2009年03月05日

セブンスドラゴン ファーストインプレッション

セブンスドラゴン

関連エントリーはこちら


昼にヨドバシに行ったら、普通に初回特典付きで買えました。

本当に期待しているゲームの時のセオリーに従い、情報を全く仕入れないままプレイした、ファーストインプレ。
どれくらいシャットダウンしていたかというと、3Dダンジョンじゃなかったことに驚いたほど。
一番最初に公式ページに載っていたプロローグは、製品では出てこないんですね。

とりあえず、最初のミッション(国等から依頼される重要イベント)が発生するところまで進めました。

ここまでの感想としては、

・テンポが非常に良い
・序盤の機能制限はなくていい

と言ったところ。テンポは、ゲームボーイのサガとは言いませんが、初代ロマンシングサガよりも上。戦闘はさくさく進みます。リメイクFFのように、敵が一々アニメーションして戦闘時間を食いつぶすようなことは無し。この辺は、さすが「世界樹の迷宮」の作者ですね。

それでいて、味方攻撃時にアニメーションが入るのが凄いです。だって、ちゃんとアニメしているのに、戦闘時間には一切影響を与えていないんですよ。

一方で、序盤の機能制限は何とかならなかったのでしょうか?
ダッシュ、地図、ポータル(ワープゾーンだと思うのですが……)に関する機能は最初使えず、序盤のイベントをクリアしてはじめて使用可能になります。
しかし、これらを最初から使えなくする理由がありません。特に、ダッシュ機能が開始後2時間程度使えなかったせいで、そんな機能は無いものと思って評価がかなり低くなっていました。何なんでしょうね?

「ポータル」に関する機能も封印されているせいで、メイジが最初に修得したスキル(最後に使ったポータルまで戻る)が未だ使えません。あって当然の機能を封印するのは、第一印象を悪くするのだけなので、やめて欲しいです。


まあ、この機能封印が解かれれば、非常に面白い作品になるでしょう。
しばらくDSはこれ専用機になりそうです。


ちなみに、パーティは、

・ローグ男
・メイジ女
・ヒーラー女
・プリンセス女

と言う、欲望に忠実なパーティ。と言うか、前衛が居ません。仕方ないのでローグを剣メインにして前衛に押し出して、何とかバランスを取っています。こんなパーティでも、何とかなりますね。防御力が貧弱すぎて、長期戦ができませんが。

なお、この作品は、本当にオールドなRPGのフォーマット。ヒーラーはフレイルを持って前衛が可能です。ただ、重い鎧は装備できないようですが。


どうでも良い事。名前はドールズから取ろうと思ったものの、ひらがなは間抜けなので別言語変換。
ヒーラーのスカーレット(真紅)さんはフレイル片手にウサギを血祭りに、プリンセスのグリューネ(翠)さんは鞭を片手に蝶々をぶちのめしてます。結構合うな……

関連エントリーはこちら


同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
黄昏のシンセミア 感想5 いろはルートと朱音ルート
黄昏のシンセミア 感想4 翔子ルート
黄昏のシンセミア 感想3  美里先生ルート
黄昏のシンセミア 感想2 妹ルート
黄昏のシンセミア 感想1
sugar + spice! 感想
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 「GUILD 02」 各作品の感想 (2013-04-01 22:01)
 一長一短/NINTENDO 3DS 「GUILD 02」 全体の感想 (2013-04-01 22:00)
 ようこそ停滞の中世へ! 「CRUSADER KINGS II」 感想 (2013-03-15 22:00)
 傑作のなり損ない『ROUTE DOUBLE』感想 (2013-02-22 22:00)
 和製ゲームの悪い癖/バイオハザード6 感想1 (2012-10-05 22:00)
 たまには当たる未来予想/ドラゴンクエストXとカイシャクエスト (2012-09-15 22:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。