2010年09月21日

学園黙示録 ハイスクール・オブ・ザ・デッド 第12話 感想

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 1
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 1


前話までの感想はこちら


第12話 ALL DEAD's attack

さて、どう考えても切りの良い終わり方はできそうにない、HIGH SCHOOL OF THE DEADです。そして、今回が最終回。
核発射で無理矢理なバタリアン落ちに持って行くのかと思ったのですが、何故か前回ラストでの発射となり、切りが良くなるとは思えない展開なわけです。


舞台の諸々は架空名だけど、護衛艦はそのまま。まあ、原作が原作ですし、この辺はこだわりなのでしょう。


画面上ではこんごうしか出てきませんが、レーダー画面では四隻の艦隊を組んでいることが解ります。ただし、内一隻は米軍のシャイロー、もう一隻はカーティスウィルバーとの事。wikipediaによりますと、前者はタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦の一隻で、後者はアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦。共に横須賀配備の艦との事です。海自は、指揮系統を維持しているみたいですね。

いくら中国製でも、迎撃ミサイルはあんなにボコスカ命中する物じゃないのですが、そこはカーティスウィルバーの状況を出すための正しい改変。
しかし、洋上移転したはずのアメリカ政府があっさり壊滅していたり、どうもこのゾンビ化現象は、アメリカが震源地っぽいですね。あるいは、余程米軍の防疫体制がタコだったか。

そして、原作通り炸裂するEMPにより、ゾンビに対する人間のアドヴァアンテージは消滅。文明の崩壊は決定的に。


しかし、いつの間にか携帯電話網が復活してるのは……
三話以降の展開が、全く違ってきますよね?


にしても、耕太はどんどん平野耕太の似顔絵に似てきますね。


冬戦争のボーイスカウトのごとく、補助兵員やってるアリスとかも、きちんと見せ場を作ります。

鉄門突破の展開ですがこの場合、「アリス救出の時には安物の門も破れなかったゾンビどもが」みたいな事は、言わぬが華でしょう。基本的にこの作品、深く考えたら負けの爽快B級アクションなわけですから。



そしてまあ、清々しいほどの「俺たちのサバイバルは始まったばかりだ!」エンド。やっぱりショッピングモールですよね。
これ、本当に二期の構想ありきの展開ですよね?原作が順当に動いてくれれば、と言う過程は危険すぎるような気がするのですが。それとも、けいおん!みたいに、構想開示して原作と同時進行するのでしょうか?

何にせよ、楽しいアニメだったので、早めに二期をやってもらいたい物です。このままじゃ、気持ち悪いなんて言葉では言い尽くせない末路ですから。



その他のHIGH SCHOOL OF THE DEAD 関連エントリーはこちら





同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

この記事へのトラックバック
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 1 [Blu-ray]クチコミを見る

ゾンビの感染者が爆発的に増えていく中、ついに核ミサイルが発射!このまま世界は滅びてしまう...
(アニメ感想) 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第12話 「ALL DEAD'S attack」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】at 2010年09月21日 22:20
この記事へのコメント
必要ないでしょう>第二期

この作品を見ればもうおわかりでしょうが、佐藤作品全般の、いわゆる「厨二病の理想郷」とは、「世界がどうなろうと僕たちだけは戦い続け、勝ち続け、そして傷つき斃れることはない」
「たとえなにかの間違いで傷つき斃れることはあっても、平凡で平和な現実には絶対帰らない」
…平凡で平和な現実に帰るくらいなら、物語そのものを打ち切り中断した方がマシというわけですw
なら中断したままでかまわんでしょう

第一、続ける意味がありません
世界がどうなろうと主人公も毒島も平野も、ただ戦い続け勝ち続けるだけ、決して死にも傷つきも挫折もしないのですから、成長も変化も成熟もせず、永遠にあのままです

理想郷とはかなり退屈なところ、いい歳した大人が長居するところ、そんなところにとどまりたがる奴はろくなものではないようです
Posted by 通りすがり at 2010年09月23日 04:52
訂正
いい歳した大人が長居するところ>いい歳した大人なら居心地悪くて長居できないところ
Posted by 通りすがり at 2010年09月23日 04:55
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。