2011年02月02日

アニメ版「LEVEL E」 第4話 感想

レベルE 1 [DVD]
レベルE 1 [DVD]



前話までの感想はこちら

一部の設定変更以外大満足のレベルEは、放映が危ぶまれていた食人鬼編へ。



ただ、やっぱりかなり規制がかかっていますね。初見だと、これ何のシーンだか解らない気が。
原作の、「残ったジャージをちょっと迷った後食べてしまう」と言う人間くさい動作が、ゾクッとして好きだっただけに。あのシーンは、後半の「人に化ける奴には騙される」と言う話が出た時に読者の心にフラッシュバックする、効果的な演出だったと思うんですよ。


ただ、「体液全部吸い取って」のセリフが残っているので、DVDでは規制解除されているのかもしれませんね。それだと、ちょっと欲しいかも。


それにしても、原作既読者ならどう演出するか興味津々だった今回ですが、この絵柄、本当に良いですね。作品のヒリ付くような圧迫感を効果的に高めるダークなホラー・劇画調が、見事に描かれています。これがああ反転するわけですから、やっぱりこの頃の冨樫は天才に間違いないです。(いや、今も本気出したら、絶対同水準の物を創って来ると信じてますが)


一方、ここでもまた不思議な設定変更が。彼らは、原作では中学生だったはずです。ですが、「第一学年」となっていることから解るとおり、ここでは高校生の模様。後から、「一緒の大学行くって言った」などと言うセリフも出てきますし。
しかし、「悪ガキ」と言う冒頭の説明からも解るとおり、あれは思春期舞台のジュブナイル物のセオリーに則った物。(70年代辺りのSF作品のオマージュ)そもそも、不安定な心とホラーの相性や、異常な事態に遭遇した時に面白い(「物語」になる)反応ができるという意味で、中学生が最適なわけです。どうして変えてしまったのか不明。


一方で安吾さんは、明らかにヤク中のヒッピーになっており、原作より危ない感じ。こちらの方が、余程規制に引っかかりそうなんですけどね。この辺の基準は、本当に良く解りません。


でも、繰り返しますが、本当に今回絵が良いです。物語の小道具という意味では、まどか☆マギカの魔女空間より、遙かにマッチしています。(あっちの作品は、日常描写こそがむしろ不安演出に長けてますね)
原作ではやや劇画調程度だったのですが、影の付け方や背景など、ホラー漫画準拠の描き込みを選んだスタッフのアレンジは、素晴らしいと思います。


先生が伊頭さんにしか見えないアレンジをされてるのは、多分ギャグでしょうが。
オチを知っている私は、勿論笑わせていただきましたよ。


今回は前回と違い、話の切り方も原作どおりで、とても綺麗にパーツがはまっています。元々ホラー映画、つまり映像作品を意識したコマ割で作られていた回ですから、いじる必要はほとんど無いのですよね。


ただ、「ボンビー徳政令カード買ってこいよ」がパロディ画面になっていたり、アニメならではの表現変換は当然あり。逆にあのセリフは、そのままだと引っかかるんでしょうかね?

一方で、先生のセリフ大幅カットとかは、意図の解らない改変でしょうかね。あの「近すぎて誰も気づかない」は、先生の親が遭遇した事件との対比でこそ意味があるのに。あと、原作でも犯人解った「ぜ」でしたっけ?解った「よ」だったと記憶してるのですが。


ですが、日本の誇る職人・声優さんの熱演で描かれる証言のシーンで、全て気にならなくなります。いやあ、凄いですね。オチを知っていてなお、強く心を動かされます。

またここでは、弟が引き起こした事件は先生がめくるファイルの中にちらりと見えるだけですが、上手い処理でしょう。あの少年のセリフだけで、実際の事件の説明よりも雄弁に置かれた状況を示していますし。


で、オチも漫画からゲーム(多分端末アプリのノベルゲー)になっていますが、これは上手い処理ですよね。原作が漫画でやったからオチも漫画だったのであって、アニメなら自然なのはこれになります。選択肢なさげですが、ひぐらしメソッドで問題無いでしょうし、正に時代の変化ですね。
クラフト隊長の「もうデバッグしなくて良いわけですか」も、原作の「もうベタ塗らなくて」よりも苦労人度がアップしていて素敵。あと、原作にない二段オチが付け加えられていますが、これはまああって悪くないかなと。一応彼は一番登場の多いキャラでしたし、野球編までご無沙汰するよりも顔見せシーンがあった方が良いでしょう。王子の迷惑度も上がりますし、有りだと思います。

そして、次回は原作どおり(でしたよね?)カラーレンジャー。彼らの話は息抜き的な内容なのですが、ドラクエネタやRPGツクールネタをどう処理するのか、ちょっと興味があったり。
王子の設定変更がなければ、今回のゲームネタももっと活きたと思うんですけどね。



その他、「LEVEL E」関係のエントリーはこちら





同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

この記事へのコメント
>一方で、先生のセリフ大幅カットとかは、意図の解らない改変でしょうかね

これは原作で2話の話を1話に纏めてるので尺の都合上仕方ないかと。
私も原作既読ですがかなり上手く纏めてたと思いますよ。
Posted by aaa at 2011年02月03日 13:38
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。