2009年03月15日

「人工衛星」の話 追記

とりあえず、一段目が運悪く国内に落下 → 世論沸騰の路線だけは勘弁して欲しいなあ、と思ったり。

今の内に、「部品が落下してきたら非常に有難い情報源になるだろう」とでも言っておくと、緊張を高めないための予防線になると思いますが、どうでしょう?


ただ、間違いなくマスコミには叩かれますよね。
「落下した場合の被害をどう考えるのか!」とかって。

日本の広さを考えれば、そんなものが落下したところで、被害(さらには人的被害)が出る可能性なんて、皆無と言って良いレベルなんですが。



とにかく北朝鮮問題が「問題」である所以は、潰せない⇔潰してもデメリットしかない所なわけで。
だからこそ瀬戸際外交が機能しちゃうんですが、本当最終的にはどうなるんでしょうね?
今のままズルズル行ってくれるのが一番被害が少ないという、悪い冗談状態。
この点では、一番同情されるべきは韓国でしょうけど。同胞なだけに、「もう放っておこうよ」と言えないわけで。


同じカテゴリー(宇宙)の記事
 ガガーリンの伝記「Starman」 感想 (2011-07-31 18:00)
 異星文明由来らしい信号が、検知されていた件 (2010-10-24 22:00)
 デンマークの最小構成有人ロケット (2010-08-31 22:00)
 はやぶさを殺しかかったのは誰か? 読売新聞の与太記事 (2010-06-14 23:45)
 「超合金」って名前はどうかと思うけど アポロ11&サターンV (2009-10-21 22:00)
 記事が意味不明になる時 有人ロケット計画 (2009-09-30 20:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。