2012年06月29日

ほぼ期待通りの滑り出し ロボティクスノーツ 感想1

ROBOTICS;NOTES (通常版)


これ以降の感想は、こちら


Steins;Gateが、少なくとも原作ゲームは最高に面白かったので、このROBOTICS;NOTESも、当然発売日に購入しました。そして、4時間ほどかかって序章まで終わったので、そこまでの感想を。

それにしても、札幌のヨドバシは、もうXBOX360のソフトは予約分しか販売する気ないんですかね?今年に入ってから、発売日に買いに行って買えた試しがありません。開店直後に行ったこともあったのに……

と言うわけで、別の店でなんとか購入してプレイ開始です。

とりあえず、最近流行りの3Dキャラはやっぱりノベルゲームとの食い合わせは今一という印象。ゆめりあ以来変わりませんが、文字を読むのに集中するゲームで背景に動き回られると、気が散ってしまいます。何より、どうしてもつきまとう動きの不自然さが際だってしまいますし。


今回序盤最大の問題点は、Steins;Gate よりもはるかに鬱陶しい主人公でしょう。Steins;Gateのオカリンもうざかったですが、あれはまゆりが上手くクッションになっていた上、早々にクリスにへこまされてメッキが剥げていたので、微笑ましく見れました。
しかし今回の主人公は、何もしない癖に苛つかせる言動を振りまき、あまつさえ「やる気がない」と言う、AVGの主人公が一番持っていてはいけない属性(プレーヤーのコントロールできる対象が、能動的に物語を動かしてくれなくなるため)を付与されている始末。印象は最悪です。一言で言うと、「お前、なんでここに居るの?うぜえから消えろ」です。
人からものを頼まれる度に格ゲー勝負(こいつは世界ランク5位)を吹っかけ、つまりは凄く嫌味な方法で断って「ルールなんでね」とか呟く最悪の中二病に、一体どんな好印象を持てと?オカリンが、偉そうにしつつ人の良いツンデレだったのと大違いです。
むしろ、能力が足りない中で必死に動いている幼なじみに視点が移るシーンが、AVGとしては王道で際だってしまっていたり。

本当ね、何もやろうとしない主人公とか要らないんですよ。話引き延ばすだけじゃないですか。TRPGで理屈つけて動こうとしないPCを見てる気分その物になってきます。

この辺、主人公の初期印象が酷すぎて作品の足を引っ張っていたカオスヘッドから、うざさを上手くツンデレに落とし込んだSteins;Gateに変わって、一気に進化したと思っていたのですが。どうも、単なる偶然だったっぽいですね。


などと、ボロクソのメモを残しながら続けていたのですが、序章後半から少しずつ設定と伏線が増えてくると、だいぶ印象がマシになってきます。とは言え、それでも不快な態度は残りますし、その行動が設定的に「正当化されている」(理由がある、と言う設定は使いようで、1つ間違えると「矯正不能のクソ野郎」になってしまう)部分が気になったりもするのですが。

とりあえず、かなりの長さでしたが序章が終わり、オープニングはきちんと盛り上げ、「良し、最後までプレイするぞ!」と言う気合が入りました。掴みとしてはやや冗長だったと思いますが、即切りされる心配のない人気シリーズの続編としては、ありだと思います。
章の合間にワクワクさせて、「続きを見たい!」と思わせるノベルゲームは良い作品ですよ。


ただし、Steins;Gateでも相当顕著だった分岐条件の意味不明さは、多分健在だと思います。メタタグ探しにせよtwitterモドキへの返信にせよ、おっそろしく煩雑で解りにくい代物ですから。2周目以降のプレイでは、この辺がネックになるのは間違いないでしょう。

とは言え、インターフェイスはこなれていますし(何故か、TIPS画面を開いても新規一覧に飛ばないバグがありますが)システム面に不満はありません。この辺のAVGとしてもっとも大事な部分はきちんと押さえているので、間違っても酷い作品にはならないと思います。
テンポも、冗長その物だったSteins;Gateアニメ版と違って良好ですし。

とりあえず、この週末にでも、一気にプレイしてしまいたいと思います。魂を売ってでも、時間をかき集めて……



ロボティクスノーツ、感想の続きはこちら
当BLOG内の、その他ゲーム関係エントリーはこちら





同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。