2011年06月30日

アニメ版「シュタインズ・ゲート」 第13話 感想


STEINS;GATE Vol.5【初回限定版】 [Blu-ray]
STEINS;GATE Vol.5 [Blu-ray]

DVD/BLU-rayは、1巻2巻が2話収録、以後3話ずつでと言う変則構成。


原作(ゲーム版)と前話までの感想はこちら

大転換を迎えるも、とても中途半端な所で切られていた、Steins;Gateの第13話「形而上のネクローシス」です。


冒頭は、たっぷり時間をかけて前回ラストの再生。こうして見ても、やっぱり切ってるところおかしいですよ。


そして、オープニングを挟むことなく原作通りのこのシーンへ。ところで、何故鈴羽は自前の拳銃を使わず、わざわざ敵から奪ったのでしょうか?ここは意図の解らないアレンジ。
あと、この展開だと、モアッド・スネーク要らなかった気が。直前になって伏線を張り直すより、消してしまった方が良かったと思います。


そして、原作で一番熱い「跳べよぉぉぉ!」のシーンへ。
しかし、ここまで今話開始から正味3分程度。どう見ても、前回ここまでやっておくべきだったとしか思えません。本当、何なのこれ?
わざわざ今週に回したのに、クリスが何度も「いいの?本当に良いの?」と確認するシーンが無くなっているし、岡部のセリフから「俺の記憶」という内容がカットされています。
前者は、「跳べよぉぉぉ!」に至るタメの部分ですし、後者はセリフの目的語その物です。これを切られているせいで、そして冒頭という変な位置のため、このシーンのパワーは著しく減じています。

ちなみに、オープニングは前半と同じ。
一部で、後半になったらオープニングが変わり、それを強調するための「跳べよぉぉぉ!」延期ではないかと目されていますが、そう言うわけでもありませんでした。
いや本当、これじゃ単に一番の見せ場を下手くそな演出で使い捨てただけじゃないですか。9話のエンディングみたいな気合の入った物を作っておいて、何故肝心なシーンでグダグダなのか?
ある意味、このシーンを楽しみに見続けて来たようなものなわけで、ガッカリです。


さて、こうして物語は転換点を経て後半へと突入します。まずは、まゆりとオカリンの過去シーン。
原作では描かれなかった(描けなかった)中坊オカリンは、なんと正統派の美少年。でも、彼はあの言動と装いがなければ普通のイケメンですから、割と納得できるところです。
でも、あのイケメン姿で人質関連のセリフのシーンが作られると、見事な少女漫画またはハーレクイン状態で、吹き出しそうになったり。凄い!オカリン凄い!!


その後の死に続けるまゆりと無限タイムリープは、原作通りの緊張感。大きな変更点も無く、一方同じシーンを角度を変えて見せたりとアニメならではの演出が効いています。


ただ、転換してしまった世界の中で、今までどおりのノスタルジックなカットが続くのは、ちょっと違和感があったり。岡部がその光景から浮き上がり、異常な事態に放り込まれたことを示す演出としては効いているのですが、異常事態とのメリハリが上手く機能しなくなっている面があります。あれを有効に使うならば、CERNの連中が出てくるシーンは、もっと寒色主体の機械的風景でまとめて、差違を際だたせるのがセオリーだと思うのですが。


一方、原作でやたらと誤解されていた、綯によるまゆり押し出しシーンは、事故であることが解りやすくなってましたね。これは、動きを見せられるアニメならではの改善点です。
でも、音はちゃんと入れるべきだったかと。原作でも強調されてた部分ですし。一瞬、線路の隙間とかで生き延びたのかと思っちゃいましたよ。

で、最大の問題は、前回から変な風に引っ張ったあげく、今話にスピード感が皆無って所だと思うんですよ。
何しろ、丸々一話で、まゆりは3回しか死んでいません。それこそ、数カット毎に画面を切り替えて、岡部の心が折れるまでをここで描いて構わなかったはずです。そうしないと、次の話では、またまゆりの死を繰り返して視聴者をあきさせた上で、異なる流れを見せねばなりません。だから、今回は岡部の心が折れるか、「ひょっとして世界の意志なのでは?」と言う所まで進めておくべきじゃなかったのかと。

原作は、細かな構成よりむしろ、プレイの中断を許さないような強烈な引きで、後半を引っ張っていきました。ただでさえ26話で間延びが懸念されていたアニメ版で、アクセルを踏み込んで構わなくなった後半で、演出がもたつくのは解せません。

これから加速していくと言うつもりかもしれませんが、このままだと、淡々と各キャラのエピソードを回収し、大きな盛り上がりを逃がしたまま何となく終わってしまいそうで不安です。と言うか、現在そうなりつつありますね。とにかく、スピード感と引きの強さを取り戻せるかどうか、それにかかっていると思います。




当BLOG内の、その他、「Steins;Gate」関係のエントリーはこちら






同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

この記事へのコメント
初書き込みです
しっかし原作で屈指の名シーンが軽く流された感が……
いや端折ること自体は否定しませんが、これ未プレイ者にとってはまゆりが撃たれたところのほうがよっぽど印象に残ってるでしょうね
そういう構成にして敢えて外してきたのかもしれませんが、その意図がわかりませんし本当に何なんだろう
さすがにこのシーンを外すことはしないだろうと高をくくってただけにダメージでかいです
Posted by 金麦 at 2011年07月01日 15:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。