2011年11月06日

輪るピングドラム 第17話 感想


輪るピングドラム 6(Blu-ray Disc)
輪るピングドラム 6(Blu-ray Disc)


前話までの感想はこちら

どうにも時間が取れず、視聴も遅れ気味になるのが辛い、輪るピングドラム第17話です。


第17話「許されざる者」



冒頭。標語や兄弟の会話が不穏に進む一方で、ペンギンsは相変わらず背景で空気の破壊を粛々と実行。たこ焼きの材料をバラで食って、奴らはそれで美味しいんでしょうか?


いや本当、目くらましなのかマジなのか、今回ペンギンたちの寸劇は、本編を食いかねない勢い。油断をしているとあっという間に話の展開から置いて行かれます。この辺、録画・繰り返し視聴を前提とするからこそできる遊びですね。

なお、たこ焼きは、ホットプレートで火災報知器に引っかからないので、病院でこっそりやるには理想的。まあ、ばれるでしょうけどね!
ちなみに、冠葉は出禁を恐れていましたが、病院って立場が弱いので、ああ言う不良患者でも追い出せないのがむしろ問題だったり。問題行動を繰り返す最悪の患者を強制退院させて(追い出して)、マスコミからバッシングされた可哀想な所もありましたね。
陽毬は特別室だから良いですが、自分が入院した時に、同室で暴れる・喚く・人としてダメな行動繰り返すゴミが居たら、病気を落ち着いて治せるかを考えれば、バッシングすべきは病院じゃなくてDQN患者を追い出せない現行法だと思うのですが……

閑話休題、二話連続で バンクシーン 生存戦略ですが、結局冠葉は何をやって居るのか。性的な暗喩は単に生命力を分け与えているだけの事でしょうが、それ以外の活動と上手く繋がりません。


一方、「日記の本当の価値を知っている」と語る多蕗のセリフから、彼が単なる第三者ではないという事が、はじめて明示されました。


また、ゆりは桃果が高倉夫妻の犯行を「止めようとして」死んだと仄めかします。つまり、世界線の乗り換えに失敗したと言う事でしょうか?あるいは、命を代償にして「あの程度」で済ませた?
しかし、「死んだ訳じゃない」とはどう言うことですかね?植物状態で寝ているなら、リンゴの父の行動は腐れ外道も良い所になってしまいます。運命の再乗り換えを行って生き返らせるつもりだから、そう言う風に表現した、と言う事なのでしょうか?

なお、医者の言う「戦争が始まる」は、世界の選択・望む運命を奪い合うつぶし合いを、大げさに言ってるだけでしょう。


それにしても、ペンギン3号は本当に多芸ですねえ。



今回は、陽毬の行動を巡る混乱(「外出許可はもらった」と言っているので、あの医者によって引き起こされた物)と、ゆりvs真砂子の決闘(物語的にはこちらが主軸に近い)が平行して進みます。
なのに全く展開に混乱が生じないのは、両者の関係が明確で、何がどうなっているのかがきちんとここまで説明された上で動いているからです。現在の主題として日記を巡る攻防があり、そこから一旦離脱した高倉達は医者の存在と絡むことでその背景にある事象と意図せずに絡む。これは、両者の役割分担を明確にしつつ、「ここから運命が交叉する・せざるを得ない」と言う構造を明示しているのが上手い所。おかげで、全く別個の話が展開して居ると言う印象を回避し、視聴者を安心させています。


だから、今回のシナリオ中で視聴者に「え、どう言うこと!?」と混乱させる展開は、最後のこれだけ。悟っていたはずの多蕗が、何故あんな言動に打って出たのか?やや眠たげな目は、誰かに操られていることの暗示?


このエンドイラストがまた実に憎い代物。このせいで、「じゃあ、多蕗はやっぱりずっと引きずったままで、今までの言動は全て目くらましって事?高倉家を憎み続けていたの!?」と、深読みしてドツボにはまる思考誘導。

単なる一話使い捨ての「引き」と言う可能性も高いのですが、それを確かめるためにも、来週が早く来ることを祈ってやみません。くそ、それなのに次回も、視聴するのは遅れそうな感じなのが悔しいところです。
ま、何はともあれまた来週。



当BLOG内の、その他アニメ関係のエントリーはこちら






同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。