2011年08月18日

アニメ版「シュタインズ・ゲート」 第20話 感想

STEINS;GATE Vol.8
STEINS;GATE Vol.8


原作(ゲーム版)と前話までの感想はこちら

大失敗とは言い難い物の、当初の期待からするとかなり残念な結果に終わりつつある、Steins;Gate第20話「怨嗟断絶のアポトーシス」です。



冒頭。オカリンの宣言を虚ろな瞳で見つめる萌郁。これこそ、絵に書いたようなレイプ目って奴ですね。なんか、毎回これそっくりの表情を出してくるエロ漫画家が居たような。


閑話休題、本編に戻ってロッカーをこじ開けようとする岡部の行動は、クリスに止められて未発。正直、意味が解りません。やって見るまでもなく、「どうせ全部のDメールを取り消さないとIBN5100は手に入らない」の言葉だけで納得しちゃうのは、どう言うことなんでしょう?
これもまた、時間制約から来る物だと思うのですが、前回萌郁編にかなり時間を割いた後だけに、例によってちぐはぐさが際だちます。


あと、これは原作通りだったか思い出せないのですが、FBが萌郁から連絡を受けた直後にIBN5100を回収していない理由って、説明されてましたっけ?尾行防止の偽装工作をあれだけしっかりやるのに、コインロッカー内に長時間放置とか、それこそ変えるべきポイントだと思うのですが。


一方、綯のエピソードを削ったのは大正解でしょう。あれは、まゆり死亡時の事故を綯の故意と勘違いさせたり世界線がこんがらかったりと、色々問題の多いパートでしたから。
原作のイベントとしては、あれはあれで好きなのですが。


そして、ここでDメールキャンセルツアーは終了し、シナリオはクライマックスへ。
しかし、残り4話だか6話だかをかける内容かというと、ちょっと疑問が残るのですが。あそこはむしろ、2話くらいで綺麗に手仕舞いした方が、解りやすくなると思いますし。

感じとしては、原作におけるまゆりルートを1話か2話かけてやって、あのラストからトゥルールートへの分岐を再現するんでしょうかね?

まあとりあえず、また来週。




当BLOG内の、その他、「Steins;Gate」関係のエントリーはこちら
当BLOG内の、その他、アニメ関係のエントリーはこちら








同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

この記事へのコメント
そんなにちぐはぐな印象は受けませんでしたが…
個人的にはブラウンが萌郁を助けようとして見放したのかも?と感じられる部分が消えてしまった所のほうが残念なポイントじゃ無いかと思うのですが
Posted by うんうんせしうむ at 2011年08月18日 07:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。