2011年11月21日

機動戦士ガンダムAGE 第07話 感想

機動戦士ガンダムAGE 第1巻 【豪華版】(初回限定生産) [Blu-ray]
機動戦士ガンダムAGE 第1巻 (初回限定生産) [Blu-ray]


滑り出しはそんなに悪くなかったはずなのですが、坂道を転がり落ちるように滅茶苦茶に成りつつある、ガンダムAGEの第7話です。


第7話「進化するガンダム」



冒頭から。前回の内容は、「平和を守るために戦ったのに誤解されて拘束される」とまとめれば、子ども向け作品の基本シーケンスです。しかし、実際の描写は「利害関係も把握しないまま、軍の秘密兵器を無断運用して内戦に介入したあげく拘束される」という物で、二重三重に自業自得。
本来とは別の意味で、「子どもを戦争に引き出すことの問題」を浮き彫りにしています。

後、「僕はUEと戦ったんです!」って、嘘ですよね?UE出る前に出撃して、現地勢力を撃破してますよね?どこの視聴者が、彼に同情できるんでしょうか?


他のキャラ達の反応も、真っ直ぐにフリットしか見ていないエミリーや、上手く話を持って行こうとしている艦長は良いとして、今更「軍のトレーラーなんか出したら大騒ぎ」とか言い出すバルガスは何なのか?

とりあえず、「UEと言う外敵がありながら、いがみ合っている人間の問題」を描きたかったのは解るんですよ。ですが、それなら正に、その内戦の理由(正当性のあるものであれ、下らない物であれ)を描写しなくては意味がありませんし、肝心の戦争がスポーツ感覚なのもアホかという話です。

例えば、伝統的な対立が続いている、と言う内戦理由について、肝心の伝統・習慣の内容などが描かれていないんですよ。解りやすい記号化(勢力の一方が和風で、もう片方が洋風とか)くらい、すればいいのに。

そもそもファーデーンの「問題」については、貧富の差・マフィアの存在・内戦と、焦点がぶれているのがポイント。子ども向けに解りやすい話にするならば、問題点を一つに絞って主人公がすべき事を明確にしなくては。


どうも制作側は勘違いしているみたいですが、子どもの叫びが世界を変えるおとぎ話って、本当に難しいのですよ。それを可能とするだけの必然性の積み重ねか、あるいは「それでも良い、ハッピーエンドを!」と望む視聴者の心情を誘導するか、いずれにせよ丁寧な描写と設定の蓄積が必要です。ゲームだと、試行錯誤をプレーヤーの側に投げ、「これだけ苦労したのだから、どんな形であれハッピーエンドだろう」と思わせる手もあります。ガンパレードマーチは、このパターンでしたね。

一体、どこで興奮や心地よさを感じさせたいのでしょう?


で、目玉のモビルスーツ戦闘もこの始末。
大体、折角UEと連邦という二つの系統で統一して描写していたのに、コロニー地産のモビルスーツとか、画面の一体性もへったくれもありません。

ところで、「子ども達には関係ない」って言ってますが、根が文化対立なら、住民は当然色分けされているはずですが。


「同じコロニーで暮らす仲間じゃないか!」で民族主義者が止まるなら、ユーゴはさぞかし平和だったでしょうね……

そう言えば、今回もUEが全く違和感なくコロニー内を飛行していましたが、これもなんで伏線張っておかないんですかね?考えてみれば、2話前の段階で、連邦軍駐留部隊のオペレーターが、「未確認飛行物体一機!」「どうせいつもの内戦だろう?放っておけ」みたいな会話をしておけば、だいぶ違ったと思うのですが。

連邦軍がUEとつるんでいる、と言う点を隠すために、あえて省いたのかもしれませんが、ここまで全く連邦軍の描写が無いせいで、単に薄っぺらくなってしまっています。


描写が薄いと言えば、AGEシステムとUEの進化競争もそう。
単に「効かなくなった」じゃ、薄いんですよ。そこは、ちゃんとハッタリを効かせて、「ビームを拡散させる表面装甲が追加されて云々」とか、「より高出力で突破」とか、そう言う説明を入れないと。オトコノコの心をくすぐるのは、そう言う「何か良くわかんないけど凄いと言う説明」なのですから。

と言うか、そう言う説明がないと、色々な武器を使い分ける戦闘の面白さとかが、失われてしまいますよね?

しっかし、ひでえデザイン……
進化と言うからには、次段階の武器が出るまで、ずっとこれで出撃なんでしょうか?


構成的にも、敵の攻撃で死亡直前にフリット到着で回避、と言うパターンをわずか15分で3回か4回も繰り返すなど、まともにチェック機構が働いていると思えない内容。この前やっと手に入れた魔法少女まどか☆マギカ プロダクションノート (PUELLA MAGI MADOKA MAGICA PRODUCTION NOTE)で、制作側のミス指摘・修正要求が凄く細かく書き込まれているのに感動したのと、実に対照的。金かかってないはずがないんですが、本当に制作体制どうなってるんでしょう?

あー、一応、来週も見ますよ。多分、ファーデーン編が終わって、UE要塞殴り込みになったら、きっとマシになると思いますし。




当BLOG内の、その他ガンダム関係のエントリーはこちら
当BLOG内の、その他アニメ関係のエントリーはこちら





同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。