2009年03月04日

ヌカ:nuclear FALLOUT3 感想

Fallout 3(フォールアウト 3)【CEROレーティング「Z」】
Fallout 3


去年もっとも面白かったゲームでもメモを。
なおこれは、前に別の所に書いた物の転載です。

核戦争が起き文明が崩壊した後のワシントンDCでサバイバルするRPG.
よく、北斗の拳みたいな世界観、と言われますがあんまり間違ってません。
ただ、「古き良きアメリカ」を強烈に風刺したブラックユーモア溢れる世界観は、良い意味でも悪い意味でも日本人には作れない代物。


とりあえず、私は以下の経験で惚れ込みました。

-----------

安全なシェルターを出て(チュートリアルが終わって)、最初に見つけたダンジョンは、廃墟の住宅街にたたずむ小学校。
物資はなくても安全な寝床くらいあるかな、と入ってみたところ、目に飛び込んできたのは手作り感溢れる檻と、中に転がる大量の人骨。しかも、何かサイズ小さめですが…
そして奥に進むと、正に北斗の拳のヒャッホーな感じの髪型で肩スパイクつけた人達が、棍棒片手に

「新しい肉が来たぜ!!」

とか叫びながら襲いかかって来ました。

-----------

ここまでひどい(誉め言葉)ダンジョンはあんまり多くないですが、大体こういうフリーダム過ぎる世界観。

ちなみに、一番楽しくてたまらなかったイベントは、今まで散々好き放題やってくれた組織の研究所に侵入したところ。
「逃げる奴は敵だ!逃げない奴は、よく訓練された敵だ!!」
とか叫びながら、中国製アサルトライフル(アメリカ製より高性能 笑)片手に、重武装の警備員と逃げまどう研究員を次々に撃ち殺しながら中枢に向かう展開が、楽しすぎました。
一人「EVA映画版の戦略自衛隊」とでも言いましょうか。

いいんです。敵は、割と洒落にならないほど外道な連中なので。

普段は善人プレイでしたよ。その方が面白いし。
あ、こそ泥とか詐欺とかは結構やりましたが。

子どもは殺せない設定だと聞いて、確かめるために襲いかかってみたら、町の住人全員からフルボッコ・挽肉よりひでえぜ状態にされたのも良い思い出です。
と言うか、上半身裸・肩スパイクアーマーとホッケーマスクを装備し、バールのようなものを振りかぶって幼女を追い回す主人公、と言う絵が余りにキマリ過ぎていて、ハチの巣にされて悔い無しという感じでした。

いいんです、全部自己責任、ビバ・フリーダムな世界ですから。

なお、洋ゲーですが、難易度調整や便利機能(マップ内瞬間移動・難易度調整・どこでもセーブ)は和製RPGより遙かに充実。既に一昔前の不親切なイメージは全く当てはまりません。
開発力も投入資金も、大艦巨砲では完全に日本のゲームメーカーが対抗できない所まで行っていますね。

今年は時間ができたのでRPGを色々やったのですが、和製で面白かったのはペルソナ4と世界樹の迷宮くらいだっただけに、余計そう思います。



FALLOUT3関連エントリーはこちら




同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。