2011年03月09日

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 感想2 (クリア)

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生

感想1はこちら

見事に引き込まれたダンガンロンパですが、色々な時間を削り取り、何とかクリアしました。

いやあ、面白かった!
デフォルメ化して描写の労力を省きつつ、その中できちんと立てられているキャラクター達。
お約束とセオリー外しを上手く混在させたシナリオ展開。
色々と詰めが甘いものの、勢いを殺さず雰囲気を盛り上げる各種システム。

PSPのゲームで、一番面白かったかもしれません。まあ、モンハンが肌に合わなかったせいで、私のPSPはほとんど稼働していないのですけれどね。

さて、そう言った素晴らしい作品なのですが、やはり欠点も見えてきます。と言っても、2点のみ。

1,ゲーム部分の精度が甘い。
2,一本道はもったいなさ過ぎる!

まず、推理ものの宿命と言えるかもしれませんが、ゲームとして詰めが甘いです。難易度最高にしても謎解きが楽なのは別に良いのですが、問題は選択肢の精査。表題にもなっているダンガンでのロンパ場面で、「正解以外にも正解がある」状況が、多々見られるのです。「この情報はこの発言と矛盾し、あの伏線と合わせれば論破できる!」と思って選んでも、なぜか弾かれる。で、直後に考えたのと同じ論理経路で推理が展開される場面が来たりする。これは以上にストレスのたまる場面はありません。
大体、「○○の設計図」と「○○そのもの」の二つの選択肢があり、衝くべき矛盾が「○○の構造上の問題」である際の正解が後者だけとか、どう考えてもおかしいでしょ?

まあ、パーフェクトを取ることに意味のあるゲームではないので、致命的ではないのですが。

そもそも、推理物はゲームにするのが難しいんですよね。誘導の多寡もそうですが、主人公の行動をどの程度賢明にするかとかも。一番柔軟性の高いはずのTRPGでさえ(むしろ、だからこそ)推理物は鬼門とされてますし。


そしてもう一点の、「一本道はもったいなさ過ぎる」と言う部分。
キャラクター達が上手く立っており、またシチュエーション自体が様々な展開を許す内容だけに、一本道で二週目の変化もないのはもったいなさ過ぎます。キラー・クイーン(またはひぐらし/うみねこ)みたいな複数シナリオせいでも、選択肢による分岐型でも、とにかくもっとあの世界に浸らせて欲しかった。
特に、抽象的に言うと、不二咲千尋の出番を求める私の欲望は昇華されないまま鬱屈しており、さらに具体的に言うと、不二咲千尋を落とせるルートが無いというのは、制作者の怠慢と断言できるわけです。
クソ、冬コミ前にプレイしておけば、薄い本を買いあされたのに!!

と言う、本気と書いてマジと読む話は置いておくにしても、各キャラクター色々と設定や個性がつけられているだけに、シナリオ一回で済ませてしまうのは、あまりに勿体ない。体験版と本編では犠牲者が違ったりするらしいですが、それこそ複数ルートとして本編に実装して欲しかった。

いや、解るんですよ。これどう考えても大ヒットする企画じゃないし、複数ルートを可能にする予算がなかったって事は。でも何というか、「凄く良くできたゴルフゲームなのに、コースが9ホールしかない」みたいなガッカリ感が半端無いのです。

キャストや人物配置の妙など、続編を作っても中々再現できないであろう事は容易に想像が付く(あえて類型的なキャラを省力化の手段として使っているので、「期待の続編」になると無駄に凝ったキャラや設定を作り、自滅することが予想される。ラピュタのフォロワーは要素を加えすぎて失敗するみたいな話)ので、ルート分岐を実装した完全版とかが出てくれると嬉しいなあ、と思います。

勿論、これだけ面白い物を作れたチームに、完全版制作みたいな仕事を振ってしまうのは、勿体ない話ではあるんですが……


逆を言えば、問題点はこれくらい。細かいところで、主人公の行動に違和感があったりもしましたが、概ねスルーできる程度。
あ、意に沿わない選択肢を選ぶまで無限ループする場面だけは、PSPを壁に叩き付けたくなるので、勘弁して欲しかったですが。強制進行なら、最初から選択肢なんか表示するなと。あそこだけは、主人公とのシンクロ率が大幅低下し、一瞬プレイ続行意欲が8割減になってしまいました。


何にせよ、凄く面白いゲームなので、AVGが嫌いでなければ、やって見て損はないと思います。ドラえもん声の邪悪なクマを見ているだけでも、十二分に元を取った気分になれますし。



その他、ゲーム関係エントリーはこちら






同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

この記事へのコメント
おお、クリアされましたか!早いですね、おめでとうございます。
賛同できる部分が実に多いです。

・推理部分が甘い ・が、これ以上作り込んでバランスを取るのが難しい
・・・逆転裁判に代表される難点ですね。(むしろダンガンロンパが後継作品ですが)謎よりむしろ「作者の解かせ方」を推理するというか。
漫画のコマ埋めはコマのサイズを拡大してほしかった。

・一本道はもったいない
私も別ルートがほしかったです。セレスとかセレスとか一人目犠牲者とかセレスとか!
ただ、続編を作れるようにはなっていますが・・・「実は今回死んだキャラが生きていた」となったら盛り下がる気が。ありそうですけど
>凄く良くできたゴルフゲームなのに、コースが9ホールしかない
納得です。ただ、「腹八分目」ともいいますし、これはこれでありかな、と自分に言い聞かせました。デザート代わりはフルオープンで。
Posted by Aruzya at 2011年03月10日 22:17
中々時間は取りにくかったんですが、一回始めるとやめられなかったもので。ああ、睡眠時間……

モノクマとシチュエーションは再利用できるように見えますが、キャラや推理のネタでパターンや横紙破りをかなり使ってしまったので、続編は結構厳しい気がします。
でも、逆転裁判があれだけ続けられているなら、何とかなるのかな?

それにしても、spikeは本当に安定しないというか、ブランドが(良い意味でも悪い意味でも)当てにならない。
Posted by snow-windsnow-wind at 2011年03月11日 00:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。