2011年09月02日

輪るピングドラム 第8話 感想

輪るピングドラム 3
輪るピングドラム 3


前話までの感想はこちら

丁度1/3でリンゴのは話が終わるとするならば、構成としては上手いバランスだなあ、などと思いつつ視聴を開始する「輪るピングドラム」、第8話です。


第8話「君の恋が嘘でも僕は」


冒頭。徹頭徹尾歯牙にもかからず負け戦を突き進んできたリンゴの、起死回生の一手。勿論、これが上手くいくであろうはずがない事は、視聴者全員承知しているわけです。
でも、布団の中が空、と言うオチは思いつきませんでした。って言うか、前回のラストで、頭が写ってませんでしたっけ?



ここで大きな疑問となるのは、何故多蕗が晶馬の事を「高倉」と呼ぶのか、と言う事。同姓の兄弟が同じクラス(学年?)に居るなら、したの名前で呼ぶはず。まさか、今までのが叙述トリックで、冠葉は晶馬の別人格、とか言う落ちは、さすがにないと思うのですが……
ただ少なくとも、何らかの伏線である事は確かでしょう。単純に考えると、両親は離婚しており、冠葉と晶馬は名字が変わっている言う事?


ところで、数話ぶりに登場した、昭和的癒しキャラの陽毬は、随分元気になりましたね。相変わらずおでこ光ってるし。
ただ、あれだけ元気になったのに、学校に行っていない様子なのはどう言う事でしょう?やはり両親絡みの設定で、住民票があそこにはない、って事かもしれません。義務教育の場合問題になります。


一方、目的その物である幸せな家庭を、それを壊した父親の姿と共に見せつけられるリンゴ。どこまでも哀れな子ですが、一体どう解釈すればいいんでしょうね?演出の斬新さにどうでも良くなってしまいがちですが、一体この物語は、彼女にどう言う役割を負わせているのか?


ウツボ可愛い。
これと言いこの後の西部劇と言い、一番手間のかかる表情や動きをオミットし、省力化しつつ強烈な印象を残す手法は相変わらず健在。紙芝居というか、紙人形劇の手法は、本来ギャグ作品でも扱いが難しいはずですが、それをシリアスシーンで投入して機能させるのは、凄いセンスだと思います。

西部劇の所なんて、昔の映画のパロディと並行して、紙人形を射的ゲームのパロディとして用いてる辺りが凄いですよ。


省力化と情報密度の両立については、小ネタを追うだけでもう一回見れる勢い。
視聴者の大部分が、早送りも一時停止も自由自在の録画で見るようになった、昨今のアニメ事情を反映しているとも言えるでしょう。


しっかし、今まで散々プロジェクトを妨害して話の進行を止めておいて、肝心な所では丸ごと食わずに予防にならないペンギン2号、使えねえ!

ただ、結局晶馬がヘタレて妨害に入るので、どうにも展開としては煮え切りません。
彼、やる事が余りに中途半端なんですよね。手を汚したくはないので無理矢理奪うのは嫌で、かと言ってリンゴの計画に全面協力するわけではない。そのくせ良い顔をするつもりか、中途半端な協力だけはする。見ていてイライラします。

なんか偉そうにリンゴに説教してますけど、日記目当てで近づいて、そのくせやることなすこと半端な彼に、他人を非難する資格なんて無いと思いますけどね。結局、その場その場で良い顔をしているだけで、行動に芯がないだけの半端者ですから。


さて、そんな本筋とは離れる内面の話は置いておいて、リンゴの日記が奪われたと言う事は、やはりあれは(「ピングドラム」かはともかく)何らかの重要アイテムなんですね。

さて、こうなると晶馬が一時的に動けなくなるので、次回からは冠葉が動き回る事になるのでしょうか?そして、リンゴのエピソード自体もまだ続きそう。
展開は、やはりまだ良く見えません。まあ、冠葉が画面内でおおっぴらに動き始めれば、話も派手に転がり出すでしょう。とりあえず、来週を待つと言う事で。



当BLOG内の、その他アニメ関係のエントリーはこちら








同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。