2010年12月05日

ほら見ろ、言わんこっちゃない 家庭内でのDVDコピー禁止へ

前回の記事はこちら

はい、マジコン規制を旗印に掲げた著作権法改正作戦は、予想どおりの展開となりました。


DVDコピー、家庭内も禁止へ 暗号で保護のソフト対象(朝日新聞)

「技術的保護手段」の回避を違法化する、と言う事になれば、当然の流れです。
そして、「暗号で保護」されていないメディアなど現状皆無ですから、あらゆるデータのコピーが禁止されることになります。

ふざけるな!

何度でも書きますが、近代以降の国家・社会において、最も重要な権利は「所有権」です。つまり、持っている物、自分の物はどう扱っても構わない。何をどうしようと、他者、就中国家から干渉されるいわれはない。これが大原則です。全ての土地も人民も王の物とされ、経済活動も人的交流も理論的にはその支配下にあった過去の不合理を取り除くための、正に基本的な理念です。

著作権法は、これに限定的な例外を加える「特権」で、当然その内容は厳しく制限されています。良く、著作権がメインで所有権が厳しく制限されていると誤解する(またはデマを流す)輩が居ますが、事実は逆です。

しかも今回の改正については、「家庭内」のコピーを違法化するという内容。近代法のもう一つの柱は、「法は家庭に立ち入るべからず」です。勿論、これによって過去家庭内の虐待が見逃されてきたという歴史もあり(歴史的に、家庭内の「しつけ」や「妻への教育」で死者が出ても、罪の問えないとされた時代もありました)これには制限が加えられています。
しかし、家庭内においてDVDがコピーされるというのは、原則を曲げてでも変えねばならない社会的影響があるのでしょうか?
既に現在、コピーしたデータの公衆送信(アップロードだけではない、広範囲を指す)や販売、一部の譲渡は禁止されています。この前の都条例もそうですが、「それを禁止しなくてはならない切実な理由」はどこにもありません。法律を変えるんですよ?気分で権利をいじり回されてはたまりません。

影響で考えても、過去のゲーム機のソフトをパソコンで動かすエミュレータや、もっと言えば「家庭用」のDVDソフトをパソコンで見たり、WINDOWS用ソフトをMACやLINUXで動かしたりする事すら、違法にできると言う事です。逆方向で、着メロのバックアップや、CDからリッピングした音楽を携帯に入れたりする「公式でない」ツールなんかも。

大体、DVDもBLU-rayも、寿命は精々十年かそこらです。「劣化しない電子データ」などと言うプロパガンダワードとは裏腹に、電子データをきちんと残そうとすれば、不断のコピーとバックアップ(両者は同じ物)が欠かせません。この法改正は、電子メディア時代における情報保存の常識を否定する、ほとんどラダイト運動みたいな代物です。
人類が今まで生み出した情報の内、現在閲覧できる物がどの程度だと思ってるんですか?電子化時代になって、個人の力で多くの情報が保存できるようになりました。少なくとも努力を惜しまなければ、個々人が図書館を所有するに匹敵する情報を後世に残せるのです。これは文化的な革命で、関連業界の一つや二つ吹っ飛んでも、十分にお釣りが来る「文化の隆盛」に他なりません。例えるなら、現在個人のパソコンに入っているデータは、1000年残せれば、死海文書になれる代物なのです。


それとこれは誰も指摘していないようですが、この法律を使えば、テレビ放送に録画を不可にするようなスクランブルをかけて流した場合、録画自体を違法化することができます。録画というのはコピーですから。
これは、批評・報道・批判のための「引用」すら、技術的に不可能にすると言うことです。

このどこに、著作権法の目的である文化の保護があるのでしょうか?
出版や放送「産業」の保護を文化の保護と勘違いし、史跡の保護もまともにできず、それどころか豪族の古墳を天皇陵と言い張る宮内庁にツッコミすらできない部署は、丸ごと仕分けてしまって構わないと思います。経産省の方が、健全な市場発展を考慮に入れて消費者の権利に敏感とか、全く笑えない冗談です。
勿論普通に考えて、この手のアホな法律通したら経済的影響は甚大(今回で言えば、DVDメディア作ってる会社は倒産でしょう)なわけで、経産省の方がマトモな対応になるのも当然と言えば当然なのですが。

CD輸入権導入辺りから顕在化した、文化庁の致命的な感覚のおかしさと暴走ぶりは、いつになったら止まるのでしょうか?
民主にはこの辺の問題を扱っていた議員さんもおり、政権交代で期待したことの一つだったのですが…… この審議会にしても、「政治主導」の介入がないまま既定路線をなぞったあげくのこの結果。
官僚の抵抗と言うか、「直接言われない限り既定路線を推し進める」のはいつもの事なんですが、このまま政権が倒れるまで行くと、国民に「民主的な方法での改革は不可能」って言う結論を残して終わりそうなのが、一番怖いです。




その他、当BLOG内の著作権関連エントリーはこちら





タグ :社会著作権

同じカテゴリー(社会)の記事
 ふざけないでいただきたい/オリンピック盗用ロゴの擁護について (2015-09-07 23:00)
 色々面倒くさい憲法9条の話 (2013-01-05 20:00)
 あっはっは! (2012-06-27 22:00)
 この国、政治的に詰んだって事ですよね (2012-06-26 22:00)
 著作権が守る物/行政の公開情報を引用して逮捕と言う麗しき世界 (2012-04-17 22:00)
 誰が為の公共性/アレフ施設へのガス供給工事不許可適法判決 (2012-03-15 20:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。