2011年05月07日

PSP版 ペルソナ2 罪 ファーストインプレッション



ペルソナ2 罪
ペルソナ2 罪


個人的に、ペルソナ2はシリーズ中最も思い入れ深い作品です。失われた過去が徐々に明らかになっていく展開と言い、余りにもあんまりなエンディング(×2)と言い、非常に強い印象を残しています。

と言うわけで、前作のリメイクもそんなには悪くなかった事ですし、購入して数時間プレイ。しかし、その時点で感想は「やっちまった……」という物になりました。

とにかく、プレイアビリティが著しく低いのです。頻発するエンカウンターはもう仕方ないとしても、マップ切り替えやエンカウントの度に「now loading」を見せられ、戦闘の攻撃順入れ替え(今作戦闘の最重要ギミック)のひどいインターフェイスにため息を吐き、飛ばせないセリフや聞こえないセリフ(音量仕様の調整ミス)に怒りを爆発させそうになります。

そもそもキーレスポンスが非常に悪かったり、オリジナルからすら劣化して見える(恐らく、画面特性を考慮せずにベタ移植したため)グラフィックなど、真っ当な商品に仕上げようという気が見えません。「アーカイブスで出すと儲からないから、適当に要素くっつけてフルプライスで売り逃げよう」と言う臭いがプンプンします。

もっとも、わざとオリジナルより不快にしていると思しき場面も多く、首をかしげるのですが。
カジノのテンポ改悪や戦闘インターフェイスの退化を見ると、要はプレイ時間を延長させて中古流れを防ぎたいと言う事なのではないかと思います。ですが、そのために、プレーヤーに不快感を与え、面白さを削り取るのは本末転倒。今の私は、「せめて中古落ちを待つんだった」と言う気分で一杯です。

下手くそなMAD状態のオープニングムービー(実写取り込み・CG・アニメ絵のすりあわせが出来ていない。SEの挿入も同様)とか、戦闘難易度設定がゲームに反映されてない(多分、どれを選んでもEASY)とか、言いたいことは山ほどあるのですが、細かい点はもう良いでしょう。
結局、懐かしいゲームを再体験したいなら、余程古くない限りはオリジナルをプレイしておけ、と言う事なわけです。送料入れても85%も安く買えますしね。

それにしても、本当にがっかりです。完全に耐えられなくなるまでは続けるつもりなのですが、気分転換で入ったカジノがさらにショッパイ仕様でもう泣きそう。あー、もう!



その他、ペルソナの関連エントリーはこちら





同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。