2011年01月21日

魔法少女まどか☆マギカ 第3話 感想

魔法少女まどか☆マギカ 2
魔法少女まどか☆マギカ 2

第3話:「もう何も怖くない」

いつ血だまりスケッチになるのか、視聴者がワクワクしながら見守る中、物語は第三話へ。
なんか、クライマックスみたいな副題は、一体「誰の」クライマックスを描写するのでしょうか。



前回さやかがセカイ系中二病全開の独白をしていた時に重なった映像は、彼女の思い人でした。てっきり家族かと思ったんですが。


さやかが彼に渡したCDは、多分↓のパロディ。
作品内では「Dawd Ostrakh」とありますが、実物そのままはやばいと判断したのでしょう。それにしても、「関連ありそうな物」としてちゃんと出してくる、AMAZONは凄いなあ。

David Oistrakh
David Oistrakh


この簡易CDプレーヤー、ギミックはなんか凄いですけど、どう考えても手を怪我するかCDを傷つけるオチにしかならない気が。「近未来」の描写は、やっぱり今一ずれてます。

あと、この病室も、気色の悪い抽象画風の壁紙とカーペットに覆われており、どう考えてもくつろぎの病室という雰囲気ではありません。一々神経に爪を立ててくれるこの感じは、さすが。


って言うか、この提供映像とか、制作者側も「最初は普通の魔法少女物と見せかけて」みたいな事は、最初から考えてないっぽいですよね。観客もみんな解った上で「偽りのいやし空間」を見つめ続ける共犯関係。


冒頭の説明シーンで気になるのは、「使い魔も放っておけば魔女になる」と言う点。魔女を倒し続けるのが、魔法少女が生き残るためのライフサイクルだとするなら、魔女になるまで放っておく事(ネトゲで言う養殖)をしない意味は何でしょう?あくまでも、グリーフ・シードを持っていないと意味が無いから?


どう見ても、事故はこいつが仕組んでます。本当にご苦労さまでした。
って言うか、普通の道なら偶然通りかかった、で言い訳効くかもしれませんが、遮蔽板に囲まれた高速道路のど真ん中だもんなあ。


あと、一話からずっと、なんで絵がボンヤリした薄気味悪い印象を与えるのかと思っていたら、顔のパーツを二重線で書いてるんですね。それで、像がぶれたような効果を与えるわけです。これが示すのは、やっぱり内面やあのやばい世界の二重性でしょうか。

そして今回も、嫌な仄めかしが目白押し。「まどかが生み出すソウルジェムの大きさは、僕にも測定しきれない」って、収穫する気ですよね?ソウルジェム、収穫する気満々ですよね!?
「これだけの資質を持つ子と会ったのは初めて」と言いますが、さてその「資質をまどかほど持っていなかった子」達は、一体どうなったのか?魔法少女禁止法(紹介はこちら)のように、ステッキを置いて平和な日常に帰った?まさか!


でまあ、順当にさやかが闇落ち、はまだだ、魔法少女となるべく誘い込まれるわけですが、ここまで露骨にやって、偶然と言い張るか!
向かって左の背景にある、キュゥべえそっくりな壁画とか、示唆的通り過ぎて一発露見クラス。


ただ、この見え見えの謎とは別に、この瓶に書かれた「まどか☆マギカ」の文字とか、気に留める必要がありそうです。ほむらの仄めかしもそうですが、まどかだけは、単なる犠牲者候補ではなさそうです。世界の秘密は、多分彼女に関わる物なのでしょう。


カプセル薬が舞い散る中で、交わされる誓い。この悪趣味さがたまりません。
そりゃまあ、確かにあの願いによって生み出された魔法少女なら、パワーレベルは極上でしょう。しかし、マミは一体何故「一緒にいてくれる」事にあれだけ感動したのか?ほむらとの間には、一体何があったんでしょうね?


とか思っている内に、死亡フラグばらまき → 即回収 を1分でこなしたのには唖然。え、中ボスじゃなかったの?普通に魔女にやられるの?
これは確かに、上手く予想を外されました。でもそうなると、予想の練り直しが必要になりそうです。てっきり、魔法少女はいずれ闇に染まって魔女になり、次の魔法少女に狩られるサイクルを繰り返す物だと思っていたのですが。
一方、描く内容の方向性は、直接的な衝撃だなあ、とちょっとがっかりしたり。もっとこう、精神的にキャラクターと視聴者を追い詰める方向に来る物だと思っていた物で。裏切りとか、えぐり混むように逃れられないプレッシャーをかけてくるとか。キャラが死んじゃうのは、その時の衝撃は大きくても、あんまり跡を引きませんしね。


エンディングで、次々に現れては消えていく魔法少女の幻影と、歩き続けるまどかの影。これはひょっとして、素人を徴兵しては端から死なせていく、末期戦物の様相を呈するのでしょうか?だとすると、ほむらの立ち位置が解らなくなるので、上記の予想も部分的には合っているのか?例えば、まどかが願いで彼女を生き返らせることを前提に、死んで見せたとか。
あと、マミの残骸(らしき物)が落ちたテーブルにあったと言う事は、魔女に食われた魔法少女が残すものが、グリーフ・シードなのでしょうかね?
とにかく、早く次週、と言うか続きがみたいです。そして、ワンクールでまとまるんでしょうか、この話?



その他、まどかマギカ関係のエントリーはこちら





同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

この記事へのトラックバック
魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る

●意見交流の場として掲示板を設置しました。記事の感想や意見、原作ファンからの補足、もちろんアニメの感想 ...
(アニメ感想) 魔法少女まどか☆マギカ 第3話 「もう何も恐くない」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】at 2011年01月26日 16:44
この記事へのコメント
こんばんは。

すごくどうでもいいことですが、CDプレイヤーの元ネタは
ttp://www.yankodesign.com/index.php/2007/08/09/dual-music-player-that-plays-your-mp3-collection-your-cds/
でしょうね。
MP3とCD両方の再生ができるプレイヤーというコンセプトでデザインしたもののようです。
製品化可能だとしてもあまり使う気にはならないですね……
これのSONY CD Walkman版の画像(もちろんフェイクですが)をどこかで見たような記憶もあります。

既にご存知でしたら申し訳ないです。
Posted by poscam at 2011年01月21日 23:02
未来っぽいギミックを適当にでっち上げたのかと思ったら、実在ですか。
インテリアか話の種になるオサレアイテムとしてなら、需要もあり得るのかなあ?

情報どうもです。
Posted by snow-windsnow-wind at 2011年01月23日 00:18
突然ですがこの本のレビューをお願いしてもいいですか?
声優の水樹奈々さんのエッセイです
http://www.amazon.co.jp/dp/4344019369
よろしくお願いします
Posted by takahashi at 2011年01月23日 20:49
やっと三話見れましたが……
マミさんまさかの退場……
いや、契約で不死ていう線も捨てきれぬが……
Posted by かがみん at 2011年01月26日 16:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。