの無い萌えキャラっぷり。この辺は実に気持ちよく萌えられるのですが、それだけだとやっぱり辛い物。


特に、看病関連で唯がまた全く良い所無しの足手まといぶりを発揮しているので、成長テーマは描きようがありません。


勿論、最後には唯の歌詞でちゃんと一歩進めてはいるのですが、前半の部室の話とちゃんとリンクさせられていないので、唐突感強し。この内容なら、前半をカットして憂の看病に特化すべきだったんじゃないかと思います。
ただその場合でも、(現状でもそうですが)肝心の軽音部自体の「終わり」に向けた準備を、本来無関係な家族の話でやってしまったという問題が残るのですが。

律の「憂ちゃんと、部室が作らせた」と言うのが、どうしても取って付けたように聞こえてしまいます。
ただ、今回に関しては、同じ中だるみでもシナリオを進める気が無かった全快までと違って、総合的な演出が失敗している感じ。つまり、中だるみを脱して話を転がし始める準備はしているんじゃないかな、と期待をつなぐことは出来ました。

来週以降を、楽しみに待ちたいと思います。


もっとも、次回の内容は文化祭の演劇のドタバタみたいですが。まあ、最後の文化祭というのを強調して、最後上手く落とすところに落とすんだろうな、と言う安心感は感じられます。

しかし、イルツースクに移住?ロシア文学原作ですかね?一昔前の文藝派演劇部の演目としては良くあるパターンでしたが、今はどうなんでしょ?大学とかだと、中身が無いのをポストモダンと言う言葉で粉飾した、腐れサブカル劇ばかりと言う印象がありますが……



その他のけいおん!関連エントリーはこちら








同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。