2010年08月29日

児童ポルノのブロッキング、試験運用が10月開始?

リヴァイアサン
リヴァイアサン

↑技術的に、正に「リヴァイアサン」を生み出せる素地は着々と整いつつあるんですよ。1984年よりも結構遅くなりましたけどね。そして、善意(を装って)でせっせと怪物の口めがけて舗装路を敷いている方々が、沢山いらっしゃるわけです。



児童ポルノのブロッキング、試験運用が10月開始? ISP業界団体が緊急勉強会

前に取り上げたブロッキングへの準備が着々と整いつつあります。それどころか、ついに10月から試験運用開始という運びになりそうです。

少なくとも、5月の段階で外堀は埋まっており、この団体もこのようにブロッキングの導入自体はやると宣言してしまっています。

この勉強会の申し込みページはこっち

そして、こんな非常に問題ある動きを前に、もっとも有力な味方を国会に送り損ねた我々に、できることは非常に少ないのです。
見に行ってみたいですが、9/10つまり平日ではなあ。それ以前に、私なんかが行ってレポートを書いても、大した力にはなれないし…… マスメディアは例によって総スルー状態なんですが、記者を送る位はするのでしょうか?

他人事だと思っているなら大甘も良い所で、こんな便利なシステム、濫用するためにあるような物です。

社会が監視すべきは、ネット上の「違法情報」などではありません。不快でおぞましい情報は言われるほど多くなく、その影響も限定的で、現行の法律どころか通信の秘密原則をねじ曲げてまで、対処しなくてはならないものではありません。
近代以降の大原則として、我々が監視しなくてはならないのは、「やろうと思えばなんでもできる」国家と言う名のリヴァイアサンです。そして、実質的に国家(の典型的な権力機関である警察が決めたガイドラインに従うエセ民間団体)が決めた基準によって、情報の存在自体がなかった事にされてしまうようなシステムは、児童ポルノを少しばかり早く消せるなどと言う事と引き替えにしていい事ではありません。

何度でも言いますが、治安維持法は「過激な共産主義者」限定の便利な法律として、無風で議会を通過しました。あの、言論の自由をかなり制限していることで知られるドイツですら、効果が無い上に自由裁量状態になると撤廃を決めているのに!

イギリス?アメリカ?成文憲法も持たない階級国家と、先進国最悪の犯罪大国に、何故倣わねばならないのですか?

野獣の幻影に怯えて狼を野に放った場合、待っているのは野獣ではなく狼にかみ殺される未来です。



その他の表現規制関連エントリーはこちら





同じカテゴリー(社会)の記事
 ふざけないでいただきたい/オリンピック盗用ロゴの擁護について (2015-09-07 23:00)
 色々面倒くさい憲法9条の話 (2013-01-05 20:00)
 あっはっは! (2012-06-27 22:00)
 この国、政治的に詰んだって事ですよね (2012-06-26 22:00)
 著作権が守る物/行政の公開情報を引用して逮捕と言う麗しき世界 (2012-04-17 22:00)
 誰が為の公共性/アレフ施設へのガス供給工事不許可適法判決 (2012-03-15 20:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。