2010年11月15日

「クロノ×セクス×コンプレックス」 第3巻 感想

クロノ×セクス×コンプレックス〈3〉 (電撃文庫)
クロノ×セクス×コンプレックス〈3〉 (電撃文庫)

他の巻の感想はこちら

俺妹の7巻(感想はこちら)を買いに紀伊国屋に立ち寄ったところ、一緒に並んでいたので購入しました。

3巻になって、挿絵の違和感が大きく上がってます。特に扉絵とか、BLにしか見えないのがなんとも。(後述しますが、これは意味があったりしますが)他にも、オリンピアが可愛くないとか、梅がやけに普通の女子高生に描かれていたりと、「?」マークが浮かぶ絵が続きます。絵のイメージに引きずられたのか絵がちゃんと内容に合わせたのか、内容も暗め。
なお、カラー絵最後のデフォルメ絵だけは一巻から同じ荻窪裕司氏のデザインなので、ホッとできます。

一巻は主人公視点、二巻は男子寮の生徒視点でしたが、今回は三巻現在進行形の主人公と、二巻最後で彼がした経験の往復方式。これに、前巻ですっかり影の薄くなったオリンピアの視点が、ちょこまかと混ざる事になります。

そして、面白いのが、主人公の体を乗っ取った秀才女子の生活。もう、色々とラノベ的ヘタレとして、演技を別として小さくなって生きている主人公と違い、イケメンとしてやりたい放題。でもこれ、「女性向けジャンルで描かれる男性」のセオリーなんですよね。
最初に書いた、BL風扉絵に「意味がある」とは、こう言う事です。一巻の、「女子寮で女子として女子の『王子様』を演じる」と言う状況と、この巻の「イケメン化した自分に女子になった自分が迫られる」と言う状況、エグイのはどっちでしょうか?

あと、このシーンを終わらせる、相手が「切れる」理由が実に女子的(読んで貰えば解りますが、女性蔑視的な話とは無縁)で、何ともはや……
そりゃ、「そんな事知るか!」と叫びたくなりますわな。良く訓練された趣味人でもない限り。

さて、今まで単なる主人公同様の巻き込まれキャラだと思われていたこの女子(本来のミムラ)、今巻で明らかになりますが、主人公より主人公。「改変された歴史の記憶を保持し続ける」って、完璧に主人公用能力です。と言うか、これがないとタイムファンタジーの主人公をやるのは難しい、基本パックみたいな物。Steins;Gate(感想はこちら)の主人公が持っていた「リーディング・シュタイナー」と言えば、やった人には解ってもらえるでしょうか。

そして、その「主人公的人物」の口から語られるのは、死ぬより残酷なセカイの姿。そう、時間改変型タイムファンタジーについて回るジレンマ、「世界を変えれば、変わる前の世界はどうなる?」が、ここでは脇役とならざるを得ない主人公・三村少年に襲いかかるわけです。タイムファンタジーの主人公・ミムラに、本来居た世界を改変されてしまったモブキャラとして。

さて、これで見事にパーツがはまりました。
俺妹同様、物語上存在意義が不明だった幼馴染は主人公・三村のモチベーションに。そして、彼がこれから世界改変を目指し、永久時間剥奪者へと至るルートも確定。まあ、それが三村なのかミムラなのかと言う問題はありますが、些末なところでしょう。
……勿論、ここからひっくり返して来る可能性は大いにありえますが。でも、ちゃんと誘導される方向で予想しておいた方が、楽しく騙される事も出来ようという物。続きが実に楽しみです。

以下、作中のネタについて。

「スローガラス」は、タイムリーにも9月に発売されたばかりの「ここがウィネトカなら、きみはジュディ」収録作「去りにし日々の光」に出ています。

まあ、↑の短編集は、第一弾の「ワイオミング生まれの宇宙飛行士」よりだいぶ劣る感じ(山本弘氏などは、逆の感想のようですが)なので、注意が必要ですが。


カラー絵に掲げられた呪文のモチーフ作品は、最初解りませんでしたが、詠唱シーンでそっちか!と手を打ちました。
途中に出てきた短編集は、ロバートとロバートと言う引っかけなわけですね。なぜか後書きでは触れられてませんが。

最後に、図書館塔の司書が主人公の未来の姿なのは、一巻の頃から自明。ですが今回の描写を見ると、主人公の祖父も、また主人公なのかもしれませんね。梅を守れと主人公に繰り返す所など、特に。イメージすべきは、藤子不二雄のノスタル爺でしょうか。


何にせよ、この刊行ペースなら、来年には続刊が読めるでしょうか?楽しみです。



同じ作者の、他の作品についての感想はこちら
その他ライトノベル関係のエントリーはこちら





同じカテゴリー(読み物)の記事
 非常に面白い「娯楽」の理論書 『純粋娯楽創作理論 VOL.1』 感想 (2015-06-20 00:00)
 ナイストンデモ本!ダニエル・ドレクスラー『ゾンビ襲来』感想 (2013-02-16 22:00)
 最近読んだライトノベルの感想 (2013-01-30 22:00)
 胸がむかつくひどい話 『魔法少女育成計画 restart』 感想 (2013-01-18 22:00)
 良質ショートショート 『独創短編シリーズ 野﨑まど劇場』 感想 (2012-12-11 22:00)
 余りに出来の悪いSF 山田宗樹 『百年法』 感想 (2012-11-26 22:00)

この記事へのコメント
一巻から司書が主人公ってわかったのか・・・・

クロノセクスコンプレックス4巻早く読みたいなぁー
Posted by 通りすがり at 2011年06月25日 15:25
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。