2009年03月02日

Key10周年記念イベント

重ねて言いますが、東京はイベントがあるのがやっぱり他と違う所だと思います。よそでも、情報だけなら幾らでも手に入れる方法はありますが、属地的なイベントだけは代用できないので。

と言うわけで、『KEY 10th MEMORIAL FES,』 ~あの日から始まった僕らの時を刻む唄~ に、行ってきました。

友人と品川駅で9時に待ち合わせたのですが、この時点で整理券の番号は1921番。券に書かれた入場予定時刻は13時20分。いやあ、ちょっと人出を甘く見てました。

さて、内容ですが、特別イベントは抽選に外れたので物販と展示のみ。そして、内容は今まで出た関連商品(基本的にゲームと音楽関係だけ)の実物と年表、それに原画。確かに、KANON初回版のパッケージなど、今となってはかなり懐かしいものの、目新しいわけではなかったです。

そして、欲しかった「planetarian」のPSP版は売り切れ……
この作品はSF好きとしてお気に入りの良作だったので、物販品の中で一番欲しかった物なのですが。(ちなみに、文庫で出ている後日譚は、「悪い意味でSF」なので、読まない方が良いです)

あ、リトルバスターズのPS2版がプレイアブル展示されていたのは僥倖でした。
インターフェイスをチェックしましたが、先日の428のエントリーで気になったような部分は当然無く、ワンボタンでの選択肢までスキップ・ウィンドウ消し・章頭までのバックなどを確認。文字表示速度変更や必要な物はきちんと揃っていて、安心できそうです。
キーレスポンスも、読み込みを全く感じさせなかったですし。

まあ、あの非常に面白かったミニゲーム(初代ファミコンの「ベースボール」みたいな奴)がパッドでできるだけで、十分コンシューマ移植の意味はあると思いますが。

パンフレットは、大判とはいえ三千円。まあ、ファングッズですから、これに文句を言うのは筋違いでしょう。
ただ流石に、8千円の原画集は買えませんでした。絵が売りのメーカーじゃないわけですし。

ついでに、色々と面白い物が入っているようだったガチャガチャは売り切れ。本来はガチャガチャに放り込むための、コインだけが記念販売されていました。
一応こんなの。表にはシンボルキャラのカエル、裏には鍵に引っかけて10周年の文字。





ところで、買ったパンフレットを見ていて、一応ブランドのシンボルキャラ、幸薄そうな幼女「keyちゃん」の存在を久しぶりに思い出しました。今は、公式ページのトップ絵倉庫くらいでしか見ないですね。

まあ、入場無料のイベントなので、内容としてはこんな物かなあと。

ただ、スタッフの段取りがかなり悪かったのは…… 整理券の配布時に説明もなかったり、列の切れ目管理を並んでいる人間に任せてみたり。とりあえず、客の目の前で「これ、もってっちゃうよ!」(並んでいる人間を会場に案内する、の意)は無いと思います。

オタクイベントの例に漏れず、客は従順に粛々と並んでいるわけで。あれで管理に混乱が出るなら、来場者数を読み間違えたか委託を受けたイベント会社が酷かったかじゃないかと思うのですが…

とりあえず、それなりに楽しめました。

何か、十年間のオタ生活と重なって来て、中々感慨深い物が。
ただ、展示されていた年表で、後になるほどリメイク・関連商品ばかりになり、ゲームの発売頻度が減っていく様子には苦笑。

後はまあ、展示されていたポスターを見て、就職活動中にCLANNADに「働け」とか説教されて本気で切れた事がフラッシュバックして、嫌な気分になったりとかですかね。
リトルバスターズで盛り返したものの、あの直後はメーカーに対する不信感MAXでしたし。

特別イベントの抽選に通っていれば、全然違ったと思うので、そこは残念ですけど。


同じカテゴリー(イベント)の記事
 オールナイトトークライブ「アニメ会はファンが少ない」 感想 (2012-03-18 23:00)
 アニメ会のライブ「ヲタのみぞ知るセカイ」に行ってきました (2011-03-19 20:00)
 アニメ会ライブ 「アニメ会のやっぱりキャラが好き」 感想 (2010-09-17 22:00)
 「アニメ会の『ヲタリア Axis Powers』」 リポート (2010-03-21 22:00)
 TGS 東京ゲームショウ2009に行ってきました (2009-09-26 20:00)
 「アニメ会新劇場版・獣」に行ってきました (2009-09-13 01:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。