2011年07月13日

アニメ版「シュタインズ・ゲート」 第15話 感想


STEINS;GATE Vol.6 [Blu-ray]
STEINS;GATE Vol.6 [Blu-ray]


原作(ゲーム版)と前話までの感想はこちら

一番の盛り上がりを肩すかしされ、どうすんねんこれと言う気分のSteins;Gate、第15話「亡環上のネクローシス」です。なんか、題名に使う単語のネタが尽きつつある気が。


前回の告白から続く冒頭は、SERNの築いたディストピアで戦うレジスタンスの鈴羽。この辺の補完は、映像を沢山使えるアニメならでは。
ただ、それと解る管理社会の風景を1カット挟んで欲しかった所です。前半しつこくノスタルジックな描写を続けていたのは、こう言う時に硬質で冷たいイメージの風景を入れて、ギャップを強調するためではなかったのでしょうか?この辺が、演出がチグハグと言わざるを得ないゆえんです。

SERNがタイムマシンを使って統治する世界と言う部分も、アニメに期待したんですけどねえ。原作で描写が抜けているところでしたから。例えば、レジスタンスが作戦を成功させた直後に塗り替えられる世界、と言った描写を入れるとか。


さてここで、やっと物語の勝利条件が明らかになるわけですが、ここももう少し強調して欲しかった所。具体的には、IBN-5100を手に入れた時の描写と消えた時の回想描写を重ねるとか。ゲームと違って、もはや一月以上前の出来事になるので。


一方で、目の前の目標(タイムマシンの修理)はしっかりと強調され、まゆりの登場を挟んで静かに盛り上がります。
ところで、5時間遡ってさらに48時間、と言うトリッキーなタイムリープなのですから、ちゃんと二回描写すべきかと。最初、「岡部はなんで二度目のタイムリープを行わずに、5時間前でラボメンを召集してるの?」と思っちゃいました。原作でも同じような感じだった気がするのですが、そう言う所こそ改良しないと。


前回に引き続き大写しにされるダイバージェンスメーターは、やっぱり製品化するんですかねえ。ちなみに、2か5が表示されていると、特徴的なロシア製ニキシー管かどうか解るのですが、これだと判別不能。


さて、今話は露天商からの電話で終わったわけですが、その引きですか……
てっきり鈴羽の出発か手紙の到着まで行くと思ったのですが、このペースだと個別ルートは全部取っ払われるんでしょうね。残り最大で見ても11話、内個別ルートに1話ずつかけると、それだけで5話も使ってしまいますし。ただそれだと、前回も書いたとおり、ルカ子やフェイリスは掘り下げが効かずに要らない子と化します。やっぱり、エピソードの配分がチグハグに見えてなりません。
今話単独で見ると堅実に話が作られているだけに、全体としての構成のアンバランスさが気になってなりません。

個々の描写やシーンは決して悪くないのに、問題はシリーズ構成の担当者なんですかねえ。
とりあえず、また次週。




当BLOG内の、その他、「Steins;Gate」関係のエントリーはこちら






同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。