2012年02月28日

原発事故対応のまとめに関して(簡易更新)

スケジュールと体調が(当然のごとく)同期してぶっ壊れ、BLOG所じゃない状態なのですが、簡易更新。
また時事ネタかと言われそうですが、オタク感想系は書きためて(書きかけて)おけるものの、この手のはすぐ使わざるを得ないためなのでご容赦を。


原発事故対応は「大失敗」=官邸に備えなく、情報不十分-菅前首相

何故かまた管元首相のぼろくそな悪口が大量に見られたので、何事かと思ったら上記の記事が由来のようで。
ところがですね、元の記事をどう読んでも、元首相の悪口に繋がるようには思えないのですよ。インタビューで言ってる事は正論その物ですし、「大失敗」と言う言葉の意味も記事内にしっかりと明記されています。
つまり、

>「事前の備えがあまりにも不十分だった。備えがなかったという意味で大失敗だった」

の部分ですね。
この発言に叩く要素があると取る思考構造は、正直理解できないです。なんか、はやぶさの時に、宇宙開発停滞の原因が民主党と言う事になっていた例の件を彷彿とさせますね。

加えて、彼のこの弁が出て来る原因となった民間事故調の報告書はこちらで読めるのですが、官邸の問題点などほとんど指摘されてないのですよ。一応、第二章で混乱を広めた可能性が指摘されていますが、他は東電の言い逃れを断罪していたり、そもそも論で安全管理がなっていなかった事を厳しく追及したりと言った、官邸なんか関係のない話。「最悪シナリオ」が伏せられた経緯はきちんと書かれているのですが、そこは一切批判には上がってこない辺り、批判者が報告書を概要たりとも読んでいない事がよく解ったり。
そして、概要だけでも天を仰ぎたくなるのは、むしろ関係機関の動き。SPEED I を巡る文科省の対応など、「丁寧語で書かれた無能宣告」と言って良いでしょう。首相個人の問題も書かれていますが、評価は相半ばです。(既に彼は権力から弾き出されていますから、これは文字通りに受け取って良いでしょう)

むしろ、問題点は政治などではない(これこそ、日本のお寒い現状最大の焦点なのですが)という点を象徴するように、ガバナンス機関を以下のようになで切りにしています。

>実行的な安全規制をする能力が不十分で電気事業者に対抗するだけの技術資源をもたない原子力安全・保安院、十分な法的権限と調査分析能力をもたない原子力安全委員会、圧倒的な技術的能力、資金をもつが、安全規制の強化に対して当事者としての責任を果たそうとしなかった電気事業者

こう言った報告書とあの記事で、何故首相個人が袋だたきになるのか?よしんば、当事者の一人として非難はあるにせよ、何故戦犯の第一人者と言う事になるのか?
元記事を参照してから物を書け、と言うのは、口がひん曲がるくらい言ってきた事なのですが、要するに表題とそれから1ビット対応で得られる反応以上の事を、多くの人は考えたくないんでしょうね。でも、罵声の唱和以外の興味を持って他人の反応を見て回る人も一定数居ると信じて、こう言う記事もネット上に残しておきますよ。

とりあえず、事故からわずか一年にして、民間事故調の(立場から考えて)かなり厳しめの報告書に対して、全く的外れな反応しか返ってこなくなる現状なら、電力を巡る構造は盤石と言って間違いないでしょう。

とりあえず、上記記事にある報告書の結論部分程度は読んでいただき、何が起きていたか・何が問題だったのかは把握しておくべきかと。

「起こった」と「起こって欲しい」と「起こったに違いない」を混同し、とりあえずスケープゴートを探すという点において、アレな反原発派とアレな推進派が全く同じ構造を取るのは、興味深いところです。
まあ、アイゼンク先生が仰ったとおりなわけですけどね。


精神分析に別れを告げよう―フロイト帝国の衰退と没落
精神分析に別れを告げよう―フロイト帝国の衰退と没落

アイゼンクの理論は、要するに極右も極左も凝り固まっているという点で同じで、それ故にあっさり転向する(ファシスト←→共産主義者、が典型)と言うお話。心理学という「現代の占星術」(悪口)の中では、実権や観察に基づく分だけだいぶ面白い部類の話です。何故かAMAZONだとフロイト批判の↑くらいしか引っかからないのですが、政治理論の本は何といったか……



タグ :社会原発

同じカテゴリー(社会)の記事
 ふざけないでいただきたい/オリンピック盗用ロゴの擁護について (2015-09-07 23:00)
 色々面倒くさい憲法9条の話 (2013-01-05 20:00)
 あっはっは! (2012-06-27 22:00)
 この国、政治的に詰んだって事ですよね (2012-06-26 22:00)
 著作権が守る物/行政の公開情報を引用して逮捕と言う麗しき世界 (2012-04-17 22:00)
 誰が為の公共性/アレフ施設へのガス供給工事不許可適法判決 (2012-03-15 20:00)

この記事へのコメント
このアイゼンク先生の本は面白かったですね。いわゆる精神分析系の言説を読んでいつも感じていたモヤモヤをきっちり整理してくれた本でした。
Posted by アロヲ at 2012年03月02日 20:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。