2011年03月26日

原発問題について

原発報道については、当初電力不足以外の点では、割と冷めた目で見ていました。
実際問題マイクロシーベルト単位では一生そのままでも問題はまず起きてこないし、停止自体ができていれば、極端に大きな問題にはならないと思っていたからです。絶対防衛ラインであるECCSがあんな簡単に止まったのは、大問題ってレベルじゃないだろうと思いましたが、あの時点では「一つ間違ったら大惨事だったが、今回は良い教訓」と言う見方でしたし。

まあ、念のため、一報直後にヨウ化カリウム内服薬が手に入るか調べてみたりはしましたが。ちなみに、メーカー直送になるので時間がかかると解り、諦めました。あの時注文を出しておけば、転売で儲けられたか……

ところが、発表・報道の「冷静に対応して下さい」が、途中から明らかにおかしな方向に変わってきました。

特に問題なのは、原発の被害が当初の予想以上に酷かったという点です。

この点に関して、東電とそれをオウム返しするしか脳のない政府・マスコミは「想定外の事態」だと繰り返しています。新聞記事でもテレビでも「飛行機が激突するのと同様に、このような可能性の低い事態は想定に入れていない」と言うフレーズを、目/耳にした方も多いかと。

しかし、これは嘘です。この災害は、「可能性の低い」ものではありません。
何も、難しいことを言うつもりはありません。極めて単純な確率計算です。

M9クラスの地震が1000年に一度の災害だ、と言う想定を受け容れるとします。
しかし、原発の運転期間を40年と仮定すれば、これの遭遇率は4%(※)も存在します。勿論特定一基の原発に被害をもたらす場所で発生するとは限りませんが、原発は日本中の海岸にあるので、発生したら「どこかの」原発が影響圏内と考えるのが当然です。

※ 3/30追記
何故かアップ時は、「2.5%」と書かれていました。どんな算数だ……
多分、4%と1/25が混ざったのでしょう。お恥ずかしい限りです。


10mを越える津波も、数十年に一回の割で発生しています。福島に隣接する三陸地方ほどではないにせよ、この弧状列島に津波フリーの海岸など存在しません。

と言うか、「想定外」と言う言葉が免罪符になると思っているのだとしたら、ちょっと待てとしか言いようがありません。確率が極めて低い事象が発生した(巨大隕石が原発を直撃するとか)ならともかく、今回の場合は単に「リスク管理が杜撰で、想定すべき物を想定していなかった」というだけですよね?
これを、問題の矮小化と言わずしてどうするのか?原発政策を続けるとしても、膿を出し切って体制を一新する必要があるのは間違いないでしょう。最低でも、安全基準を作った官僚と御用学者どもを、法的に血祭りに上げて、干されてきた人材を後任に据えるのは絶対ですね。


あとは、「微量」「すぐに影響はない」という部分。確かにほうれん草や牛乳”単品”なら、恒常的にあの数値でもそこまで大きな問題にはなりません。しかし、ほうれん草が汚染されているなら他の物にも汚染は出るし、水や土壌に至っては言わずもがなです。さらに海洋汚染では、生物濃縮という問題が特に大きくなります。つい先日水俣訴訟が決着したばかりなのに、思いつかなかったとは言わせません。
また、問題はこの状況が短く見積もっても数ヶ月続くと言う事なのに、「ただちに」危険が出ないと言うことに何の意味があるのか?圧力容器はまだ無事だと思うんですが細管はズタズタで、冷却水は漏れ続け、被害をまき散らし続ける。

つまり、発表されている内容は嘘ではないし、大慌てで逃げるような状況でない(原発近郊を除いて)のは間違いないが、明らかにリスクを低く見せるために誤魔化しを行っている状態です。QBさんほど外道な詐欺ではないですが、未確認戦果まで全部合算して空母19隻撃沈とか叫んだ大本営発表と、本質的には変わらないんじゃないかと。

パニックを恐れているのかもしれませんが、こう言う場合「最悪の想定」を先に言っておいて、その後「そこまで行っていない」「○○は上手くいった」と言う風に発表していった方が、傷は浅くなります。想定にびびって疎開する人間がいるなら、どんどんそうして貰えば良いんです。関東の電力消費が落ちるし、どうせ会社も工場もしばらく稼働率が落ちるんですから。疎開先で金を使ってもらった方が、関東で引きこもって震えてるより余程良い。数ヶ月なら、長目のバカンスみたいなもんです。


それにしても、なんで民主党政権が、「想定外」と言う東電・保安院の言い訳を擁護してるんですかねえ?少なくとも旧社会党(民主党の母体の半分)は、原発の安全基準が骨抜きになっているのを、散々批判していたと記憶しているんですが……
あれだけ批判していた情報収集衛星の役立たずぶりをここで暴かない(機密と言い張って、導入時に予定していた災害利用すら拒否している)事といい、今次政権交代の結末について、色々思わずには居られません。しないよりマシだったのは、確かなんですが……(一時的にせよ、止まってくれたやばい法案が複数あるので)


隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ
隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ
↑やっぱり、このタイミングだと売り切れてますね。著者は、専門家として原発反対の立場を取っている珍しい人。「買ってはいけない」みたいなアレ系書籍が乱舞する類書の中では、圧倒的にまともな一品なので、図書館ででもどうぞ。




その他の社会関連エントリーはこちら





同じカテゴリー(社会)の記事
 ふざけないでいただきたい/オリンピック盗用ロゴの擁護について (2015-09-07 23:00)
 色々面倒くさい憲法9条の話 (2013-01-05 20:00)
 あっはっは! (2012-06-27 22:00)
 この国、政治的に詰んだって事ですよね (2012-06-26 22:00)
 著作権が守る物/行政の公開情報を引用して逮捕と言う麗しき世界 (2012-04-17 22:00)
 誰が為の公共性/アレフ施設へのガス供給工事不許可適法判決 (2012-03-15 20:00)

この記事へのコメント
どうやら貞観地震に耐えられるということになっていたそうです。

http://www.asahi.com/national/update/0402/TKY201104010552.html

「今回の震災は一万年に一度クラスで想定外」というつもりのようです。
Posted by D at 2011年05月07日 16:29
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。