2010年08月07日

けいおん!! 第2期 第18話 「主役!」感想


けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
けいおん!!(第2期)


他の各話の感想はこちら

中だるみなのかたるみっぱなしなのか解らなくなってきた、けいおん!!です。ですが、とりあえず今話はちゃんとストーリーというか、起承転結がありそうなので期待できるかな、と言うのがみる前の感覚。
と言うか、本来こう言う一話完結シナリオこそが、息抜き的な使われ方であるべきだと思うんですけどね……



予告のとおり、ロミオ役を澪にしてクラスの演劇。だから、受験は……?
多分、澪の前の席の子(今回セリフ有りの「いちご」さん)はバリバリの受験組ですね。「下らない事いいから早く終わってよ」と言う雰囲気満点。

一方、律がジュリエットってのは、周囲が嫌がらせでもしたんじゃないかと勘ぐりたくなりますが。まあ、はめられたというのは正しいわけですが(笑)


そして、一番やる気に満ちてるのがさわちゃん先生、と。


翻って、暴虐な教師の圧政に晒される、哀れな仔羊たちの図。

しかし、予告に出てきた「イルクーツク」は、澪が適当に言っただけだったんですね。劇は普通にロミオとジュリエットですから。シベリア舞台にした劇なんて、なんて渋いと思って期待していたのに!


今週のムギのワクテカポイントは、監督なりきりロールプレイ。


一方こちらは、男の子っぽい/女の子っぽいロールプレイを推奨されるも、速攻で破綻する2人。


ついでに、今回一番良いリアクションは、律の弟のこれだと思います。そりゃ、あのお姉ちゃんがジュリエットとか聞いたら吹きますよね!ちなみに、今回で「さとし」と言う名前が出ましたね。原作ではずっと出てたんでしょうが。
それにしても、このガラナみたいなパッケージの飲み物なんだろう?



そして、演技を弟にまで大笑いされ、姉の沽券に関わる状況でのこの表情!
いやあ、今話はシナリオに沿ってキャラ立てがされていて、観ていて気持ちが良いですね。やっぱり、シナリオとキャラが車の両輪で機能してこそだと思います。

結局演技は相互エミュレーションという形で上手くいくわけですが、落とし方としては素直でとても良い感じ。お互いを把握しているという、繰り返し描写してきた話がここでまた繋がっていくわけで。


ところで、このシーンで

これを思い出したのは、私だけではないはず。



あ、ずっと木の演技指導されてる主人公さんは、今回背景から出てきませんね。そのままでいいと思います。



まあ、後半のコスプレショウでは主役の面目躍如ですが。
「私は胸が苦しい!」は、無邪気な刃としか言いようが(笑)


とまあ、今回はとても楽しい回でした。
ただ、やっぱりライブの練習も受験勉強も進んでいないわけで、これで良いのかという疑問は強まるばかり。本当、なんで毎回数コマずつでも、真剣に練習に取り組む絵や、問題集を解いている場面を入れないのでしょうね?それだけでも、随分彼女たちの印象は違ってくると思うのですが。



その他のけいおん!関連エントリーはこちら








同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。