2011年03月01日

アニメ版「LEVEL E」 第8話 感想

レベルE 1 [DVD]
レベルE 1 [DVD]



前話までの感想はこちら

ネタ的には色々やばい物を含んでいるはずが、ちゃんと放映できたのが驚きの、レベルE第8話、女王蜂編です。



元々二話で終わった短い話なので、補完シーンが多くなります。まずは、ミキヒサ君と彼女のラブラブ模様から。裏を知っているこちらとしては、両者の態度・言葉のニュアンスの違いが見えてきて、とても面白いです。ただ、ドッキリレベルとしては、声優さんがいる分アニメだと予想が付いてしまうのが残念ですね。


逆仲人のセリフを演習するために、時期をクリスマスに変えたり、案内コース上に開発地域を組み込んだのは上手い補強。「ロリコンやマザコン……」のセリフの中に、二次元しか愛せない、と言う今日的なネタが入っていたりするのも。
ですが、クラフト隊長のセリフは、もっと淡々とした罵詈雑言の方が、面白かったと思うのですが。基本的に、王子が絡まない限り冷静沈着な人ですし。


サキ王女が、原作通り完璧な仮面を被り続けているだけに。


あとは、ここの改変。コリン君が任務内容も理解しない、ただのアホな三枚目になっているのが一点。(原作読者なら解るとおり、彼は仕事の「できる」男です)そして、クラフト隊長が、これまたただの暴力キャラにされているのがもう一点。
あのホテルラウンジでのセリフ、「旅行は旅行、交尾は交尾」と言う融通の効かなさが、彼の魅力なのですが。後、原作だと、ふられたカップルに感情移入するのがコリン君なんですが……

ついでに、「一目惚れは遺伝子の呼び声」とか、異星人が狙う地球人の遺伝子資源とかのSF設定ネタに至っては、全部消されているのは何故?一目惚れの話が後に回されたのは、求婚シーンを折り返し地点にしたかったからかもしれません。でも、追加シーンが多く組み込まれており、そんな事をせずとも時間的余裕はあったはずなのに。


特に、この辺の意味不明の改変を組み込んでる以上……
何これ?こんなシーン不要でしょ?ドグラ星もマクバク星も、外交的縛りがあって、表だってやり合うことはできない。それが、この話の大前提です。だからこそ、陰険な会話や表立たないさや当てが繰り広げられて王子の活躍の余地も出てくるわけで、こんな三文芝居にされてしまっては興ざめも良い所。
あのタイミングで、ミキヒサ君の伏線が回収されてこそ、追加シーンにも意味が出るでしょうに!


逃亡阻止が失敗したところでこれが判明するのと、これが判明して一安心したところでもう一波乱あるのとでは、物語の完成度がまるで異なってしまいます。

王女が地球語を理解した上でカマトトぶっていた、と言う美味しいポイントも、なぜか改変。だから、作品の根幹でしょ?これはドグラとマクバクの騙し合いの話であって、「恋愛」はむしろ、遺伝子の呼び声としてシステマティックな物と片付けられてるんですよ?

なんか今回は、原作がどこに力点を置いて、どう面白がらせていたかを全然把握せずに、粗雑な改変を加えた、としか見れませんでした。
カラーレンジャー編もそうでしたが、結局極度に完成度の高い原作を、そのままアニメに落とすのは制作者としてプライドが許さず自滅した、と言うパターンでしょうね。


例えば、このシーンの後で、アニメは情報を二回連続でひっくりかえさざるを得なくなっています。それは、あまりに展開としてバタバタしすぎ。そもそもあの無駄に長い逃亡シーンでは、物語としての展開は何もないのですから。
原作の場合、「一目惚れ」「ミキヒサの正体」「王子の悪巧み」と、話をひっくりかえす・展開させるポイントを均等に配置し、とても美しいシナリオラインを作っています。あれだけ綺麗な構造をわざわざ破壊するって言うのは、純粋にセンスがない。

と言うか、この話、一話で綺麗にまとまりますよね?なんで無駄なシーンを入れて、わざわざ二話に分けたんですか?そしてこの流れだと、恐らく人魚姫編辺りが放映されなくなる計算。なんだかなあ……

と言うわけで、今回、と言うかこの話はガッカリでした。食人鬼編があれだけ上手くできていたのに、なんでこうなっちゃうんですかねえ?切れ味の良い短編は、余計な要素が全部切り落とされて面白さの本質だけが詰まっているからこそ、素晴らしい物になるのに。



その他、「LEVEL E」関係のエントリーはこちら






同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。