2011年09月21日

田中ロミオ 『灼熱の小早川さん』 感想

灼熱の小早川さん (ガガガ文庫)
灼熱の小早川さん (ガガガ文庫)


REWRITE(当BLOG内の感想はこちら)でだいぶ株を落とした田中ロミオですが、それで全ての評価を終わらせてしまうほど、私も純朴ではありません。作家あたりののヒット率なんて、6割もあれば上出来ですから。

と言うわけで、ガガガ文庫の小説「灼熱の小早川さん」です。
内容は、一言で言えば「AURA」の系譜。教室内政治の波を渡る主人公と、世間からずれたヒロインの恋愛未満譚です。

ところが、これが実に評価に困る代物でした。

まず、基本的な文章力や描写力・テンポは良好です。台詞回しや人物配置、キャラクターごとの色の付け方など、こなれていて安心して読んでいられます。シナリオラインも、「場」の崩壊を経験して独裁者を目指す小早川さんと、それに味方せざるを得なくなった腹黒男子という構造を中心に、上手くまとまっています。

しかし、そこまでなのです。
とにもかくにも、この作品は未完成です。シナリオの骨組みは悪くない。個々の文章も、概ね綺麗に流れていく。にもかかわらず、物語はまるでダイジェスト版のように展開し、重要なパーツを空白にしたままエンディングへとなだれ込んでしまいます。

具体的には、ヒロインがクラスに対して切るタンカが、全く具体的に描写されません。
重要な転機となるイベントも、毎回数行で流されてしまいます。
と言うか、ほぼ全ての情報開示と場面展開が、主人公の回想(○○だったので××した)で済まされ、場面場面を楽しむと言うことが、極めて困難な構成になってしまっています。

しかも、題名にもからむ印象的な最初のシーンが伏線でも何でもなく流されているなど、正直「何がやりたかったのか解らない」と言わざるを得ない内容です。
いや、一応テーマらしきものに紐付けられているとは思うのですが、あの炎と氷の話は、テーマと言うには弱すぎて正直意味不明。何よりも、実際に炎や氷が振るわれる(比喩的な意味で)シーンがこれまたダイジェスト状態なので、まるで印象に残りません。

締め切りまでの期間が足りなかったのか、他の理由かは解りませんが、かなり残念な読後感となりました。やはり、「AURA」であれだけ見事な作劇を見せた後だけに、比較するなと言うのは無理がありますし。そして残念ながら、主人公・ヒロイン・サブキャラ達の描き込みから、シナリオの丁寧な進行のさせ方まで、どれも満遍なく薄くなっているのです。
「AURAみたいなのお願いしますよ」と言う注文で促成栽培された劣化版。多分、真相はそんなところじゃないかと思います。




その他ライトノベル関係のエントリーはこちら





同じカテゴリー(読み物)の記事
 非常に面白い「娯楽」の理論書 『純粋娯楽創作理論 VOL.1』 感想 (2015-06-20 00:00)
 ナイストンデモ本!ダニエル・ドレクスラー『ゾンビ襲来』感想 (2013-02-16 22:00)
 最近読んだライトノベルの感想 (2013-01-30 22:00)
 胸がむかつくひどい話 『魔法少女育成計画 restart』 感想 (2013-01-18 22:00)
 良質ショートショート 『独創短編シリーズ 野﨑まど劇場』 感想 (2012-12-11 22:00)
 余りに出来の悪いSF 山田宗樹 『百年法』 感想 (2012-11-26 22:00)

この記事へのコメント
なかなかの辛口
確かに、薄いというかあっさりというか
主題は、空気だからなー
ただ、うならせる部分がとてもよかったです
Posted by 助手 at 2011年10月23日 23:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。