2010年09月10日

学園黙示録 ハイスクール・オブ・ザ・デッド 第8話 感想

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 1
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 1

前話までの感想はこちら


第8話は The DEAD way home


冒頭は、洋上移転すべく飛び立ったAIR FORCE ONE 機内でのゾンビ発生と、数少ないマクロな情報の提示。アメリカ東海岸、ブラジル、ヨーロッパ、モスクワ、南アフリカ、中国、日本、オーストラリア南部と言った人口稠密地帯が情報途絶となり、壊滅しつつあるのが解ります。この辺、パンデミックそのものですね。

そして、大統領(と自分)が死ぬ前にICBMの発射を進言する上院議長(多分)の図。これは、名作「復活の日」後半の、悲しすぎるあのシーンを思い出させます。結局、問題は人間。これは、ゾンビ物のテーマそのものですね。

副大統領や下位の大統領代理権者がどこにいるかも寄りますが、これで合衆国はほぼ機能停止となっていることが解ります。何しろ、AIR FORCE ONE に護衛戦闘機すらついていませんから。


でまあ、このドシリアスが終わると、お気楽シーンが挟まる正しくゆるい(主に頭が)展開。幼女を膝に乗せてご満悦の平野君は、巨乳好きじゃなかったんでしょうか?元ネタ的に。

ハンヴィーで川を渡っているところを見ると、このゾンビは水を渡れないみたいですね。ロメロゾンビやWORLD WAR Zよりも、この点ではだいぶマシな感じです。


緩さの極めつけは、この機能性の欠片も無い着替えでしょうか。動きやすくて防御効果も多少あるパンツルックへの変更、なんて勿論ありえませんよね!ええ、開き直りって大事だと思います。

ですが、その平和さを「ヘリや飛行機が見えない」という主人公のセリフ一つで緊張感に変えたり、この辺のさじ加減はやっぱり○。


何しろ、事もあろうに桜舞い散る風景と落ち着いた音楽が、不安を煽る材料になるんですからね。


面白いのは、アクションシーンに入れば、逆に不安とか関係なく笑って楽しめること。おっぱい重荷代わりにして狙撃銃使うとか、馬鹿じゃないの!?馬鹿じゃないの!?(最上級の誉め言葉)

ただ、直後の大ピンチについては、ワイヤーくぐれば良いんじゃないの?と言うツッコミ抑え難し。あれって、明らかに人間は通れるけどゾンビは通れないように作られたバリゲードですよね?実際、その通りの解決になるわけで……

って言うか、今回話進んでねえ!!

一応、放水でゾンビを倒していたのは、第一話と同じパターンなので、実は水に弱いのでは?と言う推測も出てきますね。一話の時も、別に頭を割られたわけでもないのに、放水を受けたゾンビが倒されてましたし。

今回だけやけに話の展開が遅かったですが、13話で終わるのでしょうか?原作が未完だからこちらも未完にするのかもしれませんが、じれったく感じたシナリオでした。




その他のHIGH SCHOOL OF THE DEAD 関連エントリーはこちら





同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。