2010年07月30日

良くある話ですよね

切込隊長:ブラックスワンな成功者と、知力の問題
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2010/07/post-d44a.html


切込隊長のエントリーはポジショントークが8割、と言うような話は置いておくとして、コンテンツ業界(笑)の消費者としては、色々と思い当たるところがありますよね。


> 大物とされる人の仕事ぶりを見るに、その人固有の資質や才能でうまくいったということよりも、(中略)制作部隊が優秀だったために大成功したというケースが往々にしてあります。
> 会社としては「その会社の制作体制が優秀だ」というほうが事実に近くても、モノを売るための技法として、制作者の顔を(後略)



この辺とか。
と言うか、ゲーム業界でも広告に名前がクレジットされただけで、コアユーザーは地雷リストに放り込んで絶対手を出さないクリエイターとかいますよね。どこのE藤さんとは言いませんけど!

まあ、なんでこんなのを引用してきたかと言えば、「Angel Beats!」という単語で、頭の中が一杯になったからなわけですけれども。

ただ、切込隊長は指摘してませんけど、そう言う一見どうしようもない「大物」も、アイデアマンとかコアパーツのデザイナーとして結構優秀だったりするんですよね。99%の努力と1%のひらめきみたいな物で。そりゃ、1%のひらめきだけじゃできあがるのはクズですけど、1%がなければ「できは良いけどフツーだよね」になっちゃうわけで。凋落のファイアーエムブレムシリーズみたいに。




同じカテゴリー(雑記)の記事画像
はじめて車を欲しいと思いました プジョー向けコンセプトカー
同じカテゴリー(雑記)の記事
 不毛な批判と反論の話 (2011-09-25 22:00)
 ただの個人的体験 (2011-02-21 22:00)
 広告効果と違法アップロード 漫画アップの少年逮捕 (追記有) (2010-06-16 22:00)
 どこが問題なの?「年齢制限を気にしてない親はけっこういる」 (2010-01-11 22:00)
 冬コミに行ってきました (2009-12-31 23:00)
 無神論者的啓示解釈 (2009-12-26 23:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。