2011年05月04日

期待したんだけどなあ……/「大帝国」感想


大帝国 初回予約特典主要五カ国キャラクターポスター付き
大帝国 初回予約特典主要五カ国キャラクターポスター付き


観光産業で食っているここ北の大地は、GWと言うのに閑散としています。観光地や繁華街に精々普段の週末程度しか人がいない上に、観光客目当ての高価格帯飲食店は閑古鳥。そもそも、開けるだけ無駄と休業してしまっている店も結構あったりします。国内旅行が増えたという話も聞きますが、多分みんな近場で済ませてるんでしょうね。
買い物をしたら、「がんばろう北海道」というキャンペーンの紙を貰って、笑えない物を感じましたよ。

まあ、かく言う私も引きこもってゲームやってるわけですが。だって、遊びに帰ろうかと思った東京は、まだゴタゴタしてるって言うんで。

てなわけで、アリスソフトの大帝国です。実はこのシリーズは鬼畜王ランス以来だったりしますが、REWRITEが延びてしまったので、チョイスしました。

で、クリアしたのですが、どうにも眉を寄せざるを得ないできでした。勿論、ダメなところばかりではないのですが、とりあえず順番に。


まず、NODVDで起動できるのは、相変わらずとてもありがたいです。いつも言っているとおり、違法ユーザーはどうせ即解除するので、CD認証など正規ユーザーの足かせにしかなりません。
ドライブがギュルギュル言うのを聞かなくて済む/NODVDパッチさがして余計な時間を使う必要がないのは、本当にありがたいです。

一方、でかい箱の中身が設定資料だけで、マニュアルはデータというのにちょっと混乱したり。いや、良い割りきりだとは思うんですけどね。


さて、その辺の「ゲーム以外」の部分は以上として、内容面です。とりあえず、システムとシナリオに分けて感想を述べてみます。

1,システム
一言で言うと、「不毛な詰め将棋」です。
出撃数や戦域配置数がギチギチに詰められている上に、攻撃の属性や素早さ(索敵値)などが極めて重要で、「戦闘開始時点で勝てる手が存在しない」状態が普通です。
しかも、勝敗判定が「一定以上の戦果を上げないと、ゲームオーバー(攻撃時)または星系失陥(防御時)」と言う理不尽な内容の上に、敵の編制を見てから味方の編制を変えたり、戦闘が終わった戦域から別の戦域への移動がなぜか不可。となれば取るべき手は、「攻め込んで敵のデータをメモったあとリセット」、「ランダムイベントが理不尽な場所で発生したらリセット」が基本になります。って言うか、そうしないと勝てません。
別に自分でリセット押さなくても、攻め入った星系を落とせなければ即ゲームオーバーなので、同じ事です。(撤退?そんな概念はありません)

結局、「艦隊編制で上手く敵を攻略する」と言うよりも、「毎回の戦闘に合わせて特化編制を行い毎回組換える」と言う物にならざるを得ません。はっきり言って面倒な上、やって居るのはハメコンボを組むこと(バリア艦&潜水艦コンボが中盤の基本、爆速空母艦隊が後半の基本)に他ならないので、達成感も薄いです。先手を取って敵を倒すために、チマチマ索敵値と攻撃力を調整していると、スペースオペラの艦隊司令と言うよりも、分銅をつまんで測りで金属の比重を調べてるような気分になってきます。

上でちょっと触れたランダムイベントも、後半は常に発生し続け、勢力圏の内側でゲリラだの反乱軍だのが暴れ続けて、鬱陶しいことこの上ありません。

そして、最後の止めとなるのが、「艦艇が破損している艦隊は攻撃への参加不可」、「艦艇が破損している艦隊は再編成不可」と言う、唖然とする仕様。
つまり、旧式化した艦隊が傷つくと、整備完了まで再編成もできず、その間に攻撃を受けるとさらに…… と言うスパイラルが発生するのです。また、整備が完了することには再編成予定を忘れていたりするので、段々艦隊管理が破綻していきます。って言うか、この仕様必要だったんでしょうか?ゲーム的に、不便なだけで意味があるとは思えず、悪印象しか感じられませんでした。


2,シナリオ
まず、余りにも自由度が低すぎます。
折角二次大戦をモチーフにしているのに、アメリカと組んで反共十字軍を起こすことも、カテーリンちゃんと組んで世界を赤く染めることも、列島に引きこもって嵐が過ぎ去るのを待つこともできません。一応色々分岐はあるのですが、結局どこの勢力が最後まで残るか、程度の違いでしかありません。
分岐条件も、能動的に選択できると言うよりも、ターンと侵攻状況でよく解らないままフラグが立ち、何となくエンディングへ流れるような感じ。そもそもフラグ管理が滅茶苦茶で、死んだキャラが喋ったり寝返った敵キャラが敵陣営で会話をしていたりと、頭を抱えること多数。
私なんて、ラスボス(と言うか、最後まで残っただけ)がイギリスだったんですが、こちらに寝返ったはずの女王一家がイベントではずっとイギリスを指揮しつづけていて、どうしたもんかとため息を吐きました。
普通に考えれば、途中でアメリカを乗っ取るCOREがラスボスに相応しいはずなのですが、奴ら、中国より弱かったしなあ……

またそもそも、二次大戦という際どい内容を扱うにしては、ネタのポケットもユーモアも、決定的に足りていません。
そもそもこの手の国辱ジョークは、自分の国も含めて平等に蹴っ飛ばしてこそ、面白がれます。2chで良くあるできの悪い改変コピペと、元ネタのアネクドートなどを比べれば一目瞭然でしょう。「沈みかけた客船から乗客を飛び込ませるためのセリフ」と言う、有名なネタが典型ですね。バカにされている各国人が、「確かになあ」と笑えるようになってるわけです。
ところが、大帝国の場合、当時のならず者国家である日本に対しては、なぜかブラックジョークの一つも飛ばされないまま。一方、フランスは平和ぼけでイギリスは腐敗貴族の巣窟、アメリカは財閥の傀儡で中国とソ連は「洒落になってない」虐殺国家です。むしろ、突き抜けすぎたイタリア(国民が豚で総統がバインバインの「ムッチリーニ」)が、一番面白く仕上がっている始末。
大体、ネタにするならするで、中国なら国共内戦、ソ連なら赤軍粛清など、馬鹿なネタに出来そうな物は幾らでもあるはずなのに、使えていません。前者は存在自体消滅、後者は洒落にならないストレートな残虐描写ですもん。

大体、二次大戦キャラ立ちランクで1・2を争うチャーチルがいないとか、ベトナムがイギリス領だとか、本当にあの時代をネタにしたいのか疑問を持つレベルですよ。

特に、面白おかしく茶化すには最適のはずのソ連がガチの虐殺描写連発な一方、ドイツは何やらシリアス真面目に正義面でユダヤ人のユの字も出てこないとか、疑問が尽きません。

と言うわけで、期待に胸膨らませてプレイしたんですが、残念ながら「まあ、値段分は楽しめた、かな?」程度の消極的評価に終わりました。ゲーム性もネタもシナリオも、全般的に練り込みが足りていないように見えるのが残念です。


あ、クリア後のおまけモードについては、戦術レベルの詰め将棋が戦略レベルまで拡張された真のクソモードであり、プレイするなら最適手が解析されてからにした方が良いと思います。

クリアしたら各国が使えるようになると信じて、後半の作業を耐えてきただけに、あれで心が折れましたよ。




その他のPCゲーム関連エントリーは、こちら





同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

この記事へのコメント
もともとアリスソフトのSLGは簡略化しまくった
あくまで「なんちゃって戦略SLG」だったけど、事前情報を見る限り
1歩踏み込んだ本格派っぽく作ってはいたみたいなんですよね

それが作り直したら前作でできてたことまでがそぎ落とされてたのは
やっぱり開発環境から迷走した部分があった可能性を考えてしまいます
クリアしても正直、システム的にはSLG前作の戦国ランスのバージョンアップ版として作るという選択肢はなかったのかなという気持ちが大きかったです
こちらは文句なしでオススメなんで、
ぜひやって比較してみて欲しいとオタクらしく薦めてみます
(キャラとか素材としては大帝国もスゲーいいとこあるとは思いますけど)
Posted by ななしよぅ at 2011年05月04日 23:05
そもそも、戦争即WWⅡという時点で、もう微妙でしょう
他にないんですかね、宇宙艦隊戦でまでやるネタですかね
正直、「昭和の頭で平成の戦を戦う」愚を犯しているな、という印象はぬぐえません

そしてWWⅡといえば「鬼畜米英、日独マンセー、中ソは論外」が定番です
日独の暗黒面を描くことも、米英をポジティブに描くこともありえないのです
描くやつはいないし、描いても買うやつはいないのです
まして中ソなど…
軍ヲタのWWⅡマンセー、日独マンセーは、もはや何とかの一つ覚え、教条主義かドグマの域に達しています
(むしろ「センゴク」や「キングダム」といった一般読者向けのミリタリー風というより戦国風の作品の方が、時代も内容も斬新でキャラも立ってます)

正直、第二次世界大戦風の世界設定をした作品に、日独マンセー以外の何かを期待する方が、期待して「裏切られた」と騒ぐ方が間違っています
日独マンセーな、日独マンセーな作者による、日独マンセーなユーザー限定のジャンルそのものをさっさと「卒業」して、東京へ行った方がよかったのでは?
Posted by 通りすがり at 2011年05月06日 11:33
>ななしよぅ さん
そう。キャラなんかはかなり良いんですよ。ロリコフなんか最高ですし、カテーリン&ミーリャも、やってるのがあんな洒落にならない大虐殺じゃなければ普通に良キャラです。ゾルゲにしたって、教科書を赤く塗って回る(そしてなぜか日本人が赤化する)とか、そう言う方向なら変なしこり無く楽しめるはずなのに。

戦国ランスは良く勧められるんですが、如何せん私、戦国時代苦手なんですよね。機会があればやってみようと思うのですが。


>下の方
「通りすがり」って言うハンドルだけは、レスつける時に凄く面倒なので、やめて欲しいです。NGワードにすると普通の描き込みも弾いちゃうし、使い捨てでいいのでハンドルつけて貰いたいところ。

閑話休題、二次大戦物ってそんな単純じゃないですよ。大戦略だってソ連版があります。現在最も人気のあるWWII物SLGであるHoI2なんて、あなたの描き込み内容に全く当てはまりません。(日本が技術力だけ妙に高すぎたりもしますが、アジアの再現がいい加減なのはいつもの事ですし)

って言うか、私、「裏切られた」なんて書きましたっけ?
Posted by snow-windsnow-wind at 2011年05月06日 21:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。