2011年03月30日

アニメ版「LEVEL E」 第12話 感想

レベルE 1 [DVD]
レベルE 1 [DVD]



前話までの感想はこちら

すっかり敗戦処理の心境で視聴しているレベルEですが、今回は王子結婚編。原作は話の落とし方が最高だったわけですが、ま~たろくでもない形になるんだろうなあ、と諦めムードで視聴開始です。



初っ端から、全然美人じゃない王女にガッカリ。確かに彼女は気持ち悪い雰囲気を出す必要があるのですが、これじゃただのBUSAIKUじゃないですか。
例によって、宇宙船のデザインなんかは結構面白いのですが、この話ってそう言う部分強調しても楽しくないしなあ。

あと、なんで一番最初のクラフト隊長のモノローグを抜いちゃったんですか?あれは、いの一番に提示しなくてはならない前提条件です。アニメは代わりに王子の「許嫁と弟に追われている」と言う部分を強調していますが、そこはサブなのです。クラフト隊長すら王子に協力して逃亡を助けている、と言うのが今までの作品の前提を覆すポイントで、許嫁云々はそこを説明する要素なのですから。


これもねえ。保守的な弟は、間違っても宇宙人デバイスをおおっぴらに乗り回したりはしません。また、あそこで地球のヘリコプターが出てくる所が、逆に笑い所なのに。大体、宇宙デバイスにするならするで、なんでマイクだけ現地デバイスのままなのか?
そう言えば、国歌演奏を「以下略」で切ったり、「どっかの政治団体か?」と言う野次馬の実は当たってるセリフなども、カットされてますね。全く……


「日本語お上手ですね」
「あの方の好きな地方言語だと聞いたので、必死で勉強しました」

その設定(王子の日本好き)、無くなったんじゃなかったのかよ?って言うか、ここで使うならそもそもなんで設定変えたんだよ!?
酷い。本当に酷い。精緻に張り巡らされた設定の糸を、全体のバランスも考えずに思いつきで切り刻むから、こう言うことになるんですよ。

で、流れるように話が進んで衝撃のラストへと雪崩れ込んでいった原作と違い、なんか変なシーンを追加しつつダラダラ引き伸ばすアニメ版。コリンの裏切り設定もなく、意味不明の艦隊封鎖シーン追加とか、本当に何がしたいんでしょうか?
この話は、王子の結婚を巡る両者の化かし合いの話であって、そこに仰々しい大道具は要らないのです。


コリンの心情とか、本当に邪魔。
レベルEは、アイデア命のSF短編です。余計な要素を切り落とし、核となるトリックと物語の切れ味で勝負する、本物の秀作です。それに余計な要素を突っ込むのは、ラピュタを真似てもフラクタルにしかならないアレな才能の監督と変わりません。

王女の心とかもね、要らないんですよ。全く。王女というキャラクターは、「あの馬鹿王子に惚れ込んでしまった、もう一人の歪んだ天才」であって、それ以上でも以下でもありません。それ以外を切り捨てることで、物語のピースとして完璧に機能させているのです。
なんで、極めて完成度の高い料理に、化学調味料をぶちまけるような真似をするのですか?

そして、まさかの2話構成。どう見ても、追加されたシーンが邪魔なだけです。
本当に酷いところに到達しましたねえ…… あんなに切れ味鋭い、無駄の無い作品だったのに。



その他、「LEVEL E」関係のエントリーはこちら






同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。