2012年06月10日

まんがタイムきらら☆マギカ 創刊号感想

まんがタイムきらら☆マギカ 2012年 07月号 [雑誌]
まんがタイムきらら☆マギカ 2012年 07月号 [雑誌]

数年ぶりにニュータイプを買ったときもそうでしたが、まどか☆マギカ絡みでまた滅多に買わない「雑誌」という物を買ってしまいました。もはや購読どころか読む事自体ご無沙汰の媒体なわけですが、本当に優れたコンテンツというのは色々な方向へ消費を喚起する物です。

とは言え、雑誌という物の限界もまた、良く見えてくるのですよね。掲載されている情報、映画公開日などはこれが届く前にネットで発表されていますし、関連グッズの宣伝なども同様。声優のインタビューなどは、私は全く興味が湧かないので飛ばして終わりですし。
ただ、監督のインタビューは、通り一遍の内容ですがそれなりに興味深かったり。映画で総集編という手法は旧世紀の遺物も良いところのメディアミックス(笑)なのですが、制作側も余り乗り気ではないようで。これが上手く行ったら、同じ手法が流行るかもしれませんが。
それならそれで、ありがたい話だと思うんですけどね。とにかくコンテンツの供給量に消費時間が追いつかない現在、ブラッシュ・アップされた物が短時間にまとめて視聴できるなら、映画代など惜しくないというオタクは多いはずです。ネットという無料・廉価の娯楽がひしめく強敵を相手に、質を売りにする旧来のメディアが対抗するとしたら、利便性を上げていくしかないわけですから。(この場合、質を落とさない形での視聴所要時間の短縮)

閑話休題、このまんがタイムきらら☆マギカは、一言で言うと「雑誌形式のアンソロジー」です。同人作家をかき集めてきて雑誌が一丁上がりというわけで、恐ろしく志の低い、と言ってしまったら言い過ぎでしょうか?
まあ、同人誌としてみた場合、このボリュームで680円はお得なので、そこは問題ではありません。作品の質としても、「巴マミ17年後」の人の連載があったり、決して低くありません。半分が今一なんて、雑誌じゃ当たり前なわけで。

ただ、余りに編集がこなれてないんですよ。例えば、「ほむらがループしたら妙なパラレルワールドだった」と言う作品が多すぎますし、ギャグとシリアスの配分比も各作品で大きく変わりません。と言うか、シリアス作品はほとんど見あたりません。「まどか☆マギカ」と言うお題が最初から決まってしまっているわけですから、ちゃんと色々な方向性の作品を出さないと、どうしようもない同人アンソロ以外の何者でもなくなってしまいます。

第一、おりこやかずみレベルの半公式スピンオフやうめ先生の短編と言った、話を聞いたときに期待した諸々が一切無いのは余りにも……
最初に書いたとおり、同人アンソロとしては悪くないんですが、そう言うのはそれこそ同人誌を読めばいいわけで。もう少し、志とクオリティの高い物を期待したいところです。と言うか、うめ先生の作品を、Blu-rayのおまけレベルの物さえ載せなかったのは、本当に何故なのでしょうね?商売をしている側と作品を作っている側の齟齬が、またぞろ大きくなりつつあるのかなあ、と監督インタビュー内容と合わせて勘ぐりたくなる所です。まあ、間違いなくそうなんでしょうけど。

とは言え、優れたコンテンツを作った所は、ついてくる奴がいる限りは汚い商売をする資格があるわけですから、この雑誌にしても、見るに耐えなくなるまでは買い続けようと思います。結局、次の「優れた作品」の発生率を上げるのに、こうした「債権回収フェイズ」に付き合う事は、残念ながら有効なわけですから……



当BLOG内の、この他まどかマギカ関係のエントリーはこちら




同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

この記事へのコメント
はじめまして。

やはり映画までのつなぎなんでしょうかね
話題生を維持して一人でも観客を増やすためという。なので内容は二の次。

そういうのもアリだと思いますし、話題を提供してくれるのは率直にありがたいのですが、まどかがギャグ要素で受けたわけではないのは明らかなのですから、シリアスなものも入れたほうがいいんじゃないのとは思います。
単に書ける人を集められなかっただけなのかもしれませんけど。

ま、買ってない自分には何もいう資格はありませんね。
BDから始まって公式ガイドブックやら書籍の類はいろいろ買ってますがアンソロ系はなんだか手が伸びません。ギャグはあちこち見かけてお腹いっぱい。Pixivでも相当質の高いのがありますしね。
Posted by 通りすがり at 2012年06月15日 00:22
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。