2010年11月27日

言葉の定義を弄ぶな 大阪府の表現規制条例

東京に気を取られている間に、懸念されていた大阪の青少年育成条例でも、とんでもない内容が出てきました。
西も東も、本当にろくなもんじゃありません。両方とも、知事が迷いのないファシスト ある種の極端な性格なので、当然の流れですが。

15歳以下の水着写真も対象・ジュニアアイドル誌を規制対象に 橋下府知事に答申(IT media)

ポイントは、この部分です。

>過激なポーズの子供の水着姿などの写真や映像について、新たに「子供の性的虐待の記録」と定義

今まで反対派は、口を酸っぱくして「本当に規制しなくてはならないのは、児童虐待である」「そのわけの解らない情熱を、虐待児童を救うために使ってくれ」と言い続けてきました。
それに対する、規制派の返答がこれです。

つまり、「あ、水着の写真も虐待って事で。ほら、君達が言ってた『児童虐待』をちゃんと取り締まりますよ?」と言う代物。

撤退を転進、全滅を玉砕と言い換えても、行き着く先は終戦という名の完全敗北であり国家の崩壊(八月革命)。国民なめるのもいい加減にしろ、と言うセリフも、そろそろ自分で食傷気味です。

「児童ポルノ」は、「児童虐待」の記録だからこそ、規制されねばならないのです。「児童ポルノ」と言うワイルドカード領域に気にくわない物を放り込む目的で、大本の「児童虐待」の枠を広げるというのは、正に本末転倒です。
そもそも、そこで後者のカテゴリーを広げると、恐ろしい影響が社会に出てしまいます。
例えば、水着姿でセクシーポーズの真似をする子どもなど、幾らでも居ます。(私も昔やりました)それを写真に撮れば、「児童虐待の記録」となるわけです。と言う事は、「そんなポーズを取るよう子どもに促す」「そんなポーズを真似するような育て方をする」「子どもは何でも真似するのに、真似したらまずいそんなポーズを見せる」これら全てが「児童虐待」となるわけです。

そうでなくとも、余計な定義を無理矢理付け加えれば、本当に救うべき「児童虐待」の範囲は広がり、児相や警察、関連機関の対応能力はそぎ落とされます。ただでさえオーバーワークで戦線崩壊状態に有る各機関に、一体なにをさせようというのでしょうか?

自らの気にくわない物を排除するためならば、社会の病巣とも言うべき児童虐待の定義を改竄し、それに対する施策に混乱と妨害を引き起こす。こんな連中が、「児童虐待」の対応の中心にいることに、吐き気がするほどの絶望感を憶えます。




おまけ
多分、火をつけて回った一部を除く、都庁の一般職員の考えはこの辺り。
ただし、それだけに根が深く、如何ともしがたい。

都条例改正問題 元東京都職員がコミケや漫画業界に耳の痛い忠告。

役所の中で考えが硬直すると、こういう風になってしまいます。
「公共の福祉」は、役所が自ら定義して動いちゃ絶対に行けないんですけど、こう言う権力志向というか「仕事をする」事に情熱をかける馬鹿がいると、訳の分からない動きが出て来ます。

図体のでかい行政は、指導も含めて本来動いちゃいけないんです。「違法」じゃなかったら、手を出しちゃいけないんです。違法じゃない物の中に気に食わない物があるから違法にしよう、と言うのは、政治の役割であって行政がすべきことじゃない。ましてや「違法にされたくなかったら自主規制しろ」というのは、断じて「大人」の対応じゃないです。単なるヤクザです。権力を背景にしてる分、もっとタチが悪いけど。

別に、公務員を馬鹿にしたり批判したりしたいわけじゃないんです。経歴から言ったら、私とこの人は多分近い。それだけに、自分たちが携わっている(携わっていた)力に無頓着なのが、凄く気になるんです。自分たちの感情を法運用に介在させるのは、人間として仕方ないにしても、大声で言っていい事じゃありません。断じて。

と言うか、「憲法に定められた権利と自由だけを主張する人に、役所は冷たい。」とか、お前本当に憲法や行政法を勉強したのかと。それは、絶対に口に出しちゃいけないことですよ。だって、憲法や法律に定められた権利や自由に、役所は手出しできないんですから。一部の国家に対する権利(典型的には生存権。生活保護は青天井じゃないよ、と言う事)について、裁量が認められているだけ。
金を出さない・法律を作ってまで助けない「冷たい」行為は正当化できても、憲法で定められた「法律入るべからず」の領域に踏み込むことを、理論的裏付けもなく正当化できるわけがない。
で、その領域に踏み込むには、この人も言ってる「公共の福祉」と言う錦の御旗が必要なんだけど、それはいつどこで提示されたんでしょうね?

はてなブックマークで、「苦情窓口が苦情を減らそうと画策するのは大抵ロクな話にならない」というコメントがあって大笑い。全く持ってその通り。

漫画家だけでなく、ペンクラブや弁護士会までこぞって反対に回っている中で、良くもまあ「自分だけは良識人」みたいな態度が取れるもんです。



その他の表現規制関連エントリーはこちら





同じカテゴリー(社会)の記事
 ふざけないでいただきたい/オリンピック盗用ロゴの擁護について (2015-09-07 23:00)
 色々面倒くさい憲法9条の話 (2013-01-05 20:00)
 あっはっは! (2012-06-27 22:00)
 この国、政治的に詰んだって事ですよね (2012-06-26 22:00)
 著作権が守る物/行政の公開情報を引用して逮捕と言う麗しき世界 (2012-04-17 22:00)
 誰が為の公共性/アレフ施設へのガス供給工事不許可適法判決 (2012-03-15 20:00)

この記事へのコメント
>経歴から言ったら、私とこの人は多分近い

ブログ主は今どんなお仕事してるんですか?
Posted by つとむ at 2010年12月02日 06:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。