2009年02月25日

MSイグルー2 重力戦線1



機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線 1 あの死神を撃て! [DVD]を見たので、トラックバック機能とリンク機能のテストも兼ねて。

何か、美しくない事この上ないですね。リンクを使うならテキストだけが吉かな。表紙の映像は欲しいけど、「AMAZONで買う」ボタンが凄く邪魔ですね。


とりあえず、見て抱いた感想は、トラックバック先にほぼ完全に言われてしまっています。でも、それに多少プラスして。

そりゃあ、ミリタリー的に考えれば、二足歩行のでか物なんかが歩き回っていたら、対戦車歩兵の的な訳です。随伴歩兵のいない戦車は、まともな対戦車火力の無かった日本軍に大苦戦したノモンハンのソ連軍の二の舞にしかなりません。

でもそれって、ガンダムとしては絶対に「正し」くないですよね?
モビルスーツは力の象徴。現行兵器では太刀打ちできない戦場の王者。間違っても、歩兵にエスコートして貰わなければ単独で歩き回れないような、脆弱な存在であってはならないわけです。
この作品からは、恐らく演出が意図したであろう「モビルスーツの圧倒的な威圧感」は、全く伝わってきませんでした。「なんだ、MSって大したたことないじゃん」が正直な感想。

また、別に「リアル」で考えた場合、根本の設定との乖離が生じます。国力が完全に互角の国家間の戦争が舞台なら、あの程度の能力でも立派な超兵器でしょう。ですが、国力1:30を跳ね返した圧倒的な力としては問題有り。描写が間違いすぎています。

結局、一話見る毎に変にミリタリー的な「リアル」さって必要なのでしょうかね?と言う、企画自体を否定したくなるような思いばかりが募ります。
「リアル」にすればするほど、MSのアンチリアル加減や、映像を綺麗にするためにやっている、不合理な描写が際立ってしまいますし、(例えば、衛星軌道に乗っている船から切り離されたコンテナがそのまま落下したり、打ち上げられたサラミスが大気圏を離脱する前に水平方向に軌道変更したり)方向性が定まらないなあと。

埃っぽいメカニックの格好良さが描きたいなら、アーマードコアやガングリフォンのムービーシーンみたいな物を作った方が、よっぽど魅力的な物になるんじゃないかと思います。


同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事画像
「HELLSING X 上映イベント」に行って来ました
アニメ PSYCHO-PASS #06 「狂王子の帰還」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第6話感想
アニメ PSYCHO-PASS #05 「誰も知らないあなたの顔」 感想
アニメ PSYCHO-PASS #04 「誰も知らないあなたの仮面」 感想
アニメ版「リトルバスターズ!」 第5話感想
同じカテゴリー(アニメ・映像系)の記事
 意志決定の機会を与えられない物語『この世界の片隅に』 感想 (2016-12-07 00:00)
 「作家性」とは歪さと見つけたり/『君の名は。』感想 (2016-09-08 00:00)
 面白いのが一番!『ゴーストバスターズ』リメイク版 感想 (2016-09-02 01:00)
 素晴らしい、そして欠点だらけの怪作 『シン・ゴジラ』感想 (2016-08-04 00:00)
 これはダメな映画では? 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想 (2015-07-10 00:00)
 酷いなこりゃ 映画版Steins;Gate 『負荷領域のデジャブ』 感想 (2013-05-02 00:00)

この記事へのトラックバック
IGLOO2第1話見ました。せっかくなので感想を…***以下、ネタバレ感想注意***雰囲気はとにかく渋いです。IGLOOも“ガンダムとしては”渋い部類でしたが、これはその比ではありません...
機動戦士ガンダムMSIGLOO2重力戦線vol.1『あの死神を撃て!』【ゼノタ@Z・3のブログ】at 2009年02月26日 00:28
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。