2012年03月28日

魔法少女まどか☆マギカポータブル 感想5 ほむらルート

魔法少女まどか☆マギカ ポータブル (完全受注限定生産版) 「限定契約BOX」


杏子ルートの非魔女化エンドもサクッと終え、満を持してほむらルートに進みました。

とりあえず、杏子ルートで引っかかっている方は、「謎の魔女結界」を3つめくらいまで進め、STRやCONの強化アイテムを買っておけばまあ苦戦はしないでしょう。謎の魔女結界、長いですけどね。これをやったおかげで、非魔女化ルートはとても楽でした。
それにしても、非魔女化ルートは魔女化ルートよりタチが悪く、理想や信念を取り戻した人間はことごとく悲惨な事になります。この辺の、冷笑主義と言うより、理想と成功率はリンクしない、と言う透徹した世界観は実に魅力的。今度こそ!と言うハッピーエンドへの意欲は沸き立とうという物です。
やっぱり、シナリオは良いんですよねえ……

さてこのほむらルートですが、
恐らく内容はまどかルートの直後。ただし、本編ともまた異なっていて、ほむらがマミの先手を打って薔薇の魔女を倒しにかかるところが、実質スタートです。
でもこれ、この前書いた事とも関連しますが、折角の「原作から外れる展開」を活かせてないですよね。
原作をやった上で原作を違う展開を見たいというのは、プレーヤーの願望その物です。だからこそ、選択肢を用意し、その結果として違う展開を見せるべきでしょう。その辺を全部プレーヤーから取り上げ、冒頭のシナリオ選択とソウルジェムが濁りきったかどうかだけで分岐させるこのゲームは、描かれる「物語」は素晴らしくとも、分岐型ゲームの「シナリオ」としては、どうかと思うところ。

ただし、以降の肝心の各魔法少女の運命を変えるポイントは、全て選択肢になっているので、ちゃんと筋が通っています。
と言うか、これってそのまま普通のノベルゲームの選択肢分岐方式に他ならないわけで、最初からこのフォーマットで全て組んであれば、はるかに面白かったと思うのですが。途中までCBSモドキを作ってしまって、結局従来型の方が遙かに面白い、と気づいたと言うパターンでしょうか?
正直、原作付きゲームは下手に奇をてらう必要は無いわけで、様式が成立しているテキストアドヴェンチャーに、ローグライクを乗っける堅実路線で攻めていれば、デバッグ期間が足りなくなるような悲惨な事もなかったと思うのです。一応、そこにとどまらず新システムを積んだ意欲は組みたいところですが、出来上がったのがバグバグで、一番面白いのが従来型の構造を取ったシナリオという現状では、ちょっと弁護の余地がありません。

閑話休題、視点がほむらに完全固定されると、ほむらへの感情移入がマックスになっていた原作10話以降同様、序盤の巴マミは本当にむかつきますねえ。「まどかを巻き込むくらいなら私を好きにして」(妄想に歪んだ目に映った内容)と言うほむらに、思わず黄色×黒も行けるんじゃないかとしばしシミュレーションするほどには、悪くないのですが。
あ、勿論真にむかつくのは、実力も伴わない上に、自意識を湖塗した偽りの正義感で全方位に噛みつき回る、ゲロカスことさやかなんですが。


でまあ、またこのシナリオでもフリーズがですね!!
調べてみたら、攻略サイトにでかでかと警告が載るレベルの代物でした。どのルートも、一周目は情報を封印して楽しんでるんですが、どうしようもないですね、これ。
トリガー通りワルプルギスを瞬殺したら見事に喰らったんですが、プログラマーはアホなんですか?このゲームの仕様的に、ボス戦はほむらの時間停止で大量ダメージ叩き込んで瞬殺が基本なわけじゃないですか。そんな、プレーヤーの過半数が取る戦術がフリーズトリガーとか……
万が一ミスがあるのは仕方ないとして、こんな再現性抜群のバグがデバッグで見つからないわけもなく、バンダイナムコの商売人としての誠実さは、今後一切信用するなという理解で良いんでしょうか?

そして、そのフリーズを乗り越えて迎えるのが、「ワルプルギスを蹴散らすのに成功したのに、何故か負けたことになっていて原作通りのエンディング」ってのは、あんまりじゃありません?ついでに、アニメ版そのままなのですが、内容がなぜかダイジェスト版。色々と手抜き感が溢れており、一気にテンションが下がりました。
そもそも、マミさん生存させてたんですが、何処行ったの?杏子とも共闘していたし、少なくとも原作そのままというのはかなり納得がいかないのですが。

あ、でも、エンディングの背景がプレイアブルなゲームと言うのは、中々面白かったと思います。自分の見えないローグライクなのでひたすら地味でしたが、アクションRPGであれをやると、凄く面白い物になりそうですよね。

とりあえず、どうもトゥルーエンド以外はおまけみたいな扱いじゃないかと思うので、全員生存ルートだけは確認してからプレイをやめたいと思います。
良いところも多いだけに、実に残念なゲームとしか、現段階では言いようがないですね。




当BLOG内の、この他まどかマギカ関係のエントリーはこちら
その他、当BLOG内のゲーム関係のエントリーはこちら






同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

この記事へのコメント
20年来のガンダムファン、スパロボファンとしては悲しい事ですが、自分はバンナムは一切信用していません
それだけの事をバンナムはやって来ました
お金しか見てないのではないのか、と思わせる事。信用の切り売りを行って全く恥じない事。もう散々見てきましたので
バンナム自身にも、そういう消費者の信用を消費するようなやり方は、マイナスにしかならないと思うんですけどね
Posted by 名無しK at 2012年03月31日 08:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。