2011年07月03日

REWRITE (リライト) 感想 その4 朱音ルート

Rewrite 初回限定版
Rewrite 初回限定版


その他の、リライト関係エントリーはこちら

5週目は、満を持しての朱音ルート!
いやまあ、今までの所小鳥に次いで好きなキャラなんで、無理矢理盛り上げてるだけなんですけどね。

やっぱり、オープニングメッセージにおける、掴みの弱さが致命的な気がするんですよね。ONEの不安を孕んだ短文、KANONの不安をかき立てる誰の物か解らないポエム。そう言ったわくわく感が湧いてきません。何しろ、今時セカイ系全開の「僕には友達が居ない」と言うだけの内容を、ダラダラ長ったらしく語ってくれる代物ですから。
ただ、最初「何も無しかよ」と思っていたのに、後半になってみたら実は、逆に何も提示しない事で断絶を表現していると解ったリトル・バスターズ!の例もあるので、まだ断言は出来ませんが……
あの部分の弱さは、体験版時点で指摘されてたんですよね?情報遮断していたんですが、そう言う評価は不随意に目に入ってました。それを、直す余裕がなかったと見るか、あえてやるだけの理由があると見るか。それは、終わってみてはじめて解る類でしょう。


では、シナリオ内容です。
オカルト捜索が、このルートでは豊富。日常シーンが一番面白くて、テンションが目に見えて上昇していきました。
ただ、ここに来るまで散々マップ探索をやってしまった関係上、捜索のネタを再度発見するのが凄く苦痛。手持ちのネタリストが表示されないという問題も顕在化し、凄く勿体ない事に。七不思議の2番と3番はどこだろう。

それにしても、朱音さんは素晴らしい。合理主義者で破滅主義者で、引きこもり性向のダメ人間。権力志向でクールを気取り、でもいざとなるとグダグダ。伏見つかさが言ってるとおり、これで可愛くないわけ無いじゃないですか!
と言うか、一番ロミオキャラっぽいですよね。これで都乃河さん辺りの担当だったら大笑いですが。
でも、主人公の朱音に対する思いが、依存の二文字で表現できる歪さなのとか、凄くロミオキャラっぽいんですよ。前回言及した弱味つけ込み問題と戦う流れと別に、不健全な関係を不健全なまま貫き通して昇華するシナリオ性向もあり、その一角に田中ロミオがいます。だから、これはこれでアリ。

とまあ、朱音さんが魅力的なので、小鳥が放置気味なのもちはやシナリオに比べれば気になりません。一応、朱音との合流前、優先的に探して筋は通してますし。

一方、明かされるガイア、もとい聖女会の実情は割と酷いですね。Keyのゲームとしてはお約束のネタですが、「メンヘルっぽいなあ」とか思ってたらそのまんまかよ!しまこも、まあ、普通に考えてそうですよね…… 軽度知的障害+てんかんって所ですか。
こうなると、ガイアは明確に悪役になってきますね。結局、社会不適応の人間集団が、適応できないならいっそ、と社会を吹っ飛ばそうとしてるわけですから。正にセカイ系。


一応このシナリオでは、朱音がちはやルートで何故あんなになってしまっていたのかがある程度明かされるのですが、どうも今一。と言うか、あのちはやルートでの壊れ方は、やっぱり要らなかったですよ。理由など告げず、ただ世界を滅ぼしたいと呻いておいてくれれば、好奇心と痛ましさで話を引っ張れたのに。

実際、審判への希望(絶望)を糧に歪んだ形で生きる力を得る人間は、この世界に幾らでも居ます。終末カルトの基本フォーマットですから。そこに、そんなものに惹かれてしまう朱音の弱さは、描くに値する特性。ですが、その表現がちはやルートのアレであったため、何もかもが安くなってしまっているのです。

後、文章がおかしい所がやたらと多かったのは、どう言うことでしょう?直前のシーンがなかったかのような接続語(○○と言うシーン後朱音が立ち直る様子を描いた後、「○○からずっと」とか書かれたり)が使われたり、場面転換が唐突で接続詞もなかったり。つまり、後から文章を追加するつもりが放置されたり、文章を追加したのに前後を修正していなかったりと、時間が足りなかった場合の典型例に見えました。これは一体どう言うことなのでしょう?時間が無かったはずはないのに。

一方、このシナリオは朱音のキャラクターが立っているおかげで、本筋以外の部分に文句はありません。あ、今まででもっとも解りやすい形で「あ、18禁版用のシーン追加予定地点ですね」と言うポイントも設定されてました。

でも、やっぱり何かおかしいのです。実質エピローグに当たる、瑚太朗が西九条先生に喧嘩を売るシーンにしても、非常に唐突。朱音は世界に絶望していましたが、瑚太朗はそうではなかったはず。朱音があの台詞を吐くのは、ちはやルートからの連続で、不自然ではありません。しかし瑚太朗は、そんな組織の中で、人間味を守ろうとする存在として描かれてきました。どうもこの辺、余りに雑です。
何せ、その後ガイアの考えは瑚太朗の考えと違う、と言う話が出たりしますので。

結局このルートは、何らかの理由で手を入れようとして時間が無くなり、お話にバグを抱えたままリリースされてしまったみたいですね。ただ、先生とのシーンにおける瑚太朗の言動だけがおかしいので、何かの伏線かもしれません。でも、伏線なら何らかの違和感の強調をするよなあ。

さて、このシナリオはこれまでと大きく異なり、滅びの歌発動後のパートが非常に長くなっています。そして、そこに入ると、もはや個々人の心理描写などどうでも良くなるカタストロフとなるので、上記の欠点は気にならなくなります。
この展開は緊迫感があって、やっとオカルト物の本領発揮といった感じ。序盤からオカルト濫発なだけに、今までのシナリオ程度だと想定内と感じてしまった面は否めませんでしたから。


ただ一点、疑問点。一応滅びの歌は止まったはずなのに、何故現世の確認が行われないのでしょうか?向こう側に再利用できる物資や施設(何より空間)はかなりあるはずですし、せめて捜索隊を出す描写くらいは欲しかった所。実際、完全に滅びが実行されてしまった静流ルートでは、二月程度で現世への帰還が可能になったわけですし。

現世への帰還は物資を消費し尽くして云々と言う文があるので、あの空間は接続を失ったのでしょうか?特に説明はないのですが。エンディングも、追放先は絶対現世だろうと思ってましたし。

それにしても、いずれ正常化した世界に戻るための避難ではなく、滅びを約束された閉鎖系に留まることを選ぶってのは、共感しにくい話ですよね。風の谷のナウシカ(原作)のエンディングを、もっとどぎつくしたと言いますか……

世界に関する説明不足はいつもの事なのですが、登場人物が当たり前に知っていて、その場で展開している話に密接に関わる部分は、ちゃんと公開して欲しい物です。


最後に、カタストロフの鉄火場で表に出ない形でまた小鳥が手助けしてましたね。結局、全てのシナリオで、彼女は瑚太朗を助けていたことになります。この、目に見えない貢献と、そこから類推される彼女の悲しい運命こそ、REWRITEの対象となってグランドルートで言及されるのでしょう。
あとは、ドルイドの記憶継承と聖女の記憶継承、それに鍵の記憶収集がどうからむかですか。
やっぱり、最初からオカルト全開と言う事もあって、リトルバスターズ!ほどの破壊力は期待できなそうですが、さてどうなるか。
で、今回はクリアしてもルート解放メッセージが出なかったんですが、ルチアルートは最初から解放されてたという事なのでしょうか?よく解りませんが、とにかく試してみることにします。


あ、そうそう。絵に余り突っ込むつもりはないけれど、これからサバイバル!と言う状況のラストカット、あの格好はねえよ!ピクニックじゃねえんだからさあ。サファリスーツくらいでいいじゃないですか。シナリオが上がる前に、イメージボードとして描いたものを流用したとかですかね?なんで閉鎖循環系でよりにもよって小麦なんだよ(スペースコロニーのお供・水耕プラント、と言うか、水田じゃダメだったんでしょうか?)とか、そう言うツッコミは控えますから、あそこくらいは調整して欲しかった。


さて、4シナリオ終わってCGの達成率がわずか65%なので、グランドルートは結構長いものになりそうですね。




当BLOG内の、その他のKey関係エントリーはこちら
当BLOG内の、その他のギャルゲー関係エントリーはこちら







同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

この記事へのコメント
制作監督の麻枝准によって朱音ルートのシナリオは半分近く削られたようです。
シナリオの前後がおかしいことと関係がないとは思えません。
QCの役割上、シナリオに口を出すのは構わないのですが、長いからといって削るのはよろしくないですね。
Posted by winwin at 2015年02月10日 11:51
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。