2011年09月30日

輪るピングドラム 第12話 感想


輪るピングドラム 3
輪るピングドラム 3


前話までの感想はこちら

「16年前」と言うキーワードが提示され、加速を始めた「輪るピングドラム」、第12話です。単純に考えればオウム事件と見せかけた引っかけなのですが、あれは単なるフェイクにするには重すぎる物。どの程度現実とリンクさせるのか、目が離せません。


第12話「僕たちを巡る輪」



冒頭は、珍しく冠葉のモノローグから。内容は、他のキャラクターとは対照的に、「運命なんかFUCK!」と言う宣言。
しかし、何故背景が陽毬の主治医なのか?彼は一般人で唯一陽毬を認知していた人間だと思っていたのですが、この人も「運命」絡み?確かに、病院にはペンギンマークが付いてましたが……

一応、仄めかされているのは、
1,南極環境防衛隊の写真から彼は冠葉の父親と関係がある
2,夏芽とも何らかの関係がある
の二点。

特に一点目は、あちこちで出てくるペンギンと何らかの形で絡むのでしょうか。



結局、「16年前の事件」については、オウムもどきの集団を率いたのが冠葉・晶馬の父親だった、と言う話のようです。なお、毒ガスでなく爆発物なのは、事件に対する配慮なのかもしれませんが、むしろ最近のロンドンテロを想起させて、逆に生々しくなってしまっている印象。
でもそうなると、双子がかなり大きくなるまで一緒に暮らしていたのは何故なんでしょう?潜伏していたのか、ばれていなかったのか?

それにしてもこれ、多蕗の目から事件を回想させるのが上手いですね。大事件に巻き込まれた個人として、描き方が秀逸です。特に、人間の普段の認識力(興味のない物は背景扱い)を示すような、いつものモブ描写と、ピンポイントで挟まれるシリアスな大人達の会話と飛び交う報道ヘリ。日常が破れる瞬間を、下手なパニック映画より見事。



桃果自身は画面に出てこない所とかも。


ペンギン帽によれば、「ピングドラム」は失った物らしいですが、だとすると未来?日記はその象徴で、ですがそうすると犠牲者の数だけ在ってもおかしくない。更によく解らなくなりました。
一方、呼び込まれた「闇うさぎ」とは、冒頭で医者の所にいた奴でしょうか?


次に気になったのは、陽毬がペンギン帽時と同じ口調で喋っていることでしょうか?これを加味すると、ペンギン帽が陽毬の取り憑いていただけ、と言うのと少し違ってくるかもしれません。

ただ、冠葉がペンギン帽に向かって「俺の命を分け与えた」と言っているので、やはり何らかの意味があるのでしょうが。
ちなみに前回というのは、初回の生存戦略の時に、シルエットで表現されていたあれですね。


そして、晶馬が話すメリーさんの童話はどう言う意味でしょうか?
女神の火を盗む?リンゴの木?両親の犯罪には、何かの理由があったというのでしょうか?そして、陽毬の病気が罰?
単に、世の不幸に理由を求める心理が生んだ個人的神話というなら簡単ですが、まさかそんな話ではないでしょうし。


この、消える3号も謎です。ペンギン帽のおつきだったのなら、3匹全部消えるのが筋のはず。

そして、アンプルマークのリンゴを持った、オープニング最後の人物と、闇うさぎの象徴らしき少年二人が登場した所で、今回はエンド。

さて、陽毬とペンギン帽が本当に死んでしまったようなので、これから物語のガイド役は謎の人物に移るのでしょうか?
今回は、本当にずっと緊張感が漂う内容でした。ペンギンの小芝居がほとんどなく、ひたすら本筋に集中させる作りになっていたのも大きいでしょう。やっぱり、緩急の付け方が出色です。やはり、全体の流れで引っ張っていく「物語」は、こうでないと。
来週も、楽しみでなりません。





当BLOG内の、その他アニメ関係のエントリーはこちら








同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。