2011年03月15日

アニメ版「LEVEL E」 第10話 感想

レベルE 1 [DVD]
レベルE 1 [DVD]



前話までの感想はこちら

期待が大きかっただけに、色々と残念な面ばかりが目に付くレベルE、第10話です。いや、どうしても今期はまどかマギカ(感想はこらち)と比べてしまう、と言うのもあるんですが……


と言うわけで、今回は人魚姫編。人魚さんの顔がなんか王子に似ているのは、気のせいでしょうか?
いずれにせよ、美形を描けないのは相変わらずですね。これからラストまでは人間型しか出てこない話になるので、化物描写が上手くても、今までと違って誉めようがありません。


このパステル調の学校描写とか、どうにも外してるんですよねえ。内面とのギャップを狙ったつもりかもしれませんが、キャラクターの描き方が陰を含んだ物になっているので、背景と色調不一致を起こしてしまっています。


人魚さんが自分の心情や設定を全部セリフで説明したのもビックリしましたが、原作は「舌が勝手に動く」じゃなかったはず。
まあ、そのくらいは細かい点なので、別に良いんですが。それを帰る必然性はあったの?と言う、いつものツッコミ以外。


で、この話のキモは、ダークでシリアスな話の中に、カラーレンジャーが綺麗にはまり込んでいる所だったはず。だからこそ、原作は騎兵隊として登場するまで、彼らのスーツ姿は描かれません。
なのに、空気を読まない変身シーンを挿入しちゃうスタッフは、もう……


あげく、わずか5ページで鬼気迫る頭脳戦を描ききった原作を、くっだらねえアクションシーンなんかに差し替えちゃって、まあ……
先生の手助けも、はっきり言って蛇足。この話は、5人が仲直りして最強のクインテットとして敵を倒す話なんですよ。5ページの中で、ちゃんと役割分担して戦ってる事の意味を、どう考えてるんでしょうかね?


何ですか?この子ども騙しは?
ラストシーンも、明らかに不要な清水に手を差し出す横田のシーケンスとか、変なのを追加してましたし。あれは、清水が本音を言うだけで十分で、わざとらしい演出は不要です。と言うか、小学生男子があんな行動取るか!
そのくせ、「みんな、ともだち増えたわよ」は削っていたりとか。だから、改変するなら改変の必然性を見せて下さいよ。結局、最高クラスの原作をいじり回して変な傷をつけてるだけじゃないですか。
本当、食人鬼編なんかは上手く料理してたのになあ。

次回はバス消失編みたいですけど、これまた料理が難しいネタ。ただ、もう絶対そのままアニメにしても意味不明な事になるので、開き直って解答までオリジナルで描き込めば、面白く仕上がるんじゃないかと思います。
あと、「ただの近所の可哀想な子だ」は、ちゃんと再現してくれるみたいですし。
とりあえず、最終話までは付き合いますけどね。最後の二話とか、大好きですし……



その他、「LEVEL E」関係のエントリーはこちら






同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。