2012年01月11日

機動戦士ガンダムAGE 第13話 感想


機動戦士ガンダムAGE 第1巻 【豪華版】(初回限定生産) [Blu-ray]
機動戦士ガンダムAGE 第1巻 (初回限定生産) [Blu-ray]


12話とこの話、エントリーを書く時間が恐ろしく短くすんでビックリしました。適当に見えてこの手の感想は、情報をまとめたり要所を見返したり、内容にあったカットを選定したりで、結構時間がかかるんです。
ところが、ほとんどながら視聴のように流して終了。第二世代に入った辺りで、視聴続行か否かを判断する必要がありそうです。


第13話「宇宙要塞アンバット」



冒頭はヒロインとして瀕死のエミリーさんからですが、今更セリフで各人の動機とか説明されてもなあ…… そう言う話は、本来反乱を起こす前にやっておかないと。
そう言えば当然のように流されてましたが、なんでエミリーやディケはコロニーで降ろされてないんですか?捕虜をとるという概念すらなく、殲滅戦にならざるを得ない異性知性との戦いに、フリットのように使わざるを得ないというわけでもない子どもを連れて行くって、無責任すぎるでしょう。そんな悪いところだけ、ファーストガンダムを真似しなくても良いでしょうに。

しっかし、あの最悪に格好悪い宇宙服、誰も止めなかったのでしょうか?連邦軍のパイロットスーツ(除:フリット)や整備兵の(あれは消防服のイメージでしょう)はマトモなのに、どうしてああなったのか。


一方、ディーバの強襲揚陸艦モードは、ペガサス級直系のデザインで好感触。何故かブリッジが突き出るのはご愛敬ですが。
で、ここで作戦内容が、改造された主砲の射程内にディーバをねじ込み、必殺の一撃を見舞う、と言う物である事が解ります。対ビーム拡散弾による防御と言い,
ア・バオア・クーそのまんま 説得力のある描写で好感触。……なんですが、前々話でブリーフィングしてた作戦と、全然違ってませんか?


さて戦闘後半は、この訳の解らない敵の密集描写で幕を開け、いきなり三国無双みたいな頭の悪い画面作りに。弾撃ったら味方に当たるじゃん……
理由は解るのです。画面をパンしたりカメラを大きく動かして、俯瞰的に戦場の全体像を示すのは、和製ゲームが苦手とするところです。特に、レベル5は携帯機が主流で大きくカメラを振るような演出は経験が薄いはず。そのため、動かない画面を細かく切り替える、大型テレビが普及した現在ではとても見栄えのしない、垢抜けない描写ばかりになるのでしょう。
例えばこの作品、今までズームイン・アウトなんかをほとんど使ってませんよね。戦場全体を見せ、即座にズームアップしてミクロの戦闘にシフトさせたり、射撃と着弾をシームレスに見せるような、動きのある画面のことです。


そして、又盛り上がらない特攻描写。と言うか、直前にUEの機体が戦艦にはね飛ばされる描写を入れているのはなんなんですか?あれじゃ、それより軽いMSを敵艦にぶつけても、何も起きないのは自明じゃないですか。
後、政治リーダーが特攻して、誰があんた等の派閥の和解や今回の反乱騒ぎの責任取りみたいな戦後処理をやるんだよ?と言うツッコミは、しても良いよね?あれじゃ、クソみたいな戦争をおっぱじめて、ゴミみたいな作戦で戦後を支えるべきエリートの卵を殺戮したあげく、責任も取らずに部下巻き添えに特攻した旧軍のゲロ野郎と同じですよ。

で、止める方の理屈が「死んじゃダメ」って……
いっぱい死んでるじゃん!お前の僚機はどんだけ落ちてるんだよ!?


一応今回の作戦は、ちゃんと「途中まで成功しつつある」と言う描写に落ち着き、王道に回帰しました。しかし、何故か事前の作戦内容と実際の内容が異なるなど、訳の解らない演出で、シナリオの迷走が透けて見えます。

まあ、頓珍漢な展開を挟みつつも、何とか話としてはまとまりかけているようなので、第一世代の話は辛うじて「終わりよければ」に着地出来るんじゃないでしょうか?さすがに予算も豊富なだけあって、踏みとどまれる可能性はそれなりにあるみたいですね。
ま、何というか、期待はせずにまた来週。



当BLOG内の、その他ガンダム関係のエントリーはこちら
当BLOG内の、その他アニメ関係のエントリーはこちら





同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

この記事へのコメント
そもそも戦艦改造が作戦会議中に独断で行われたみたいなので、今回の作戦を見るにあの会議はほぼ無意味だったのでは…。
Posted by J at 2012年01月13日 18:51
記事復活してうれしいです
もはやAgeはここの突っ込みが楽しみで見ているようなものだったので、
先週の記事がなかなか出てこなくて心配していました。
それにしてもAgeのスタッフはここ読んでますよね
11話で突っ込まれてたデブや制服の話が無理矢理入っていましたし
ちょっとニヤニヤしてみていました
Posted by 読者 at 2012年01月15日 22:24
さすがに、うちのような弱小BLOGの記事を参考にするほど、落ちぶれてないと思いますが……
制作タイミング的にも、感想上げた頃には完成してたはずですし。
年末年始はどうしてもゴタゴタしますが、少なくとも一世代目終わりまでは感想アップをやめないつもりです。
Posted by snow-windsnow-wind at 2012年01月17日 00:15
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。