2011年04月26日

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 配信版第14話 感想



俺の妹がこんなに可愛いわけがない 5(完全生産限定版) [Blu-ray]
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 5(完全生産限定版) [Blu-ray]

↑DVD/Blu-ray第五巻は、タイミングを合わせて明日発売。のわりに、AMAZONでパッケージ画像が登録されていない(26日現在、1巻と同じ汎用画像)のは何故なんでしょう?6巻の方はされてるのに。


小説版の感想はこちら


「ずっと黒猫のターン」こと原作5巻の内容をなぞる配信版は、14話へ。副題は、「俺の後輩がこんなに可愛いわけがない」です。珍しく、ド直球ストレートな反語。原作公開時、「このまま桐乃が出てこない方が良いんじゃないか」と散々言われた、あの辺の話になります。

あ、そうそう。ニコニコ動画の公開アドレスは、ここね。礼儀としてリンク。


でまあ、今回もヒロイン(笑)様の出番は本編にはありませんので、また変更されたオープニングでのファッションショー追加が、唯一の見せ場となっております。


まあ、こっちの、抱きつかれてうっとりしてるあやせと、どん引き加奈子の組み合わせも、捨てがたい物がありますが。

なお、OPラストカットで、桐乃の椅子に座る黒猫の後ろ姿もまた良し。制服で区別しないと、あやせと見分けが付かないけど!


この、後輩が何やってるか解った上で全く突っ込まずに会話を続行できるスキル!さすが、リア充主人公様は格が違います。あとから突っ込む時も、嫌悪するのでも変に共感してみせるでも無く、自然体で接し続けてますし、そりゃもてるよこいつ!
と言うか、あれだけの人間関係調整能力があれば、普通に管理職が向いてますよね。彼が読むべきは、アルゴリズムの入門書じゃなく…… ドラッガー!?

まあ、雇われなのに変に感化されて、経営者感覚(笑)で社畜道を極めにかかるアレな人達に比べたら、毎日が危機管理状態の京介の方が読むに相応しい気はします。


で、瀬菜が痛可愛さをアピールしたところで、真の 痛い子 ヒロインである黒猫にスポット移動。手の仕草とか、アニメでの補完が良いですねえ。

ただ、ここで京介がトチ狂ってエロゲーを作ろうと言い出すのは、ダメワナビにして人生崩壊まっしぐらの壊れキャラ、フェイトさんのアドヴァイス(?)があったからです。しかし、例の第8話のふざけた改変(感想はこちら)のせいで彼女の存在は消されてしまっており、結果として話の展開が唐突に。
あの名言「私の年収は53万です」が無くなっていたり、本当に勿体ない。Blu-rayで8話は作り直してくれるんじゃないかとも期待していたのですが、これは望み薄ですねえ。本当に、素晴らしいアニメ化なのに、あれのせいで!


で、ここ。ここ重要ですから!
視聴者の需要と共感を促す弱点の提示。痛い子を痛いと罵っていいのは画面の外だけであって、画面内では痛い子が痛いまま幸せであって欲しい。そんな身勝手な(当たり前だ、幻想なんだから!)視聴者の心に火をつける、アピールポイントです。

一人で食べる弁当は本当に不味いので心がささくれ立ちますが、京介も無責任だと思うんですよね。一週間くらい黒猫を毎日誘って、部室で昼食を摂る習慣をつけさせれば、それで解決するはずなのですから。


で、痛さの真骨頂である電話帳設定資料と、「やりたいことをやるんだよFUCK!」と言う宣言ですが、これもまた本来は、8話で改変された話を下敷きにした内容なんですよね。桐乃への嫉妬と敗北感と、それを踏まえてもなお最高の友情がせめぎ合う、桐乃の周辺の人々が抱く葛藤の真骨頂です。
……しっかし、オナニーオナニー口走るこのセリフ、音声有りで聞くと脳にキますね。


一方、あのセリフをそのままにしたのに、何故瀬菜のゲームのアレなシーンは、もっと露骨に映像化しなかったんでしょうか?ヤバイ部分は、湯気さんで隠せばいいんですよ。で、「ひょっとしてこれ、Blu-rayで取れちまうのか!?」と購入予定者を戦慄させるとか。それくらいやっても良かったと思います。
それにしても、やっぱいいですねえ、赤城兄妹。


で、無事ハッピーエンドとなるのですが、作中描写だと黒猫のゲームを完成させただけの模様。しかし、原作では瀬菜のRPG要素が付加されているはずで、アニメ背景のホワイトボードの作品名も瀬菜のRPGの物です。この辺のちぐはぐさは何なのでしょうかね?

まあ、特に重要なポイントではないので、それで良いのですが。

ところで、エンディングテーマは2話続けて黒猫か、と思っていたら、京介との合唱なのですね。歌詞からすると、マスケラの主題歌という設定ですかね?だとしたら、カラオケでノリノリで歌う黒猫と、つきあわされている京介、と言った感じでしょうか?


で、今話は原作+αのオチを付けて終了。ワーストゲーム発表するようなコンテストに、応募が集まるかはかなり疑問ですが、一コマでオチを付けるための手段としてはありでしょう。
さて、次話が原作5巻ラストエピソードで、恐らくそこで配信は終了となるのでしょうね。もし2期があるとしても、原作ストック的にやるのはあと2~3巻出てからになるでしょう。本当は、原作は次巻とその次くらいで話が畳めれば理想的なのでしょうが、ラノベは人気でると終われませんからねえ。不幸なことに……

とにかく、次はまた一月後でしょうか。ラストエピソードは黒猫のターン終了のお知らせなので、正直一段落ちる印象なのですが、まあ待つとしましょう。




当blog内、その他の「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」関連エントリーはこちら







同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。