2011年10月02日

ダークソウル 感想2


DARK SOULS (ダークソウル)
DARK SOULS (ダークソウル)


前作の感想は、こちら

PS3の電源が入ってないと、コントローラの充電ができない仕様にしたソニーの開発責任者は、脳の調子が悪かったんですかね?(挨拶)

と言うわけで、DARK SOULS です。ところで、なんで日本語だと複数形の「S」が抜けてるんでしょうか?

多分中盤が終わりつつあるのですが、探索可能エリアで残っているのが、入った瞬間亡霊騎士(ロックオン不可はあんまりだと思います)に襲われて即死する祠か、明らかにレベルオーバーの蜘蛛の巣と言う状況。
しかも、ショートカットのハブとなる初期回復ポイントが消滅するわ、回復アイテムを強化してくれるキャラが死ぬわと、何処まで行っても楽になりません。って言うか、前作で評判悪かった暗殺者によるNPC消滅が、また発動したと言う事なんでしょうか?神聖魔法教えてくれる奴は、一旦消えたもののすぐに復帰したのですが、今回は死んでるって明記されちゃったしなあ……

閑話休題、この手のゲームのお約束として、続けていると面白さは増してきます。基本的にキャラクターのレベルアップで上がる値は雀の涙なのですが、プレーヤーの技量が目に見えて上がってくるためです。
各敵ごとの動きのパターンを頭に入れ、MAPの立体構造を把握し、武器の間合いとアクション待ち時間を瞬時に計算してクロスカウンターで攻撃をぶち込む。あれだけ苦労した城下町を、鎧袖一触敵を蹴散らしつつ駆け抜けられるようになれば、わくわく感もいや増そうという物です。

ただやはり、初見マップのいやらしい敵配置や、即死トラップ満載の構成は、イライラさせられることこの上ありません。勿論これは、攻略できた時のカタルシスに転化するために必要な段階なのですが、ソウルを落とさない敵の無限沸きや、しつこく続く即死トラップは勘弁して欲しい所。特に、強敵出現ポイントで毎回カメラが障害物に隠れる箇所があったりするのですが、それはバランスがきついって話じゃないだろうと。

感覚的に、KING'S FIELD シリーズより、数段理不尽に感じられるのですが、これにはちゃんとした理由があると思います。
それは、派手になったアクションと、映像の細密化。

まず、ローリングだのダッシュだのとアクションが派手になったために、これの誤発動による死が大幅増となりました。ローリングの入力方向がずれて死亡とか、発動魔法の選択を間違ってなます切りとか、その類です。これは、ゲームシステムの問題と言うよりも、やたらと入力がアバウトなPS3のコントローラ(特にL2/R2)の問題が、大きいように思います。この点、XBOX360を見習って欲しい所。(ただし十字キーは除く)

更に、映像の細密化で地面の境界等の判別が困難になり、「降りられると思った所が実はただのオブジェクト → 落下」だの、「柵があると思ってローリング → それは破壊可能オブジェクトでした → 落下」だのが良く起きてきます。壁を抜ける攻撃は、もう仕方ないんですけどね。

ただ、探索時に「あれが地面かは解らないが、とりあえず飛び降りてみる」で良く死ぬ身としては、「KING'S FIELD IV に準拠した立体マップを実装してくれないのかが不満でなりません。特に今回は、全てのエリアが立体的に繋がっていることもあり、それを視覚的に理解できる立体マップを実装しない意味が解らないのです。
と言うか、アクションRPGのマップって、華だと思うんですけどね。地図を睨んで最短ルートを模索し、あるいは不自然な空白に隠し部屋を予想する。この楽しみは、基本的に大きく進化した KING'S FIELD → DAEMON'S SOUL の中で、唯一退化してしまった部分だと思います。


まとにかく、毎日コントローラ放り出しそうになりながら、一歩一歩ゆっくりと先へ進んでおります。マップの未実装やちょっとどうかと思うバグの類は、さすがにどうかと思うのですが、きつめのバランスで楽しくプレイできていると言って良いでしょう。
今の所、攻略サイトは極一部(意味不明のアイテムの説明を見たのと、何故か死なないボスのデータだけ。一定HP以下で自動回復発動とか、やめて欲しいもんです)以外見ずにプレイできていますしね。この分だと、DEAD ISLAND が発売されるまでに、クリア出来るんじゃないかと思います。




当BLOG内、この他のシリーズ関連エントリーはこちら





同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。