2011年01月17日

けいおん!の同人カードゲーム「カラフル!」で楽しく遊びました



カラフル! サークル名:こんぺいとう


↑とりあえず、とらのあなでは在庫があるようです。あ、これはアフィでも何でもないので、安心してお踏み下さい。
あと、なぜか18禁コーナーに置かれてますが、そんな要素は一切ありません。一枚パンチラがあったので、そのせいですかね?


「カラフル!」は、夏コミで買ったまま放置していたけいおん!の同人カードゲームです。
作成元は「こんぺいとう」と言うサークルですね。公式ページがこっちで、BLOGがこっちみたいです。
放置していた理由は、絵は綺麗でも内容がアレだったからなのですが、このたびボードゲーム仲間と知恵を絞り、かなり遊べるようになりました。

カラフル!自体は、主要5人+憂の綺麗な(重要)絵が描かれた丈夫な(とても重要)カードが、各キャラ毎8枚の計48枚+1枚(ティータイムの光景)入っているセットです。一応、これで遊べるルールも付属していますが、上記の通り実にソレです。(公式ページに説明がありますので、どんな物かはわかるでしょう。ディクシット(DIXIT)を改変した「スピーチ!」はそれなりに遊べるように見えるのですが、やはりキャラクターカードと言う特性から、本家と違って発想が絞られ、ゲームとしては厳しくなっています)


しかし、絵はとても綺麗でカードも使用に耐えるため、遊びたくなるのが人情という物。
そこで、3人プレイ専用ですが、かなり楽しめるルールを考案しました。と言っても、解る人には「変則版ごきぶりポーカー」(このリンクはAMAZONアフィ)で説明が済むと思います。
ポイントは、
1,ごきぶりポーカーで「押しつけ合う」カードが、「取り合う」に変えてある。
2,カードの枚数ではなく、組み合わせ(カップリング)が重要になる。
と言う二点。要するに、「けいおんのキャラで邪悪に楽しむ」「戦いをヒートアップさせる」ためのギミックです。

ゲーム(のルール)名は「ゴキにゃんポーカー」とか「けいおん!ポーカー」とか、「ペアリング」とか、適当に呼んでいた気が。

で、ルール内容は以下の通り。


1,各プレーヤーは、開始時に一人のかぶりも無いように、推奨のカップリングを指定する。
 つまり、6人きちんと使い切る。例えば、私たちは「憂×梓」「唯×律」「ムギ×澪」でやりました。勿論、どう言う組み合わせでもゲーム性には何の影響もありません。
 なお、かぶった場合は何らかの方法で解決しましょう。殺し合いとか。

2,あとは、基本的にゴキブリポーカーのルールに則る。
 親プレーヤーは、裏返したカードを二人のうちのどちらかに渡し、そのキャラが何かを宣言します。例えば、「僕は優しいから、君の好きな唯をあげるよ」という風に。
 それを受けたプレーヤーは、「親プレーヤーの宣言は正しい」「間違っている」「判断を留保しカードを見る」の三つから一つ行動を選択します。
 推理をして当たった場合、そのカードを獲得します。手札とは別に、自分の前に並べておきましょう。外れた場合、カードは親が獲得します。留保して正解を見た場合、今度はそのプレーヤーが新たな宣言をして、残りのプレーヤーに渡します。「おいおい、嘘をつくなよ。これは俺の嫁、すなわち律じゃないか」みたいに。
 二人目は、判断留保はあり得ない(残り二人は正解を知っている)ので、直前のプレーヤーの宣言が正しいか間違っているかを推理します。当たればカードを獲得。外した場合、「直前に宣言をしたプレーヤー」が獲得。
 宣言を当てられた、または推理を外したプレーヤーは、次の親となります。ゲームの終了条件は、「いずれかのプレーヤーが親となった時、既に手札が無くなっていた」時。

3,そして、終わったら、獲得したカードを使って点数計算をする。
・自分の推奨カップルを成立させていた場合、一組につき3点。
・自分の推奨カップル以外を成立させていた場合、一組につき1点。
・自分の推奨カップルを他人に成立させられていた場合、-1点。


 以上、熱いやりとりが想像されると思います。
 何しろ、自分の推奨カップルを手元で成立させるのが定石で、他人に自分の推奨カップルを成立させられると、点数が引かれるのですから。

「ちょっと、なんで僕の唯×律が一回も成立しないんですか!?」
「律と唯だったら、俺の横で三人ずつくらい寝てるぜ?」

「俺の愛する憂ちゃんsが、あずにゃんをずっと待ちぼうけだよ。どうなってんだよ!?」
「残念ですが、あずにゃんは私の側を離れたくないみたいですよ?」

とまあ、非常にキモオタ全開で面白く遊べます。ゴキブリポーカー自体がかなり良くできたゲームですので、あのカードを有効に使う方法としては、十分かと。
なお、これは3人用ですが、4人以上ならお気に入りのキャラ1人を決め、カップリングではなく単独カードでの点数計算にすると良いと思います。邪悪さは減りますが、ゴキブリポーカーの元のルールに近づきますから、むしろバランスは良くなるはずです。

と言うわけで、けいおん!が好きならかなり楽しめますので、一回プレイしてみることをお勧めです。実際、カード絵のクオリティが結構高い事もあって、確実にヒートアップします。


補足:
自分の手札にある他のプレーヤーの推奨カップリング用手札は、残り2人で分け合うのが最適手になります。しかし、これを正当宣言して分け合おうとしても、そこには当然囚人のジレンマが働きます。例えば、「これは、あいつの推奨カプの律だ。受け取れ」と言って、自分の推奨カップルのカードを出せば、労せずしてそれが手に入ることになります。
勿論、一回こう言うことが起きれば、同盟はあっという間に崩れ、裏切られた方が大きく出遅れます。だから、この最適手はちゃんと崩れ、ゲーム性は保持されます。まあ、一回やって見れば解ると思いますが。

あと、サークルさんは遊び方を募集してるみたいです。何か面白いルールがあれば、送ってみるのも良いと思います。



その他アナログゲーム関係のエントリーは、こちら





同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。