2011年11月12日

まどか☆マギカ劇場化の話 久しぶりのアニメ誌購入


Newtype (ニュータイプ) 2011年 12月号 [雑誌]
Newtype (ニュータイプ) 2011年 12月号 [雑誌]


祝・劇場化決定!!


今更ではあるんですが、ニュータイプを実際に手に入れたので、こう書いておくのは礼儀でしょう。

と言うかですね、この島はアニメ誌も当然のごとく本土より遅れた発売となっておりまして、すぐには手に入らなかったのですよ。
てなわけで、数年(どころじゃない気がする……)ぶりにニュータイプを購入し、劇場版の情報を確認しました。と言っても、内容は「劇場版を出すことに決まりました」「総集編2本と新作1本の計3本です」の二文で済みます。

ただ、割とビジネスライクなインタビューの中で、想定している劇場版が過去の成功例(ヤマトやガンダム)をなぞる形で企画されているらしいことに、期待を煽られました。
実際に昔のアニメをシリーズとおしで見るという、温故知新マラソンをしたことのあるオタクなら同意してもらえると思うのですが、劇場向けに再構成された総集編というのは、確実に賞味期限の長い作品になります。毎週毎週次につなぐ連載作品は、どうしても一気見するとアラが見えてしまう物。対して、2時間×(1~3)でビシッと決めてくる劇場版は、後年まとめて見るには遙かに利便性も受容性も高くなりますから。
ガンダムヤマトもそうですが、その流れをくむダンバイン、ダグラムやザブングル、レイズナーなんかも、単なる総集編に留まらない再構成で、一個の作品として光ってましたね。ダグラムについては、もう少し予算をかけて徹底的な「嘘ドキュメンタリー」に再編してくれれば最高だった、という心残りはありますが。

あ、総集編+新作と言う事で、例のアレを思い出して顔を曇らせる方も多いと思いますが、それは考えないお約束。と言うか、時間的・機会的にどうとでも引っ張れた最終回で、物語をきちんと終わらせる事を選んだまどか☆マギカのスタッフは、引っ張るだけ引っ張ったあげく、唾を吐きかけて放り出したあの作品(旧)とは、対極の姿勢だと信じたいところです。(そう言えば、書いてて気づきましたが、絶望的な感想を書く羽目になった「うみねこ」と、そっくりですね。悪い伝統も、良い伝統共々引き継がれる物と言うわけで……)

とにかく、総集編で再構成(2時間×2とすれば、本編の約2/3強)されて新たな面白さを見せてくれることと、2期シーズンに相当する新作に、期待せずには居られません。まどか去りし世界で、ほむらはどのように生きるのか?魔法少女達はどのような存在へと変わり、彼女と関わるのか。また、「これを見届けるまでは死ねない」リストに、新たな項目が加わってしまいました。素晴らしいエンターテイメントは、正に絶望に効く薬。所詮競合阻害薬でしかない気もしますけど。



以下、まどか☆マギカとは関係ない話。



今回、この情報を確認できたと言うだけで、七百数十円払って文句はないのです。
が、やはり久しぶりに買ったアニメ誌をパラパラめくって見ていると、「これを毎月買う気にはなれないなあ」と思ってしまうのです。

何も、「グッズはついてるのに連載は止まったままかよ永野護!?」と言う話をしたいのではありません。大侵攻の開始なんて、死ぬまで待っても見れるわけ無いじゃないって、みんな解ってるでしょ?
そうではなくて、「アニメ誌を買うことでしか得られない情報」の少なさと、「利便性」の問題です。

まず、単にアニメの情報であれば、もうネットには勝てません。特に自分に好みの物となれば、各種サービスやコミュニティによって、日々デリバリーされてしまうと言う現実があります。かつて大きな意味を持っていた、ファン交流なんかもそうですね。私は一時期、昔のアニメ雑誌をまんだらけで買い漁ると言う事をしていたんですが、その交流熱意や割とガチな批評には驚かされた物です。Zガンダムがボコボコにけなされてたりとかね。これは、PS初期くらいまでのゲーム雑誌にも良く見られました。(サターン見習え、ソニーはゲームファンなめてんのか、と言う趣旨のコラムが電撃PSに載っていたのを、私は今でも憶えています)

しかし今や、交流は光ファイバーさえ繋がっていれば、全国どこでもリアルタイムに可能な時代。批評や感想の共有や討論も、言うに及びません。(討論については、2chの本スレとアンチスレの常時並立のように、余り機能していない感がありますが)

それと、利便性です。値段は置いておくとして、雑誌はでかくて邪魔で検索不能です。とても通勤途中に持ち歩いて読破というわけにはいきませんし、結局捨てるのでゴミの元。そもそも一定年齢以上のオタクにとって、足りないのは常に、金よりもスペースです。
検索については、言うに及びませんよね。下手をすれば、一々ページを繰って必要な情報を探している間に、目の前の箱でググった方が遙かに多くの情報を得られたりします。

ただ、ではアニメ誌など要らない!と言う事になるかというと、そうではありません。ネットの情報のソースは、多くを雑誌に依存しています。確かに、各社・各委員会が発表する情報もあるのですが、それらは一旦メディア(雑誌)に集約されます。どちらを定点観測した方が良いかは自明でしょう。メディアの運営サイトがあればいい、と思われるかもしれませんが、大体ああ言うサイトは単品では黒字になりません。新聞社もそうなのですが、リアルメディアの雑誌があってはじめて、運営できる歪な構造になっています。

また、書店に毎月平積みで雑誌が並ぶのは、広告が出稿されているのに等しい効果があります。制作側にしても、別にアニメ誌が売れるかどうかはどうでも良く、立ち読みでもネット転載でも、消費者に情報として届くことが重要なので、雑誌への情報提供を通じたプロモーションは無視できません。

となると、アニメ誌やゲーム誌こそ、真っ先に電子化してしまうべきではないか、と思うのは無理からぬ事では無いでしょうか?
保存性に優れ、場所を取らず、検索性も確保。ネットと同じ利便性を確保できる上に、今回私が経験したような情報の遅れもありません。
アニメ誌もゲーム誌も基本的に「情報誌」です。しかし、本土から数日遅れでしか届かないとなった場合、その価値は絶望的に低くなります。だって、twitterでも2chでも各種コミュニティでも、みんな記事内容を前提に話してるのに、こっちは「発売日前です。入荷してません」ですよ?売り出された頃には賞味期限切れてますって。

また、漫画雑誌と違って、単行本による後追い回収モデルではないので、ユーザーに保存される事による損害はありません。コピーされて撒かれる可能性は常にあるでしょうが、誰かが流すのを待ってファイルを入手しようとする人は、最初から雑誌を買わないでしょう。

上で書くのを忘れましたが、現在放映中のアニメリストのように、網羅的情報では、やはりこう言う雑誌は強いのです。だから、手元に届けてもらえるなら、価値はちゃんと確保されると思うのですよ。


とまあ、「コミック誌を、ユーザーが望む条件で電子配信する事に踏み切ったところが、日本の電子書籍のヘゲモニーを握るだろう」と散々言われている訳ですが、むしろしがらみのないこう言う所に、意外な突破口があるのかも知れない、と思った次第です。

個人的には、買うと捨てられないと言う理由から図書館で済ませているSFマガジンを、是非とも横断検索可能な形で配信して貰いたいんですけどね。そんなのは、勝ち組が決まったあとでゆっくり電子化すればいいわけで。後むしろ、バックナンバーの電子書籍配信がされれば、それが一番需要が大きそうですが。たんぽぽ娘、いつまで絶版になっとんねん、みたいなね。


と、後半全然関係ない話になりましたが、まどか☆マギカの劇場版、首を長くして待ちたいと思います。




当BLOG内の、この他まどかマギカ関係のエントリーはこちら
その他、当BLOG内のアニメ関係のエントリーはこちら






同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。