2011年04月14日

アニメ版「シュタインズ・ゲート」 第2話 感想

STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray]
STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray]



原作(ゲーム版)と前話までの感想はこちら

駆け足ながらも上手く原作の雰囲気を出していたSteins;Gateの、第二話です。


冒頭ですが、いきなり混乱してクリスに詰め寄るオカリンから。これ、原作をやっている私などは状況を把握していますが、未プレイ者用にもう少し「ため」を作った方が良かったのでは?
オカリンがクリスに詰め寄る前に一旦カメラを止めて、刺されたクリスのフラッシュバックを挟むとか。
「鳳凰院凶馬だ!」のセリフでオープニングに入るのも、ちょっと違和感。確かにクリスに対して名乗ってはいましたが、このタイミングで強調するセリフでは無いと思うのですが。

そもそも、前回の引きは「メールが過去に送られている!?」だったわけで、そこをスルーしてしまうのには違和感。


さて、気を取り直して本編です。
クリスが論文を発表した雑誌は、「Sciency」と判明。つまりは、Science のパロですね。Nature じゃない辺りが、微妙にリアル。原作で彼女が何のスペシャリストだったか記憶にないのですが、どのみち時間系が専門でないのは一緒。


そして原作において、既存のタイムマシン理論がクリスに全て「現実的ではない」と論破されるシーンは、軽い回想カットインのみで省略。確かに、これはアニメとしては上手い処理だと思います。設定上、Dメール以外のタイムマシンを不可能と断じておくという以上の意味のないシーンですから。
ただ、既存のタイムマシン理論とその無茶な部分を逐一指摘していく流れは、アニメで映像を使えば凄く解りやすく面白くできただろうと思うだけに、ちょっと残念。ブラックホールを通り抜けられるエキゾチック物質とか、映像で見せて欲しかった。


ルカ子は原作では今一微妙なんですが、これまたまゆしい同様凄く可愛く描かれています。赤らめた顔が良いですね。
もっとも、ルカ子が「微妙」になっている最大の要因は、個別エンドの残念さ(オカリンが一言「お前が○でもいい!」と言えば、他人を犠牲にする時間改変など必要無い)だったので、むしろそこのアニメ化改良に期待しましょう。


また、原作にない良さとして、見慣れた秋葉の裏町が綺麗に見える、どこか懐かしい風景描写が上げられます。確かにあの辺は、昭和の気配を色濃く残した古目の町並みなんですよね。


ミスター・ブラウンのエプロンは、原作が「ブラウン管萌え」で、アニメだと「I♥CRT」。確かに、「ブラウン管工房」の名前と被らないアニメ版の方が、ニヤリとできる感じです。
鈴羽の伏線追加と言い、やっぱり2期使えるのが前提だと色々贅沢に使えるようです。第一話のバタバタは、立ち上がりと言う事で仕方のない所だったんでしょうかね。
でも、会話のテンポが速過ぎて演出を損なってるのは、今回も一緒。マシにはなってると思うんですが。


あと、こう言う小ネタを出せるのもアニメならではですかね。あんまり、2chぽく無いなあと思ったら、スレッドの表示などもむしろSNSサイトに近い構成。これは、ちょっとどうなんでしょうね?ダルの2chスラングなどはそのままなのですから、2chとにスポンサーになって貰って、そのまま再現するくらいのことはしても良かったのでは?

世界線の描写など、結構気合が入っているのに「分岐するんです」のセリフに合わせて画面はなぜか分岐しないとか、画竜点睛を欠く感じ。


それにしても、フェイリスうぜぇぇぇぇぇ!!
いや、原作通りなんですが、ここまでアレになるとは。個別エンディングは一番納得のいく物だったので期待していますが、しばらく耐える必要がありそう。口調が変われば、一気に化けると思います。


うざいと言えばこいつですが、まあ、こいつはね…… ヒロインじゃないし。

全般的に原作ファン向けという感じですが、その線できちんと作られているという印象。オカリンがきちんと大学の研究室で実験をしていたり、ゲームの補完となるような描写も嬉しいところです。
今回はクリス登場で話が終わりましたが、次から一気に動き出しますね。最初のリープは未だ先ですが、助手が会話に加わると日常シーンの面白さが倍率ドンですし、期待期待。

うん、このクオリティなら、2クール全部視聴決定です。来週を楽しみに待つとしましょう。



その他、「Steins;Gate」関係のエントリーはこちら






同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。