2010年08月12日

けいおん!! 第2期 第19話 「ロミジュリ!」感想


けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
けいおん!!(第2期)


他の各話の感想はこちら

前回は結構面白かったものの、シナリオに巻きが入らないけいおん!!です。まあ、今回は前回の続きですし、文化祭終わりからスパートなのかな、と言うのが順当な予想。



今回の冒頭は、文化祭の扮装のまま買い物に来た梓と純を微笑ましそうに見守るコンビニ店員から。何という俺たち!



下級生トリオのクラスは、「峠の茶屋」だそうで。お茶はコンビニ製のようですが、コスチュームや外装には力が入ってます。まあ、学園祭のお約束。


でも、一応伝統ある女子校で、良くこの衣装許可下りたなあ……
まあ、さわちゃん先生が一枚咬んでるせいなんでしょうが。


それにしても、さわちゃん先生の楽しそうなこと。これが本当のリア充でしょうね。


なんでロミオの衣装にスリット入っとんねん!と言うツッコミは入れておきたいところですが。


一方、今日のノスタルジックポイントはこのシーン。このこっぱずかしい真似ができるのは、学生ならではという奴です。
BLOG主だってやりましたよ!ええと、あれは…… TRPGのキャンペーン最終回の演しゅ... 何でもないです。



しかし、梓が頬を膨らませて不満を表明しているように、結局ここに至るまで一回も学園祭ライブの練習風景がなかったわけなんですが、流石にこれはどうなのかと思いますよね。実質最後の晴れ舞台になるわけじゃないですか。作品テーマとして軽音部としての活動がメインではないとは言え、3年間のけじめとしてもああもぞんざいと言うか、ないがしろにして良い事ではなかったと思うのですが。
どんなに「心の中では大切に思っている」みたいな設定にしたとしても、アニメは画面上に現れてくるものが全て。真剣に練習に取り組み、最後の華を演出して見せないと、軽音部は不真面目にしか見えなくなってしまいます。


「私たちが軽音部のこと、大切に思ってないわけ無いじゃない」
だから、このセリフは、絶望的なまでに白々しく響いてしまうわけです。重みを持たせるだけの準備(伏線)を、画面上で出し損なっているのですから。



特に、今回もこれくらいしか出番のない主人公は、練習の時間が無いわけが無いわけで。大道具等の手伝いがあったとしても、それと最後のライブとどっちを優先すべきかは、作劇上自明です。
っていうか、要らないだろ、この役!珍しく、准の意見に100%賛同。(笑)折角の真剣な劇がぶち壊しです。


とは言え、劇自体は良くできてます。他の子の配役もきちんと設定されているらしく、相変わらず芸の細かさを感じさせます。いちごさんは、神父の役なんですね。


そして今回のクライマックスは、紛失した大道具のかわりをゲットすると言うもの。ムギのパワーを活用するためのエピソードですかね。脚本に力仕事に、大活躍です。
ところで、上記の映像は、平野耕太がtwitterで絶賛していたオカルト研二人組。可愛さよりも、ロゼッタストーンの模型を作る根性に乾杯。多分、大英博物館が公開しているイメージから写してきたのでしょうが、文字を判読できるサイズとなると大判の学術書でなくては載っていないはず。ネットだと、この辺(ノースカロライナ大学公開)が限界。楽じゃありませんよ。


「今夜は寝かさないぞ、子猫ちゃん」
でまあ、前半というかここまでの学祭ライブ無視っぷりを取り戻すべく、文字通り泥縄で後半練習が行われます。これを盛り上げるために、今まで練習描写を絞ってたんですかねえ。単に逆効果だと思うんですが……
まそう言う部分は置いておいて、この唯の表情とかは相変わらず魅力的。リアルでウィンクとかやると、絶対こうなりますよね(笑)

徹夜の準備自体が楽しくて自己目的化するとか、ああなんて素敵な学園祭「前日」。正にビューティフル・ドリーマーで描かれたとおりの、永遠に続いて欲しいような時間ですよね。


教室の窓に消えない明かりが並び、喧噪がどこまでも続く中を歩くあの感覚は、ほんとうになつかしいものです。徹夜仕事で不夜城化した会社、みたいなクソ労働環境とは似て非なる物。


そして結局、3時前には陥落、と。徹夜作業なんて、効率的には最低ですからね。
ところで、さわちゃん先生が一人で作業をしているのは、空気を読んでいるのかもしれませんが、寂しい物を感じますね。いくら親しい先生でも、先生は先生で、やっぱり完全に生徒と一体化はできない。
やっぱり、視聴者が一番共感できるのは、先生だと思います。現役高校生とかのみなさんは解りませんけど、けいおん!って、画面の作り方等々から見て高校生よりかなり上の年齢層をターゲットにしてるみたいですし。


さて、次回はここで盛り上げずにいつラストに向けてスパートをかけるのか、と言う学園祭ライブ。期待して待ちましょう。


その他のけいおん!関連エントリーはこちら








同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

この記事へのコメント
僕は表現規制問題のことで頭がいっぱいでアニメもまともに見れなくてストーリーも理解できないし登場人物の名前すら覚えられないのに
このサイトの管理人さんはすごいですね。どうやったらこうなれるのか教えていただけないでしょうか?
Posted by ふあー at 2010年08月14日 18:28
唯にゃんの出番は少ないけど、お姫様律見れたからいいかな・・・いや、別に隊員じゃないけど

ほかのブログでもけいおん!!の分析(?)してますね
反=アニメ批評
[2010年春期アニメ]『けいおん!!』における成長の重層性――金・亀・性をめぐって
http://d.hatena.ne.jp/ill_critique/mobile?date=20100710&section=1278768180
Posted by かがみん at 2010年08月15日 14:25
ほかの=主さん以外の人のブログ
Posted by かがみん at 2010年08月15日 14:26
おお、これは手堅い考察ですね。(性関連はネタとして)
しかし、コミケから戻ったところでこれを見るとは…… しまった。事前に知ってたら、巡回ルートに入れておいたのに。
Posted by snow-windsnow-wind at 2010年08月16日 00:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。