2012年04月03日

情報提供は真面目にやって/魔法少女まどか☆マギカ ポータブル

魔法少女まどか☆マギカ ポータブル (完全受注限定生産版) 「限定契約BOX」


ゲーム自体の感想等はこちら


帰宅したらバンダイナムコからEメールが来ていまして、何かと思ったらまどか☆マギカポータブルの例のバグが出たときに送った、バグレポの返信でした。

で、内容はと言うと、バグについての説明ページを用意したから見てね、と言う物。少しは真面目に対応する気があったのかと見に行ってみたら、こんなんでした

見た瞬間、「ああ、この会社は本当にダメなんだな」と解る代物。
問題は、即時対応でないという部分ではありません。パッチ処理だけなら楽ですが、オフラインの客も対応するには予算措置も必要な手段を併用する必要があり、「ネット繋げない奴など客ではない」と言う、エロゲ会社対応はできません。(エロゲ会社の場合、そもそも規模的にネットでの対応以外不可能、という如何ともしがたい前提があるわけですが)

本当に「ひどい」と感じたのは、最低限情報提供すべき「バグの回避方法」が記載されていない点です。
数値が間違って表示されるなどと言うのは単なるミスなので、あの記載で構わないでしょう。しかし、さやかルートの必発フリーズと、ワルプルギス戦における阿呆なロードエラーは、回避方法がなくては、知らない人間はおちおちプレイできません。そしてその回避方法はとても簡単(さやかルートなら、さやかを魔女化させない。ワルプルギス戦なら、一気に大ダメージを与えない)です。買う前にこの情報提供があれば、「そうなのか」で済む話で、苦笑しつつも普通にプレイできるわけです。
しかし、知らなければ私のように数時間を無駄にしたあげく、再現率ほぼ100%と言う事実に、メーカーに対する信用度をどん底までたたき落とすことになります。

と言うか、これだけ書かれても困っちゃいますよね?「特定の箇所に置いて進行不能になる」とか書かれても、知らない人間にとっては「どこだよ!?」としか言いようがないわけです。企業としての誠実さ以前に、この記載だけだと「やばいから買うな」と自ら言っているようにしか見えません。(ある意味誠実なのかもしれませんが……)
予想以上に汚いバグで修正できないとか、開発会社が逃げたとか、プログラマーが飛んだとか、色々対応が難しいのかもしれませんが、とりあえず現時点で解っている対処法だけでも出さないと、何のためのサポートかわかりゃしないわけで。

と言うか、このタイミングでの発表って、要するに期末の売上を逃げ切ったあとで、とりあえず発表だけしておこうって話ですよね?何度も言いますが、こんなバグ、テストプレイ段階で見つからないわけ無いんですから。


しかしまあ、DVDの声入れミスといい、どうもまどか☆マギカは関連商品の品質管理が怪しいですね。作品そのものの作り込みや、プロダクションノートなどで垣間見えるコンセプトの徹底は見事なのに、なんでこうなるのやら……
作品その物は良いのに、そこに至る前の基礎的な部分で瑕疵が多すぎて疲れてしまう。何とも残念な話です。



その他、当BLOG内のゲーム関係のエントリーはこちら
当BLOG内の、この他まどかマギカ関係のエントリーはこちら






同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。